凱里ブルース プロット

「ロングデイズ・ジャーニー
この夜の涯てへ」での3Dのワンシークエンスショットという演出で注目を浴びた中国の新世代監督ビー・ガンが、2015年にメガホンをとった初長編監督作品。監督自身の故郷である凱里で撮影され、出演者の大半が監督の家族や親戚、友人などがキャスティングされている低予算の作品ながら、スイス・ロカルノ国際映画祭の新進監督賞と特別賞、フランス・ナント三大陸映画祭グランプリ、台湾の金馬奨で最優秀新人監督賞など各国の映画祭で多数受賞した。凱里にある霧に包まれた小さな診療所に勤務し、幽霊のように毎日を送るシェン。刑期を終えて、凱里に帰った時には妻はすでにこの世になく、かわいがっていた甥も何者かによって連れ去られてしまった。シェンは甥と同じ診療所で働く年老いた女医のかつての恋人を捜す旅に出る。その途上で立ち寄ったダンマイという名の村は、過去の記憶、現実、そして夢が混在する不思議な村だった。

凱里ブルース 写真

凱里ブルースコメント(9)

eoiqmc
eoiqmc
何を見せたいのか、何を見せられているのか、はっきり言ってよく分からない。ある人に渡してと老女医に託されたシャツとテープ。シャツは自分で着ちゃうし、テープは人にあげちゃう。飛び入りした歌も上手くないし、バイクタクシーの青年は探しに来た甥と同名。

これは、長い長い夢なのか?
チェンの辿ってきた旅路は、夢と現の間を行き来するものなのか?

スクリーンを通して熱帯地方の湿り気と、濃い緑の匂いを感じる。田舎にしては綺麗に舗装されたアスファルトの霧の道を、ふわふわと走るシーンが好き。
バイクタクシーに乗ってスルスルと登る山道も好き。よく分からない、でも、ひたすら心地いい。鏡を通しての長回しも、オシャレだと思った。複数回あったので、監督は多分好きなんだろうな、この撮り方。もしくは長尺のテクニック?

汽車に描かれた時計によって、時が巻き戻ったのだろうか。過去も現在も未来も、実は曖昧なものなのかもしれない。
luzkme
luzkme
2020-028M 「凱里ブルース」
「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のビー・ガン監督のデビュー作品。この作品から長尺ワンカット手法が駆使されている。ストーリーよりも流れるような幽玄な趣で描写されていく人々の動きを追うワンカット撮影のクライマックスに震撼する。
gafhgqa
gafhgqa
結局、なんだったのか。
キャストに特に魅力もなく、風景は中国のど田舎で、物語の展開もダラダラしてて、長回しだって意味を感じない。なんだろ、これ。それが正直な感想だった。
ただ、美しかった。
金剛般若経の言葉を引き合いに出しながら、心の流れを問いかけてくる語りには、意味不明の禅問答を吹っ掛けられているような霧中遊泳感を感じながらも、その心地よさに酔いしれる気分になる。そのせいか、現代中国の地方都市の混迷するジメジメっとしたスクリーンからは、不愉快の感情よりも望郷の寂寥感を覚えるのだ。
その気分を増幅させるのは、40分もあったという長回しシーンのせいだろう。あれは、主人公の夢の中なのじゃないのか、と思う。その夢の中では普通に時間が流れて行っているようで、いくつかの時間軸が混在しているように感じた。探している甥は、不遇であった過去の自分。探している老女医の元恋人は、いつか死期の迫った時の未来の自分。だから、過去も未来も現在も、現実でありながら現実味はなく、まるで夢の中。肉体も存在しないし、ましてや心も存在しない。禅でいう空の世界。
たぶんこの映画、観るたびに感じることは違ってきて、彩りは増していくであろう。
toxxuh
toxxuh
長回しすげー

監督色出るもんだね ロングデイズジャーニーと映してるもの同じのばっかりだし、夢なのか時間の概念が不思議なのも似てる

詩と映像の融合も面白いけれど、母国語だとどう感じるんだろう
eiikma
eiikma
6月第2週の土曜日に鑑賞

今年公開された「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のビー・ガン監督が2015年に撮った初長編監督作品。
(ロングデイズ・ジャーニーは2018年作品)

