私をくいとめて



ジャンル   プロット
ランタイム   133分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   大九明子
劇場で   12月18日 2020
7.1
 合計14件のレビュー

レビュー |  話し合います

この映画を見たい?

 映画を見たい    しない
50% 欲しいです,合計 156

私をくいとめて プロット

「勝手にふるえてろ」の大九明子が監督・脚本を手がけ、芥川賞作家・綿矢りさの同名小説を実写映画化。のんと林遣都が初共演し、おひとりさま生活を満喫する女性と年下男子の不器用な恋の行方を描き出す。何年も恋人がおらず、ひとりきりの暮らしにもすっかり慣れた31歳の黒田みつ子。そんな彼女が楽しく平和に生活できているのには、ある理由があった。彼女の脳内にはもう1人の自分である相談役“A”が存在し、人間関係や身の振り方に迷った際にはいつも正しい答えをくれるのだ。ある日、みつ子は取引先の若手営業マン・多田に恋心を抱く。かつてのように勇気を出せない自分に戸惑いながらも、一歩前へ踏み出すことを決意するみつ子だったが……。みつ子の親友・皐月役で橋本愛が出演し、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来となるのんとの共演が実現。

私をくいとめて オンライントレーラープレイ

私をくいとめて 写真

私をくいとめてコメント(14)

dbnjfo
dbnjfo
どうしても同じ大九監督、綿矢りさ原作の「勝手にふるえてろ」と比較してまう。のんは好きな俳優さんだけれど、やはり演技力では松岡茉優には到底かなわない。演出も「勝手にふるえてろ」のような自意識過剰な女子の脳内の妄想が炸裂して、シーンが連なるようなポップさがなかった。方向性なく不発な演出を重ねて何となく終わってしまった感じ。残念。
dkertrz
dkertrz
中村倫也さん、良かったな😃
吉住さんも🎵
臼田あさ美さんも🍀
xlszbdl
xlszbdl
まさに監督の前作の『勝手にふるえてろ』が大好きでそういった作品を期待して観に行きました。素晴らしかったです。作風はかなり前作を踏襲したものですが、焼き直し感は微塵も感じさせません。むしろ美しく磨きがかかり、完成(そういったものがあるかどうかは別として)に近づいている印象を受けました。

観たばかりで何を考えてもまとまりませんが、とても物語の要素が多いにも関わらず、大きく脱線せずまとまっていると思います。
印象的なシーンを列挙すると、過去の男性不審のエピソードが初めて示唆された温泉のシーンです。あの感情的な演技があまりに美しくまたこちらに突きつけられ、まさにあの場にいるかの様な感情を抱きました。浴衣姿で駐車場で泣くシーンも凄くリアルでした。
あの「A」の声に納得しつつ彼女の深い感情が徐々に不自然なく自らの口で語られていきます。最後のホテルの廊下のシーンは本当に凄かったです。
前作に引き続き、生活のリアルさが作品全体に圧倒的な現実感を与えていました。

ただただのんさんの演技に圧倒されました。衣装なども異常に可愛くて、悶えるようです。
bgcpiy
bgcpiy
全編クスクス笑えました。こんな作品は初めてかなと思います。

