悪人伝



ジャンル   プロット
ランタイム   110分
言語   韓国語
地区   韓国
書かれた   イ・ウォンテ
劇場で   07月17日 2020
7.7
 合計39件のレビュー

レビュー |  話し合います

この映画を見たい?

 映画を見たい    しない
50% 欲しいです,合計 170

悪人伝 プロット

「新感染
ファイナル・エクスプレス」で一躍トップスターとなり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品「エターナルズ」でハリウッド進出を果たすマ・ドンソク主演のバイオレンスアクション。凶悪なヤクザの組長チャン・ドンスが、ある夜何者かによってめった刺しにされた。奇跡的に一命をとりとめたドンスは、対立する組織の犯行を疑い、犯人捜しに動き出す。一方、警察サイドで捜査にあたるチョン刑事は暴力的な手段も辞さない荒くれ者として、署内でも問題刑事として知られていた。まだ世間の誰も気づいていない連続無差別殺人鬼がこの事件の犯人であると確信したチョン刑事は、その手がかりを求めてドンスにつきまとう。ドンスとチョン刑事は互いに敵意をむき出しにするが、狡猾な殺人鬼を突き止めるには互いの情報が必要であると悟り、共闘して犯人を追い詰めてゆく。2019年・第32回東京国際映画祭の「シン・ファンタ/復活!?東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」(19年11月2日)で上映。

悪人伝コメント(20)

jtlydl
jtlydl
ネタバレ! クリックして本文を読む
じぶんの中では、まだ邦画の方が優れてると思ってた。
いや、韓国映画が嫌いなわけじゃない。
JSAなんて大好きだし。

パラサイトを見ても、まだそうだった。

しかし、この映画では、もう負けを認めざるおえない。

ストーリーもまだ日本で作れる。狂気の殺人鬼も、暴れん坊の刑事もまだ日本人の俳優で作れる。

だが、「マ、ドンソク」!
この迫力ある演技!
ゴツい身体!
垣間見せる優しい顔!

なんか悔しいが、裁判所の上半身裸の仁王立ちの姿。
この場面で、なんだか知らないが、

負けた。と感じてしまった。

素直な気持ちでもう一回見たいと思う。
eoiqmc
eoiqmc
全然前情報無しでの鑑賞でした。

バディ物だったのね。
全く意外な事にシリアルキラー物でもあったのね。

このどこまでが、実際の事件と同じなのかしら?

オープニングは「タクシードライバー」を彷彿とさせる、だけど極彩色が韓国らしさを出していていい感じ。
その後は展開が早いし、話が二転三転して目が離せません。
寝不足で映画館に行くとつい眠ってしまう事が多々ありますが、この作品は全く寝せてくれませんでした。

韓国映画あるあるですが、今回は
チョン刑事って「百獣の王」武井壮をもちょっとイケメンにした感じだよね。
cxhrwdm
cxhrwdm
本作は2019年の5月中旬に韓国で公開されて初登場1位を獲得しています。とは言え、5月末に「パラサイト」の登場で追われるわけですが、動員300万人突破のヒットをしています。
私の感覚だと韓国映画は、アタリとハズレの乖離が大きいという印象ですが、これはアタリの方でした。
主人公の凶暴なヤクザの組長のビジュアルから敬遠してしまう人もいるかと思います(実は、私もその一人…)が、このマ・ドンソクという俳優は、日本でもスマッシュヒットを記録した名作「新感染 ファイナル・エクスプレス」に出ていた人、というと、あっと思い出すのかもしれません。
この先も「マーベル・シネマティック・ユニバース(要はこれまでの「アベンジャーズ」シリーズ)」の「エターナルズ(原題)」に出演することが決まっているので覚えておいてもいいのかもしれませんね。
さて、本作は「ヤクザ」×「警察」×「殺人鬼」という、それほど見かけない題材です。
2005年8月の韓国を舞台に描かれていますが、これは最初に「本作は実際の事件に基づいた創作」と出てくるように、実在する事件があるのです。
最初の方は、「ヤクザ」と「警察」の癒着や暴力抗争などが出てくるので「韓国版アウトレイジかな?」と思っていましたが、「殺人鬼」のくだりから徐々に独自色を強めていきます。
作りが丁寧ですし、画の作り方も独自性があってよく、展開も面白いので、だんだん引き込まれていく自分を感じます。
本作は、とにかく見てみればシンプルに面白さが分かるので、ネタバレ回避のため、多くを語らないようにします。
「韓国らしいバイオレンスアクション映画」とは書きましたが、そこまでエグいシーンがあるわけではないので安心してください。
この作品は、シルヴェスター・スタローン制作でハリウッド・リメイクも決定するほど「ヤクザ」×「警察」×「殺人鬼」の相関関係や人間模様が面白いので、そこは壊さないように上手くパワーアップさせてほしいところです。
eqnbig
eqnbig
マブリーという可愛らしい愛称で親しまれてるドンソクが、愛くるしさを封印し役に徹した今作。(まあでもやっぱりほっこりするシーンもあったりはする。ほんと少ないけど)

いつものように気が優しくて力持ちの兄貴を予想していたら少々面食らうかもしれない。
しかしそういう人は今一度ドンソク兄貴の身体や面構えを見直してみてほしい。どうみても、悪人の方がシックリくる部類の見た目なのである。普通に兄貴が街を歩いてたら、近づく人はまずいないだろう。

