わたしは最悪。 プロット

「母の残像」「テルマ」などで注目されるデンマークのヨアキム・トリアー監督が手がけ、2021年・第74回カンヌ国際映画祭コンペティション部門で女優賞を受賞、2022年・第94回アカデミー賞では国際長編映画賞と脚本賞の2部門にノミネートされた異色の恋愛ドラマ。30歳という節目を迎えたユリヤ。これまでもいくつもの才能を無駄にしてきた彼女は、いまだ人生の方向性が定まらずにいた。年上の恋人アクセルはグラフィックノベル作家として成功し、最近しきりに身を固めたがっている。ある夜、招待されていないパーティに紛れ込んだユリヤは、そこで若く魅力的なアイヴィンに出会う。ほどなくしてアクセルと別れ、新しい恋愛に身をゆだねたユリヤは、そこに人生の新たな展望を見いだそうとするが……。トリアー監督の「オスロ、8月31日」などに出演してきたレナーテ・レインスベがユリヤ役を演じ、カンヌ映画祭で女優賞を受賞。

わたしは最悪。 俳優

わたしは最悪。 写真

わたしは最悪。 Related

ナニワ金融道 灰原、帝国金融の門を叩く!オンラインで映画を見る
ナニワ金融道 灰原、帝国金融の門を叩く!
プロット  日本
11月25日 劇場で
素晴らしき日々も狼狽えるオンラインで映画を見る
素晴らしき日々も狼狽える
プロット  日本
10月15日 劇場で
ぼくのデコ 23歳のヴァンパイア兄貴オンラインで映画を見る
ぼくのデコ 23歳のヴァンパイア兄貴
プロット  アイルランド
10月22日 劇場で
ロスト・プリンスオンラインで映画を見る
ロスト・プリンス
プロット  フランス
11月11日 劇場で
ザリガニの鳴くところオンラインで映画を見る
ザリガニの鳴くところ
プロット  アメリカ
11月18日 劇場で
銀河 2072オンラインで映画を見る
銀河 2072
プロット  日本
11月18日 劇場で
ストレンジ・ワールド もうひとつの世界オンラインで映画を見る
ストレンジ・ワールド もうひとつの世界
プロット  アメリカ
11月23日 劇場で
独裁者オンラインで映画を見る
独裁者
プロット  アメリカ
11月03日 劇場で
窓辺にてオンラインで映画を見る
窓辺にて
プロット  日本
11月04日 劇場で
セールスマン(1969)オンラインで映画を見る
セールスマン(1969)
プロット  アメリカ
11月26日 劇場で
はだかのゆめオンラインで映画を見る
はだかのゆめ
プロット  日本
11月25日 劇場で
ミセス・ハリス、パリへ行くオンラインで映画を見る
ミセス・ハリス、パリへ行く
プロット  イギリス
11月18日 劇場で

わたしは最悪。コメント(9)

Pmieucdlam
Pmieucdlam
「僕が死ねば、君の記憶もなくなる」・・・最も印象に残った素敵な台詞だ、、、。

浮気は浮気、所詮現実逃避である。
経験がない私はそう考えている。
Broeannsrw
Broeannsrw
自分の人生や生活に自信が持てなかったり、もんもんとしている方なら、この映画、共感できると思います。誰しも経験するであろう、悩み、迷い、苦しみ、生きづらさ、などを凝縮したような映画です。この映画を見ると何が本当に大事なのか、考えさせられます。迷ったら見ると良い映画です。良作だと思います。
Tasaengrghn
Tasaengrghn
あんまり色々考えて生きてないので

共感とかそういうのまではなかったけど

ずっと引き込まれたままだった。

主人公の女性が宣伝写真より全然綺麗で

なんであんな映りの良くない写真を使ったのかと

不思議に感じた。
ivzmxmg
ivzmxmg
ネタバレ! クリックして本文を読む
主人公の女性が金髪、ピンク髪、茶髪
全て別人に見える
茶髪が1番可愛い

新しい物に目移りしちゃう主人公の話

コミック作家の彼がイケメンで、目移りしてしまう男性の方があんまりイケてないから、なんだかしっくりこない笑

パパもなんだか嫌
なにかとつけて、娘に会いに来ない。
今の家庭の方が大事なんでしょうね。

あの義理の妹とお揃いのアウター
アレはないよなぁ笑

これは浮気じゃないと線引きして楽しむ主人公、トイレ見せ合いは、ない笑
キモい。

元カレが膵臓がんで闘病して、お見舞いへ
行くのはわかるが、
ベッドに二人で寝るのは
ないでしょう、、、

海外の感覚とのズレかしら

期待しすぎたかなぁ
映画が長く感じた
Kiexpevknoesnc
Kiexpevknoesnc
本作は、脚本と主演女優に大きな特徴のある作品です。
まず脚本は「序章」「12章」「終章」から構成されています。
序章で、「医大は成績優秀者に相応しい進路だ」と考える主人公ユリヤ。でも想像と違うと、医大を辞め心理学へ。そして心理学もピンと来ないと写真家に、と自分探しをします。
そして、パーティーでマンガ家と出会います。
それ以降の各章にはタイトルが付いていて、分かりやすい構成になっています。
(途中、ユリヤが時間を止めるシーンが1回出てきますが、これは「ユリヤの空想」を表現したものです)
2022年の第75回カンヌ国際映画祭で是枝裕和監督作「ベイビー・ブローカー」で主演したソン・ガンホが男優賞を受賞しましたが、前年の第74回カンヌ国際映画祭でユリヤ役のレナーテ・レインスベが初主演で受賞しています。様々な顔を見せるユリヤを見ていれば、これは納得がいきます。
そして本作はノルウェー語なので、アカデミー賞では「国際長編映画賞」に該当し、まさに日本の「ドライブ・マイ・カー」と賞レースを競っていたのです。

本作の邦題「わたしは最悪。」について、2つの意味で考察が必要だと思います。

1つ目は、「邦題のセンスがないのでは?」ということ。
これについては、原題のノルウェー語では「Verdens verste menneske」となっていて直訳すると「世界一美しい男」という意味になります。
ただ、これは正直なところ分かりにくいと思います。
そこでアメリカで公開される際に「The Worst Person in the World」と視点を変えたものになり、邦題は、この英語を分かりやすく「わたしは最悪。」と訳しただけなのです。

2つ目は、「そもそもどういう意味なのか?」ということ。
これは、ユリヤが「ある段階」で頭に浮かぶセリフだと私は解釈しています。
その「ある段階」は、人によって異なるかもしれませんが。

ひょっとしたら1回目では作品の良さが伝わりきらないのかもしれません。そこで、もし機会があれば2回は見てみてほしいです。有名な賞を受賞したからと言って、誰にでも合う作品なんて無いのだと思います。
でも、この作品は、「別の機会に見て、良さが実感できたりする名作」なのだと私は考えています。
やや大人な映画なので「R15+」なのも納得ですが、大人になったからこそ分かる作品と言えます。