ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 プロット

現代によみがえった恐竜たちの姿をリアルかつスリリングに描いて人気を集めるメガヒット作「ジュラシック・パーク」シリーズの最終章。2015年の「ジュラシック・ワールド」でメガホンをとったコリン・トレボロウが再び監督に復帰し、シリーズ生みの親であるスティーブン・スピルバーグが引き続き製作総指揮を担当。「ジュラシック・ワールド」シリーズの主演クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードに加え、「ジュラシック・パーク」初期3作で中心となったサム・ニール、ローラ・ダーン、ジェフ・ゴールドブラムが演じる3人の博士もカムバックする。ジュラシック・ワールドのあった島、イスラ・ヌブラルが噴火で壊滅し、救出された恐竜たちが世界中へ解き放たれて4年。人類はいまだ恐竜との安全な共存の道を見いだせずにいる。恐竜の保護活動を続けるオーウェンとクレアは、ジュラシック・パーク創設に協力したロックウッドの亡き娘から作られたクローンの少女、メイジーを守りながら、人里離れた山小屋で暮らしていた。そんなある日、オーウェンは子どもをつれたブルーと再会。しかし、その子どもが何者かによって誘拐されてしまい、オーウェンはクレアとともに救出に向かう。一方、ある目的で恐竜の研究をしている巨大バイオテクノロジー企業のバイオシンを追っていたサトラー博士のもとには、グラント博士が駆け付け、彼らはマルコム博士にも協力を求める。

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 オンライントレーラープレイ

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 俳優

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 写真

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 Related

0.0MHzオンラインで映画を見る
0.0MHz
プロット  韓国
11月11日 劇場で
泣いたり笑ったりオンラインで映画を見る
泣いたり笑ったり
プロット  イタリア
12月02日 劇場で
それぞれの花オンラインで映画を見る
それぞれの花
プロット  日本
11月04日 劇場で
光の指す方へオンラインで映画を見る
光の指す方へ
プロット  日本
12月03日 劇場で
ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコオンラインで映画を見る
ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ
プロット  イギリス
12月01日 劇場で
ある男オンラインで映画を見る
ある男
プロット  日本
11月18日 劇場で
甘い夏オンラインで映画を見る
甘い夏
プロット  日本
12月04日 劇場で
君の唇を噛みたいオンラインで映画を見る
君の唇を噛みたい
プロット  韓国
11月04日 劇場で
ビハインド・ザ・ドア 誘拐オンラインで映画を見る
ビハインド・ザ・ドア 誘拐
プロット  アメリカ
10月23日 劇場で
パラレル・マザーズオンラインで映画を見る
パラレル・マザーズ
プロット  スペイン・フランス合作
11月03日 劇場で
メイヘムガールズオンラインで映画を見る
メイヘムガールズ
プロット  日本
11月25日 劇場で

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者コメント(3)

Igphnssmokx
Igphnssmokx
ネタバレ! クリックして本文を読む
J Hammond: I wanted to show that something that wasn't an illusion.
Something that was real. Something that they could see
and touch. Creation is an act of sheer will.
Life, will find a way.
ジェラシック・パークの創設者で金が唸るほど持っていたジョン・ハモンドの言葉を踏まえて?

マイケル・クライトンのベストセラーをスピルバーグによって1993年から始まったフランチャイズの6番目の映画『ジュラシック・ワールド 新たなる支配者』は、ローラ・ダーンとサム・ニール、そしてジェフ・ゴールドブラムの歓迎すべき再会だけでなく、ジュラ紀という現実離れをした次元を超えたスペースを描いた映画史に残る映像は、驚くほど優れた第一作目として記憶に残り、本作は、そのリソースの回帰的で精神的復興の意味合いも色濃く映像と視覚効果から導かれ描かれている。

Ellie Sattler: Humans and dinosaurs can't coexist. We created
an ecological disaster.
前作で解き放たれた恐竜たちが4年後の現在、人間の世界で共存する姿が、あくまでも野生の生き物としてその存在があるだけで決して悪者ではなく、本作での非道なことをして共存を妨げようとする存在は人間といういつもの定番のスレッドを考えれば... その事から物語が過飽和のノスタルジアに完全に傾くことなく、洗練されて抑制された方法で元の作品について私たちが過去に驚かされた視覚効果によるすべてのものを視聴者の記憶の中に残していたフランチャイズの継続性と流動性を与えることには本作では多少、無理があり、荷が重いのかもしれない。

"We've actually gone more practical with every Jurassic movie we've
made since the first one, and we've made more animatronics in this
one than we have in the previous two," he said.
(ウェブサイト・IGN Entertainment: 2020.7.24)
『ジュラシック・ワールド』トリロジーの最終話として本作は監督のコリン・トレボロウは過去の二作よりもアニマトロニクス技術をより多く使用して効果的に取り組んだと語っている。
それにつけてもスクリーン・プロセスとかプロジェクター合成なんて呼ばれる映像を投影したスクリーンの前で俳優が演技を行う古典的な特撮技法を使うあたりVFX技術の進歩によって今では時代遅れであり、また生命保険のコマーシャルにもご登場の生物を模したロボットを使って撮影する技術:衰退傾向にあるアニマトロニクスを多用するって? スピルバーグの『ジェラシック・パーク』へのオマージュと言えば聞こえがいいかもしれないけども古典への回帰主義的でスピルバーグに媚びを売っているとは思わないにしてもレジェンドたちの出演はシナリオの展開を悪くしているし、冗長映画にもなってしまっている。

