アルピニスト プロット

断崖絶壁に命綱なしで挑む若き天才アルピニスト、マーク・アンドレ・ルクレールに密着したドキュメンタリー。世界有数の岩壁や氷壁を、たったひとりで命綱もつけず登るというクライミングスタイルの「フリーソロ」を貫いてきたマーク・アンドレ・ルクレール。名声を求めない彼自身の性格から世界的な知名度はほぼ皆無だが、不可能とされていた数々の難所に挑み、新たな記録を次々と打ち立てていく。そんな知られざる天才に、これまでクライミングを題材にしたドキュメンタリー作品を数多く手がけてきたピーター・モーティマー監督とニック・ローゼン監督が密着。雄大な自然を背景に、体力と精神力の極限に挑むマークの姿を、臨場感あふれる映像で映し出す。

アルピニスト オンライントレーラープレイ

アルピニスト 俳優

アルピニスト 写真

アルピニスト Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

アルピニストコメント(3)

Knpihsgmoxs
Knpihsgmoxs
毎回最後の食事だからと美味しい
ものを食べる。
パタゴニア、トーレ・エガー山頂まですんでの
所で下山するが最挑戦✨
夢を果たす。
死の恐怖は常にあるがまた登る。
毛布の断熱材が破れ、軽くなったと言って
笑う。
恋人は、climbingしている彼が好き、と。
drugはまやかし。climbingはリアル、と。
マークは、山頂、テントで、今すぐにでも下山して
彼女に会いたい、と。
両親、山の男達にも愛され、心配され。
本人は至って謙虚。
アルゼンチンでは子供に現地語で話す。
山はいいと。
チャレンジの大切さはもちろん、
当たり前の事が大切だよ。と。
cjvyga
cjvyga
ネタバレ! クリックして本文を読む
まだオープニング・クレジットが終わらない映像がない暗い状態から、フリークライマーの存在を公に広めたアレックス・オノルドとネット上のラジオ番組"The Tim Ferriss Show" のホストでこの映画では少し癖のある話し方をしていたティモシー・ フェリス(Tim Ferriss)の会話から本編が始まる。

Ferriss: Alex, who impresses you right now?
Honnold: This kid Marc-André Leclerc. This Canadian guy. Hardly
anyone has heard of him because he's so under the radar.
He's been doing, like, all kinds of crazy alpine soloing.
Ferriss: What makes it so crazy?
Honnold: He just goes out and climbs some of the most difficult
walls and alpine faces in the world. The most challenging
things that anyone's ever climbed, really.
Ferriss: So he's just next level?
Honnold: Yeah, it's, like, so crazy. Like, I don't know.
Ferriss: And for those people who want to see visuals on this stuff,
we'll grab some video and links...
Honnold: An interesting thing about Mard-André is I don't know if
there is video of most of the stuff he's doing.
Ferriss: Oh, really?
Honnold: Yeah, he's just going out and climbing for himself in such
a pure style. It's pretty full on.
会話の中でオノルドが何回か"crazy" を使っているけど... ありきたりな現代風でカジュアルな褒め言葉って、そんなの知っているってか? 大きなお世話さまでした?
そのオノルドが今作のドキュメンタリーの主人公であるマーク・アンドレ・ルクレールの誰にもできない、それでも誰もが憧れる登山スタイルを簡潔に言い表していた。それは...
ルクレールのドキュメンタリーは、指先の細部に渡るまで神経が張り詰めている様子を描いた映像がぎっしりと凝縮されていて、絶壁の近くで人々が彼がソロで山から文字通り指の先だけでぶら下がっている時に彼の視線と同期なんてすれば映像に没入してしまいめまいを起こす人にとっては間違いなくこの作品はただの映画ではなくなってしまう。
つまり、パートナーやロープ、またはほとんどすべての安全な装具なしに絶壁に挑む彼流のエクストリームスポーツのわずかばかりの実体験が出来るかもしれない。

ルクレールだけが決して大きなリスクを冒す唯一のアルピニストではない。でも他の年配の登山家や仲間がここで証言しているように、彼にとっては特に大胆でもなく、何気なく記録を打ち立て、ほとんどの経験豊富な登山家を怖がらせるような状況の切り立ったほぼ垂直の岩壁を難なく登っていく。
しかし、彼を面白くしているのは、彼の勇気や恐れを知らないことだけではなく、ナレーションも担当をしている映画製作者のピーター・モーティマー監督にとってはルクレールのフリークライミングに対しての献身的純粋さに畏敬の念を抱き、不安を感じている様子が作中にもみられる。その事はルクレールが彼らにある時点まで彼のソロクライミングを撮影させ、それから先は彼は誰も見えない別の山に登ることができるようにテキストメッセージをあまり使わずに登頂することで、どうやらそれが脚光を浴びることを意図的に避け他人がいれば最も真実で最も本物の種類のクライミングを感じられない彼の特異性を表している。

過去には幻覚物質を乱用した経験を持ち、オスカーを手にした世界的有名なソロ・クライマーのアレックス・オノルドとの比較は容易にされるが、ルクレールの心の脆弱性は母親のミシェルが語るところによると
Michelle: When he was evaluated by a psychologist when he was 7,
one of the things the psychologist said was he's being poisoned by
adrenaline. Just sitting in a chair, he's being poisoned by adrenaline.
And so for Marc-André, it was almost the reverse, I think, of a lot of
people. When he was climbing, it was like that calmed everything.
(ADHD(注意欠如・多動症)とディスレクシア(Dyslexia)に取り組む"Understood"より)
彼が映画に登場してから何らかの発達障害を抱えていたのが分かったがそれがADHDと後で知り、特定されると彼の持つ内面の豊かさにも触れたのかもしれない。

映画の内容については具体的には控えさせてもらいます。ただ映画を見る指針としては、amazon.comで735のレビューアーの内、☆4と5を合わせて95%以上が居られることだけは伝えたいと思います。失礼しました。
Sxgskmnhpio
Sxgskmnhpio
#アルピニスト を見ました❗️

自分と向き合える場所があるって、とても羨ましく思いました✨

でも、命の駆け引きをしながら、山に挑戦する姿を見ると背筋が凍る思いです😱

彼の正直に生きる姿を見て、勇気をもらいました🎯

自分と向き合うことの大切さを感じた作品です🎥

私みたいに、どこか自分と向き合うことを誤魔化している人には、見てもらいたい映画です🥰

また、スクリーンで見る断崖絶壁は、半端ない迫力でした🤣

ぜひ、大きなスクリーンで、彼の無の心境に共鳴して欲しい作品です👀

#映画好きと繋がりたい