「ロングデイズ・ジャーニー」が自分の好きなタイプの世界観だったのでどんな作品なのかとても楽しみでした。

白と灰色が基調となる室内から、カットを挟まず室外を写しだしてゆくショット。
そこには床に反射し半円を描くように広がる橙色の炎と夜空
この人の感性が好きだなと感じた冒頭。

割りと変化の薄い展開と町並みの灰色の世界に少し落ちかけた。いや、多分、落ちた。話しの展開自体が夢と過去と今を写し出している不思議な感覚もあったので、もしかすると落ちたのも夢だったのかもしれない。
(と、自分を正当化してみる)

冒頭のシーンも好きだったけど、他にも好きなシーンがいくつかあって、鏡に人物を写すところであったり、部屋の壁にある物が写し出されてゆくところであったり、列車の中に佇む主人公の写しかたであったりと、この監督の映像の写しかたに対する感覚の素晴らしさを感じました。

そして「ロングデイズ・ジャーニー」でもみせた長回しのワンカットシーン
(ロング・・でのワンカットシーンは3D映像)
「ロング・・」で見せたようなワンカットシーンへの入り口を示すショットは無かったけれど、この距離感を長回しで見せてくれるとは思いもしなかった。
「ロング・・」に比べると、ワンカットの映し方は荒削りな部分もあったけど、逆にそこが、あぁ、ここはこうやって撮ったんだろうなと想像することが出来て、映画を観る楽しさと、疑似撮影体験みたいな楽しさをも味わえました。

32歳のビー・ガン監督
次回作品も楽しみです今年公開された「ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ」のビー・ガン監督が2015年に撮った初長編監督作品。
(ロングデイズ・ジャーニーは2018年作品)

「ロングデイズ・ジャーニー」が自分の好きなタイプの世界観だったのでどんな作品なのかとても楽しみでした。

白と灰色が基調となる室内から、カットを挟まず室外を写しだしてゆくショット。
そこには床に反射し半円を描くように広がる橙色の炎と夜空
この人の感性が好きだなと感じた冒頭。

割りと変化の薄い展開と町並みの灰色の世界に少し落ちかけた。いや、多分、落ちた。話しの展開自体が夢と過去と今を写し出している不思議な感覚もあったので、もしかすると落ちたのも夢だったのかもしれない。
(と、自分を正当化してみる)

冒頭のシーンも好きだったけど、他にも好きなシーンがいくつかあって、鏡に人物を写すところであったり、部屋の壁にある物が写し出されてゆくところであったり、列車の中に佇む主人公の写しかたであったりと、この監督の映像の写しかたに対する感覚の素晴らしさを感じました。

そして「ロングデイズ・ジャーニー」でもみせた長回しのワンカットシーン
(ロング・・でのワンカットシーンは3D映像)
「ロング・・」で見せたようなワンカットシーンへの入り口を示すショットは無かったけれど、この距離感を長回しで見せてくれるとは思いもしなかった。
「ロング・・」に比べると、ワンカットの映し方は荒削りな部分もあったけど、逆にそこが、あぁ、ここはこうやって撮ったんだろうなと想像することが出来て、映画を観る楽しさと、疑似撮影体験みたいな楽しさをも味わえました。