7年ぶりの共演も、Aの渋さも感じ良かったです。
wftqmw
wftqmw
のんは確かに「職人」。『勝手にふるえてろ』から3年経ち、再び同じ綿矢りさ原作を手掛けたが、やはり、文学的で複雑に展開する感じに飲まれてしまう。
この作品の主役はもちろん光子だが、主観で客観を語る。それは、Aが存在するから。大きな肝だが、観ていてうるさくは感じない。むしろ、軽快なやりとりに心地よさを覚える。しかし、光子がおひとりさまを好むきっかけに触れる闇に突入すると、作品の温度はガラッと変わる。コメディのような掛け合いがまるでなくなり、大九監督の作品にある、恐怖を突きつけられる。多田さんの存在すらもネガにしてしまい、救いがなくなるような息苦しさ。外側から映し出すことで、社会に潜むフェミニズムの悪と、心の闇を浮かばせる。その先にある「小さな幸せ」をユーモラスに描くので、救いは感じる。ただ、複雑で文学的。少々怖い。それでも、人と接することは努力が必要なことを突きつけられる。わかりみが深いが、傷をえぐるような猟奇ぶりの一面も伺える。
キャラが一段と立っているので、濃密な人間ドラマとコメディ気質なやり取りが軽快。おひとりさまこそ、火傷に注意。
tbqlqb
tbqlqb
星が多めなのは、私が女だから……。綺麗事だけじゃなく、臆病さ、妬み、ウジウジした感情が分かり過ぎて痛い。
oscvkdi
oscvkdi
31歳独身女性みつ子役ののんの頭の中にもう1人の自分Aが居て、何か迷うと相談してるって話。
職場の人間関係、好きな男性、海外旅行、などAに相談(自問自答)してる。
いやぁー、のんの演技に引き込まれたぁ。
可愛くて、奥手で、ちょっと凶暴な役を見事に演じてる。
やっぱ、すごい女優さんだ。
余談ですが、のんの彼氏役の林くんが秋篠宮眞子さまの彼氏に似てた。
lklcvuw
lklcvuw
TIFF2020観客賞受賞
前に取った時も綿矢りさ原作で大九明子監督、そして今回も─。
「勝手にふるえてろ」もTIFFで観賞して、すごく笑ったし感動したので、パッケージまで買ってしまった。だからあの作品はよく知っている。なので、この作品は「勝手に~」の正当なパート2に見えましたが、単にすごく似ているだけで、内容とか出演陣とか、この上なく素晴らしかったです。
みんな、のんとか橋本愛とか見たかったんだろうしそこに感激したんだろうなとすごく思ったけれども正直、でもそれをさっ引いても、非常に面白くて感動的で皆さん素晴らしいパフォーマンスでした。
最高賞とか金賞とか縁がない…というか似合わないし観客賞ピッタリ!興行的にも、たぶん・・・
これからも楽しい作品お願いします。
ymbtxc
ymbtxc
究極のおひとり様みたいに言ってたけど、ひとり海外旅行はひとり焼肉やひとり国内旅行よりかなりハードルが低いっす。
私1人で飲み屋に入れないけど1人で海外には20回以上行ったことあるもん。

イヤ、そんなことより、痛い三十路の妄想女を演じるには、のんちゃんが可愛すぎて無理があった。
全く悲壮感感じなかったもん。

架空OL日記を彷彿させる臼田様の演技が光ってました。
vnuynm
vnuynm
原作未読、TIFF2020で鑑賞。
お話としては面白いし、会話部分はセリフも間も楽しい、コント見てる感じで
ゲラゲラ笑っちゃいました。
ギャンブル芸人の岡野さん、よかった。

この作品、ただの恋愛映画ではないし、
そう捉えられないようにしていただきたいです。
逃れたい過去を抱えながらもがく、一人の女性のお話です。ダークサイドに落ちたときのAとのやりとりは、グッときちゃいました。

で、のんさんはいいわ!やっぱ。
Aとのやりとりで感情上下が良い。
感情爆発させるときは圧巻です。
いまさら昔の作品を持ち出すのは良くない
んだろうけど、あまちゃんの
「ダサくてもやれよ!」と
ゆいちゃんにタンカ切るあの場面思い出しました。
あのビー玉みたいな瞳に涙が溜まっていく
様は国宝級ですよ。説得力が。

あぁ、もっともっとたくさん作品に出演して場数踏んで欲しいな。
たくさん経験して大人の女性になってほしい。

一つあるんですが、のんさん、30過ぎに見えないのが、チト厳しかった。
年齢、30過ぎにこだわらなくてもよかったんじゃ?

共有する

関連ニュース

関連映画

青くて痛くて脆い 青くて痛くて脆い
プロット  日本
08月28日 2020 劇場で

ぼくは歩いてゆく ぼくは歩いてゆく
プロット  イラン
04月29日 2000 劇場で

めいとこねこバス めいとこねこバス
プロット  日本
01月01日 1900 劇場で

月を追いかけて 月を追いかけて
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

楽園をください 楽園をください
プロット  アメリカ
02月03日 2001 劇場で

夜半歌聲/逢いたくて、逢えなくて 夜半歌聲/逢いたくて、逢えなくて
プロット  香港
02月01日 1997 劇場で

ニューリリース