あちらにいる鬼

6.4/10
合計10件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   139分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   荒井晴彦
劇場で   11月11日 2022
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 146

レビュー  |  共有する 

あちらにいる鬼 プロット

作家・井上荒野が自身の父である作家の井上光晴と母、そして瀬戸内寂聴をモデルに男女3人の特別な関係をつづった同名小説を、寺島しのぶと豊川悦司の主演で映画化。人気作家の長内みはるは戦後派を代表する作家・白木篤郎と講演旅行をきっかけに知り合い、男女の仲になる。一方、白木の妻・笙子は夫の奔放な女性関係を黙認することで平穏な夫婦生活を続けていた。しかしみはるにとって白木は体だけの関係にとどまらず、「書くこと」を通してつながることで、かけがえのない存在となっていく。瀬戸内寂聴をモデルにした長内みはるを寺島、井上光晴をモデルにした白木篤郎を豊川、白木の妻・笙子を広末涼子が演じる。「ヴァイブレータ」「やわらかい生活」の廣木隆一が監督、荒井晴彦が脚本を手がける。

あちらにいる鬼 オンライントレーラープレイ

あちらにいる鬼 俳優

あちらにいる鬼 Related

ワイヤー・ルームオンラインで映画を見る
ワイヤー・ルーム
プロット  アメリカ
01月20日 劇場で
すべてうまくいきますようにオンラインで映画を見る
すべてうまくいきますように
プロット  フランス
02月03日 劇場で
スモールワールドオンラインで映画を見る
スモールワールド
プロット  ポーランド
01月06日 劇場で
ジンジンとアキタオンラインで映画を見る
ジンジンとアキタ
プロット  韓国
01月27日 劇場で
アンニョン、僕のユーレイ様オンラインで映画を見る
アンニョン、僕のユーレイ様
プロット  韓国
01月27日 劇場で
迷霊怪談集オンラインで映画を見る
迷霊怪談集
プロット  ベトナム
01月20日 劇場で
イニシェリン島の精霊オンラインで映画を見る
イニシェリン島の精霊
プロット  イギリス
01月27日 劇場で
カンフースタントマン 龍虎武師オンラインで映画を見る
カンフースタントマン 龍虎武師
プロット  香港・中国合作
01月06日 劇場で
ガンズ・アンド・キラーズオンラインで映画を見る
ガンズ・アンド・キラーズ
プロット  アメリカ
01月27日 劇場で
ルーシーのセックス・リストオンラインで映画を見る
ルーシーのセックス・リスト
プロット  アメリカ
01月13日 劇場で
コインランドリーカタルシスオンラインで映画を見る
コインランドリーカタルシス
プロット  日本
01月27日 劇場で
パラム パラム パラムオンラインで映画を見る
パラム パラム パラム
プロット  韓国
02月03日 劇場で

あちらにいる鬼コメント(17)

Peendritsd
Peendritsd
ただ、だらしない恋愛

こんなのを芸術とは呼ばない

こんなのを出家者、尼さんとは呼ばない

ただの色情地獄です。

美しくもなんともない。

以上
Cskieatnvnnoe
Cskieatnvnnoe
低知能な脚本と俳優陣の演技。

文学的要素が全くなくなってしまって、原作が大なし。
なんだろう。コレやる意味あるのだろうか?
Hpgknsximos
Hpgknsximos
業の強いイメージのある瀬戸内晴美が寂聴になった時、少なからず驚いたけど、豪の強いが上なのだろうなと思っていました。
映画を見てわかりやすい道筋だったので納得しました。
映画ゆえに多少美化されてドロドロさは陰を潜めていたけど楽しめました。
寺島しのぶは品があります。顔が以前に増して尾上菊五郎に似てきています。
ひとつ気になったのはエンドロールの役者の名前の順番でした。
Erddaramrie
Erddaramrie
時代を映す鑑のような激動と欲動。全編通して憎悪を感じず、思うがままに生きていた人たちの有様を特と食らう感覚。少し恐ろしく、飲まれそうな雰囲気を厳かに受け取る。