32歳のビー・ガン監督
次回作品も楽しみです
djyxnu
djyxnu
長いワンシーンがつながれたロードムービーである。日本で言えば「仁義なき戦い」の頃だろうか。土間に物を置く習慣が残っていたり、外から戻っても手を洗わなかったりするから、衛生観念が社会に行き渡る前の話だろう。映像は暗くてわかりづらく、お世辞にも洗練された作品とは言い難い。
ヤクザが詩人になってもおかしくはない。世の価値観は常に揺らいでいて、人は風にそよぐ葦のように翻弄され続けている。封建主義のパラダイムが支配的であればそういう考え方になるし、大義名分にもなって他人を非難する根拠となる。拝金主義のパラダイムが支配的であれば金儲けをした人間が偉い人間なのだ。
誰のために何をするのか。自分は誰に必要とされているのか。自身のレーゾン・デートルを求めて旅をするシェンは、故郷に時の移ろいを見る。残ったのは人の優しさだけなのかもしれない。身の上話を聞いてくれた床屋に大切なものを渡してしまう。それがシェンの優しさなのだ。ヤクザから足を洗い久しぶりに訪れた故郷は、必ずしもシェンを歓迎してくれる訳ではないが、邪慳にもしない。うねうねとあぜ道が通る田んぼに風が吹いている。
swgjrhg
swgjrhg
ヤンヤンはなんで船で対岸に渡ったんだろう。
hnkpuf
hnkpuf
肩の力を抜いて見られる
yedltyx
yedltyx
ネタバレ! クリックして本文を読む
映画における ”Take” : A take is a single continuous
recorded performance.
" ブラブラしたふらふらとした41分間のテイク " とコメントを読んで興味を惹かれ...

It is impossible to retain a past thought, to seize a future thought,
and even to hold onto a present thought.
冒頭に流れるテロップ...”金剛経” に興味のある監督のメッセージだとすぐに分かるが...映画自体に会話らしい会話があるけれども、しかし.....
内容とシナリオがはっきりとする会話がなく、その代わりに物語を埋めるように詩の朗読のような台詞も多く、それとは別に会話の代わりとしてのサウンド・スケープも映画の静かなものに邪魔をしないように耳障りが非常にいいが....

この映画の特徴として、”長回し” いわゆるワンカット撮影されている41分間があり、ダイマイという架空の村を主人公のシェンがバイクの後ろにまたがり村中を巡るシーンは、シェンという被写体を撮るために若い長身のカメラマンが被写体を追いかけるための移動手段として彼自身もバイクに乗り、追い続けた努力のたまものと聞く...しかしながら、いくらリハーサルを入念にしたからといって全ての場面でタイミングが合うかというとそうでもない場面も散見している...カメラが勢いが余って先行して後戻りするシーンや主人公の乗っていたバイクがいざ発進する時に必ずと言っていいほどエンストを繰り返していたのは、カメラマンがバイクに乗るための、またはカメラ自体をバイクに乗っているカメラマンに手渡すための時間稼ぎとしか映っていない...稚拙を通り越してわずかながら悪意にも感じられる。役者も同じことが言えて、台詞を言うつもりで身を前にのり出しているにもかかわらず、タイミングが合わずにまた後ろにと....?  リハだけで90日間ッて?

時間が交差をする空間...このモキュメンタリー風映画のシナリオでは個人的にどの部分を指して言われているのか、はっきりと見えてはこない。出版物に対するレビューを数多く載せている情報サイトNYR Dailyにもこんな記事が、「タイムトラベルを前提としているけれども、サイエンスフィクションはほとんどありません。」...と

景色は確かに目を見張るほど緑や自然が美しい。...それとは真逆に中国の地方都市の不潔ぶりが目について到底、美しい映像ばかりとは言えない...そんな代物
家族・親類・友人だけでなく監督本人もカメオ出演している微笑ましい手作り感溢れる映画かもしれないが... 監督のおじさんがシェンさんでした。

共有する

関連ニュース

関連映画

キッドナップ・ブルース キッドナップ・ブルース
プロット  日本
10月09日 1982 劇場で

カウガール・ブルース カウガール・ブルース
プロット  アメリカ
10月29日 1994 劇場で

アブノーマル・ロデオ・ブルース アブノーマル・ロデオ・ブルース
プロット  日本
10月20日 2020 劇場で

凱歌 凱歌
プロット  日本
11月28日 2020 劇場で

凱特扮演的克里斯汀 Kate Plays Christine 凱特扮演的克里斯汀
Kate Plays Christine
紀錄片  美國
02月14日 2016 劇場で

포스트맨 블루스 Postman Blues, ポストマン・ブルース 포스트맨 블루스
Postman Blues, ポストマン・ブルース
코미디/범죄/액션 2000.10.07 개봉  일본
10月07日 2000 劇場で

ニューリリース