あらしのよるに

6.9/10
合計14件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   106分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   杉井ギサブロー
劇場で   12月10日 2005
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 146

レビュー  |  共有する 

あらしのよるに プロット

ヤギとオオカミの間に芽生えた友情の行方を描くファンタジー長篇アニメーション。監督は「スーパードール リカちゃん
リカちゃん絶体絶命!ドールナイツの奇跡」の杉井ギサブロー。きむらゆういちの連作絵本を基に、きむら自身が脚色。映像ディレクターに篠崎亨が、撮影に佐藤陽一郎がそれぞれあたっている。声の主演は、「隣人13号」の中村獅童と「探偵事務所”5
5ナンバーで呼ばれる探偵達の物語」の成宮寛貴。芸術文化振興基金助成事業、文部科学省選定作品。

あらしのよるに 俳優

あらしのよるに Related

薄氷の告発オンラインで映画を見る
薄氷の告発
プロット  韓国
03月15日 劇場で
あとがきオンラインで映画を見る
あとがき
プロット  日本
03月01日 劇場で
かづゑ的オンラインで映画を見る
かづゑ的
プロット  日本
03月02日 劇場で
戦雲(いくさふむ)オンラインで映画を見る
戦雲(いくさふむ)
プロット  日本
03月16日 劇場で
マリア 怒りの娘オンラインで映画を見る
マリア 怒りの娘
プロット  ニカラグア・メキシコ・オランダ・ドイツ・フランス・ノルウェー・スペイン合作
02月24日 劇場で
シークレット・キングダム ピーターの奇妙な冒険オンラインで映画を見る
シークレット・キングダム ピーターの奇妙な冒険
プロット  オーストラリア
03月08日 劇場で
オリガ・スミルノワのジゼル in cinemaオンラインで映画を見る
オリガ・スミルノワのジゼル in cinema
プロット  115分
03月08日 劇場で
津島 福島は語る・第二章オンラインで映画を見る
津島 福島は語る・第二章
プロット  日本
03月02日 劇場で
コール・ジェーン 女性たちの秘密の電話オンラインで映画を見る
コール・ジェーン 女性たちの秘密の電話
プロット  アメリカ
03月22日 劇場で
あまろっくオンラインで映画を見る
あまろっく
プロット  日本
04月19日 劇場で

あらしのよるにコメント(9)

Rpeesadtie
Rpeesadtie
絵本では見たことあったが
映画は初めて見てみてアニメらしい映像の
表現があり最後にはヤギとオオカミの感動のシーンがあり良かった!
Ioskmxghnps
Ioskmxghnps
ネタバレ! クリックして本文を読む
男女の友情は存在するのか?という永遠の問い

無論、ガブは男性でユキは女性の比喩。

狼の弁当に肉が入っているのがバレるシーン
→普段は2人の間に性的な関係も雰囲気もないのに、男性の一般的な性欲の片鱗を覗いてしまう友人女性

記憶を無くしたガブがユキを食べようとして、「こんなことなら仲良くなる前に食べられてしまえばよかった。今のガブには食べられたくなかった」とユキが言う。
→性欲に囚われて女友達に手を出しそうになっているそこの紳士諸君。
その女の子は「こんなことなら友達にならなければよかった。まさかあなたに食い物にされるなんて。信じてたのに」と悲しんでいますよ

性別の垣根を越えた友情を表現してガブもユキもオスなんだと思う。違うかもしれない
uagcfhy
uagcfhy
きむらゆういち氏によるベストセラー絵本の映画化。予告編でもかなりのあらすじを露出しているため、ストーリーはわかりやすく、ヤギのメイが愛らしいキャラのために感情移入しやすいアニメとなっています。氏によると、映画のために絵本の最終章を書き加えたらしく、最後まで目が離せない展開となっていました。また、お子様向けのメッセージだとは思いますが、「映画を3度観てストーリーを味わってほしい」とのこと。

「あらゆる世代に愛される」と銘打ってあるように、子供から大人まで楽しめる内容の映画ではあるのですが、メイとガブの友情以外に宗教的・哲学的な自己犠牲精神、生物学的な捕食や食物連鎖など、考えればキリがないほど奥が深いのかもしれません。この捕食者と被食者との関係に、子供に残酷な世界を見せたくないというグローバルなフェミニズムが絡み、争いが絶えない種族間の和平をも訴えてくる。しかし、解決法は敢えて避け、『ダイナソー』のように緑の楽園を求めて旅をすることを選ぶのです。

今年公開されたアニメ『マダガスカル』でもちょっとだけ取り上げていた“友情と捕食”。『未来少年コナン』でもジムシー少年とウマソーの関係もこれに当てはまる。手塚治虫氏の傑作『ブッダ』にも登場したウサギと僧の関係。探せばいくらでも出てきそうだ。
あらゆる世代に愛されると言われますが、各世代での感想はかなりばらつきがあるのではないかと想像できるのです。実際、会場で聞こえてきた声を参考に再構成してみました。

・小学校低学年男性
「お母さん、狼って怖いの?日本にもいるの?」

・普通の女子中学生
「メイってチョー可愛い!うちにもほしいなぁ~」

・真面目系女子高生
「涙が自然に出てきて、止まらなくなったの」

・読書系女子大生
「かなり宗教チックよね。あんなに簡単に命を差し出してもいいものかしら」

・テレビ好き系奥様
「KABAちゃん、うざかったわね」

・ネタバレ映画館系おっさん
「あの場面はパク・チャヌク監督だったらどうするかなぁ。殺された母親の復讐をするためにヤギの角を切り取って落とし穴を掘って、メイがガブに催眠術をかけて、狼のボスをおびき寄せて殺すんだろうな」
gfqchx
gfqchx
めっちゃ感動した.....これはあかん....(笑)

ガブの「鳴るな鳴るな!なんで鳴るんだよ!こんなことならオオカミに生まれて来なければ良かった」のシーンはやゔぁかった....!!
仲間には理解されない苦しみ 胸がぎゅっと苦しくなりました

後、映像がすごく綺麗でした!
Diuyppaenh
Diuyppaenh
すげー作品です。

面白いとか、映像がキレイ、とかではなく、内容がスゴイ!

生命、宿命、運命のイタズラ、弱肉強食、友情、感情、秘密を共有する親友、同種の仲間、掟、生きる術、立場、しがらみからの脱出、生きる価値、天命、別れ、失望、絶望、奇跡…

複雑で色々な感情が、たくさん飛び混んで来る。
思考がグルグル…勝手に回り始める。
そして…
自然と涙も出てくる。

例えるなら、初期のBUMP OF CHICKEN(THE LIVING DEAD、FLAME VEINあたり)のような作品。

子供はどう感じるのかわからないけど、大人が観ると非常に疲れます(笑)
でも、一見の価値アリ。超オススメです‼︎