単なる情事と侮れず。時代を造るカリスマ的な存在の言葉に溺れ、愛を求めて顧みないことがある種の美徳とも呼べる時代。そんな中で重なっていく2人と、その妻を描く作品。

断片的に「子宮作家」と呼ばれたり、言葉にある救いと少々面白い言動がカリスマ的な魅力へと繋がっていた瀬戸内寂聴さん。そんな彼女がモデルの、衝撃的な破天に色付けをしながら肉を持った作品と言える。時代的に考えられないほど愛に溺れ、優劣の中に浸った力強さは、昭和の馬力を感じさせる。その中にある確かな愛は2時間少々の厳かな雰囲気で彷徨う。

ただ、そこへの造詣が深くないとなかなか難しい。奔放で掴めない人間模様をなぞりながら、作品の愛に食らいついていく。濡れ場の多さに驚きつつ、大人たちの生き様に息を呑む。いや、呑まれるといったほうが近いかもしれない。

主演は寺島しのぶさん。丸坊主で衝撃的な姿を前々から感じていたが、作品の中で必要不可欠なピースだったのだと腑に落ちる。そして、想像以上に“静”な人間だったことに驚く。自由が奔放なことを指すわけではないのだと受け取った。同時に、広末涼子さんの方が“動”を持っているとさえ感じる。受動的に傷つけられていく中で何を持って生きているのか、余白に答えを求めてしまう。豊川悦司さんの敵わない感覚もカリスマらしさを感じ、凄く良かった。

昭和の人たちの力強さは、時代の強さを蓄えた結果なのだろうと感じる。そんな中で愛を追い求めた姿は、紛れもなく時代の一端だった。
Ksipmsxgnho
Ksipmsxgnho
初めてオンライン試写会で映画を見せてもらった。
前知識なしの状態で見た。瀬戸内寂聴さんがどんな人かなどはほぼ知らず、“瀬戸内寂聴さん=なんでかは知らないけどなんか有名な女のお坊さん”くらいにしか認知してなかった。
オンライン試写会、感想を投稿する前提での視聴とのことで、催促のメールが来るので感想一応書くけど、自分の感想を見た誰かがこの映画を見たい!って思わせるようなこと書ける自信が全くない。これだけは最初に断らせて欲しい。私の今の人生経験値がこの映画を見るのに足りな過ぎるだけなのかもしれない。でも自分ではどうしようもできないので、申し訳ないけどこのまま書いていくことにする。
まず、登場人物がみんなクズだった。なんで??ってくらい。不倫とかが今よりも許されるというか、黙認されてた時代背景なのかもだけど、普通に見てて気分悪かったし、見るに耐えなくて途中で見るのやめようかなって何回も思った。
瀬戸内寂聴さんのことよく知らなかった私が見て、こんな人だったのかってドン引きだったし、知らない方が良かったとすら思った。だから、瀬戸内寂聴さんが亡くなったあとの今、その人の評価を下げるかも知れないこの映画を公開していいのかな。少なからず私みたいに感じる人はいるだろうし、この映画は誰得なんだろうって本当に疑問だった。
俳優さんたちは完全にクズな人物を違和感なく演じてたって意味で上手いんだと思うけど、仕事選んだ方がいいんじゃない?、が素直な感想だな。この映画で、実際に髪の毛剃って体張ってるって言われてもなぁ、ちょっとついていけないかな。
同世代の人にはお勧めできないです。しがない女大学生の感想でした。

共有する

関連映画

あらしのよるに オンラインで映画を見る あらしのよるに
プロット  日本
12月10日 2005 劇場で

いま ここにある風景 オンラインで映画を見る いま ここにある風景
プロット  カナダ
07月12日 2008 劇場で

こちらあみ子 オンラインで映画を見る こちらあみ子
プロット  日本
07月08日 2022 劇場で

にあんちゃん オンラインで映画を見る にあんちゃん
プロット  日本
10月28日 1959 劇場で

条理ある疑いの彼方に オンラインで映画を見る 条理ある疑いの彼方に
プロット  アメリカ
09月02日 2000 劇場で

大丈夫であるように Cocco 終らない旅 オンラインで映画を見る 大丈夫であるように Cocco 終らない旅
プロット  日本
12月13日 2008 劇場で

ニューリリース