トレボロウ監督は、本作では古生物学的アプローチ映画として「基本に立ち返る」ことを望んでいることを最初に認めている。野生の恐竜をフィーチャーした、より「自然に忠実な」アプローチを採用していることで自然界には存在しないハイブリッド恐竜(『ジュラシック・ワールド』(2015)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)にて、人間たちが遺伝子操作によって人工的に作り出していた架空の恐竜)を映画の中でシナリオに脚色として付け加えることはしないと言っている。そしてその事から、すべての始まりである『ジェラシック・パーク』のバックボーンを反映しているのかもしれない。しかし、そこには意図的ではない嘘というか "Fake" がある。

Regarding the realism of the film's story, Colin Trevorrow said,
"I think what's very important and what could fall apart, if just
dinosaurs [are] everywhere all the time. I think any kind of global
acceptance that they are just around doesn't feel real to me
because, even now when you think of animals, when was the
last time you saw a tiger walking down the street? We know there
are tigers. We know they're out there. But to me, it's very important
that we keep this grounded in the context of our relationship with
wild animals today."
2015年のメキシコの研究者によると「少なくとも一部の恐竜が、今いる鳥類のように完全な内温(恒温)動物ではなかったとしても恐竜は、現代のワニ類と鳥類の中間的存在だったかもしれない」と言われている。
そのことは、バイオ・ロギングによるウミガメの生態の研究から恐竜が体内で熱を発生させ、体温を上げることはできたが、体温を常に高いレベルに維持するのは不可能だったことを意味している。
だから
「自然に忠実な」アプローチを採用している監督としては、ティラノサウルスが生きていた時代の白亜紀後期の翼竜は、最も有名なプテラノドンではなくて、空を飛べなかったとされるケツァルコアトルス(:別名アステカより飛来した蛇の神)とされている... しかも航空機が飛ぶ高度まではプテラノドンでさえ物理的に無理があり彼の言うところの「自然に忠実な」アプローチなんて... 馬鹿らしくもなる。
失礼、そんな小さなことでも重箱をつつく者としては気になってしまうことより。

“I did build a fascination (with them) and how they interacted with
my ‘Star Wars’ figures and everything else in (there), like my trucks
… and that you could mash everything together,” says Trevorrow.
“So the idea of taking dinosaurs and putting them into our world
was thrilling.”
高齢の科学者や仕事をしていない動物園の飼育係の集団のような出演者たちによる英雄として世界を駆け巡る冒険活劇映画ではあるにはあるけれども...
キャンベル・スコットのバイオオシンCEOは、典型的なスティーブ・ジョブズ風の社会的内向性者であり、彼の大胆な新しいビジョンによる大変動の欠陥しか見ることができないことで、彼のお抱えの人々の偏狭さに際限なく挫折している。その為にアドベンチャー映画としては、落ちぶれた『インディアナ・ジョーンズ』であり、くだらない映画の代表格で撫で肩男のイーサン・ハントの亜流の映画に収まってしまっている。
美術的にしかも現実的に曖昧な表現しかできていないVFXとトリロジーをより一部のコアなファンの為にシナリオに見栄っ張りで余計なことをした、いい加減な映画として個人的には捉えている。

余談として、
ドミニオンを「新しい支配者」と訳すなら、それは陰謀の主要な位置付けの可能性がある言葉として、聖書の用語の引用からも導き出すことができるかもしれない。その言葉は、神が人々に動物に対する支配権を与えたと述べられた時、聖書に神の言葉として存在している。
その事を別の見方をするならイアン・マルコム博士の言葉が象徴するように
"God creates dinosaurs, God destroys dinosaurs. God creates Man,
man destroys God. Man creates dinosaurs"

言っときますけどもディスレクシアのユダヤ人のハンデは思いやってもスピルバーグの映画を面白いとは一度も思ったことはないので、その事で全否定するのでそれを踏まえて... どうでもいいけど!? 彼のファンの皆様、どうも失礼しやした?
Ypsoleowhl
Ypsoleowhl
シリーズ化しているので、恐竜の存在自体には驚かなくなったが,回を重ねる事にCG合成技術の向上の進歩を感じさせられる、ストーリー的にはいかにも洋画らしい複雑な所と「間」少し中だるみ的な点もあり睡魔と戦いながら観ていた、登場人物の役割分担的にはハリウッド映画でよくあるパターンで、他の映画で観たような展開なので入り込みやすいのかもしれない、全体的に映画ならではの非現実的なストーリーとアクション展開、やはりこの映画も前作などを予習として観るのが正解の映画、少しネタバレかもしれないが恐竜の親子との展開のシーンだけは感動した。
Oipmgknhxss
Oipmgknhxss
恐竜たちがスクリーン狭しと暴れる中、懐かしいスターたちが再度ジュラシックワールドに花を飾るジュラシックパークフェスティバルにようこそ。

共有する

関連映画

グッバイ・クルエル・ワールド オンラインで映画を見る グッバイ・クルエル・ワールド
プロット  日本
09月09日 劇場で

COLOR CROW 緋彩之翼 オンラインで映画を見る COLOR CROW 緋彩之翼
プロット  日本
09月23日 劇場で

アイ・アム まきもと オンラインで映画を見る アイ・アム まきもと
プロット  日本
09月30日 劇場で

暴力をめぐる対話 オンラインで映画を見る 暴力をめぐる対話
プロット  フランス
09月24日 劇場で

とどのつまり オンラインで映画を見る とどのつまり
プロット  日本
09月24日 劇場で

ニューリリース