そんな兄貴が、満を持して悪人を演じた。今までも悪人を演じてこなかった訳ではないが、今回は殺人鬼を叩きのめそうとする極道の首領!そのビジュアルの説得力たるや、正に圧倒的! ほっこり人情ものに主演しているマブリーも好きだけど、やはりホームグラウンドはノワール!むさ苦しい漢たちの中で、血みどろになりながら己の欲望の道を突き進む姿に観客は爽快感を覚えるのだ。

ストーリーは娯楽度MAX🤩
ドンソクパンチの威力もMAX👊
エンディングの後が気になる度MAX😧
今作のもう一人の主人公の刑事さんを完全に食ってしまっている 。

今年10月から日本でも公開される「スタートアップ!」ではおかっぱ髪の中華料理屋のおやじを演じ、
公開を来年に控えるのMCU映画「エターナルズ」にギルガメッシュ役で出演決定と、マブリーの快進撃はまだまだ続く。

今、めちゃくちゃホットなナイスガイ、マ・ドンソクを要チェックだ!
swgjrhg
swgjrhg
マ・ドンソク演じるヤクザのボスが連続殺人鬼に襲われ九死に一生をえて、若い熱血刑事と適度な緊張感をたもちながら共闘していく変則バディものとして楽しく見ました。サンドバッグを叩く登場シーンからマ・ドンソクの魅力全開で、「犯罪都市」でもそうでしたが、悪を演じていてもにじみでる愛嬌さ、そこはかとなく漂うインテリジェンスが作品を分厚くしているように感じます。
ほかの人物たちも“悪人”らしい良い面構えばかりで、それぞれ見せ場あり。ベタを怖れない(そこがいい!)骨太のストーリーは最後まで二転三転して、韓国版「アウトレイジ」ぐらいのリアリティ感で見ると、最後までハラハラドキドキしながら楽しむことができると思います。
終盤、ヤクザ陣営と刑事たちが飲み会をしてちょっと心を通わせる(その直後に、怒濤の追跡劇がはじまる)ところが特に心に残りました。
gndvfc
gndvfc
マ・ドンソク、知りませんでした。かっこいい!
強い男って惚れますよね。男でも。

優しいし、貫録もあるし。

韓国映画は毛嫌いしてました。国政関係で。
でも映画はすごい。

これから観てみようと思います。

邦画も負けるなよ。
「仁義なき戦い」はどこに行ったんだ?
snahqvv
snahqvv
今までインファナルアフェアの相互ダブルスパイやレザボアドッグスの三角四角関係で描かれた善やら悪やら悪の悪やらのややこしい話がどの立場でも人間臭く、最強傑作と思ってましたが、これまた違うアングルで奇妙な関係を描く好作品に出会ったと言っていいでしょう。
通常なら対立する力の強い奴同士が組むとこうも恐ろしいことかと思い知る。
最後の最後まで食えない歪な関係が、勧善懲悪とか変な友情とか気持ち悪い綺麗事物語になっておらずむしろ妙に現実味を帯びた複雑で感情の置きどころに困るいい映画でした。
nuqwci
nuqwci
韓国での連続殺人鬼と言えば、映画「チェイサー」(2008年)を思い出す。連続殺人鬼の残酷な行為(描写)に耐えながらも、刑事とのやり取りに引き込まれた。

本作も実際に起きた連続殺人を元にしたものだが、「極悪組長×暴力刑事vs無差別殺人鬼」という組み合わせで、さらに極悪の組長が絡んでくる。
ヤクザ同士の人間関係とパンチのあるシーンがプラスされている分、殺人鬼の残酷なシーンが凝縮され、フィクションのような面白さを感じながら見ることができた。
極悪組長を演じるマ・ドンソクの存在感はバイオレンスというより「不動なお兄さま」のような優しさとドスの効いた迫力があった。
そんな組長の存在(意志)は最後まで見逃せない展開となっている。

落ち着きのない暴力刑事を演じるキム・ムヨルと組長が手を組まざるを得なくなってきてからの駆け引きも面白い。
立場と展開は全然違うが「ルパンと銭形警部」が休戦をして手を組むようなノリ。
事件を追うごとに言動と表情が様変わりしていくキム・ヨヒル(刑事役)は、重たい内容を少し和ませてくれるので、暴力刑事という一言では表せない重要な役柄であることを実感した。

異様なコンビである2人のターゲットは、たった1人の連続殺人鬼。なぜその殺人鬼を通して組長と刑事が重なったのか?その理由は序盤の時点でわかるが、見逃さないようにしていただきたい。

連続殺人鬼を演じるキム・ソンギュの異質な笑みも印象的で、全く違った3人の個性が本作に滲み出ており、それぞれが自分の面子を賭けて戦っていく。
怒らせると誰が1番怖いのか?
バイオレンスというよりも「駆け引き」が最後まで気になる爽快劇だった。
vshoaoe
vshoaoe
これは韓国版の「日本で悪いやつら」なんだな。
って思って見てたけど、違った。

ただの怖かっこいいヤクザのマ・ドンソク映画でした🤩
rwdcrs
rwdcrs
ネタバレ! クリックして本文を読む
マ・ドンソクは、髭をたくわえればマサ斎藤(故人=プロレスラー)だ。

刑事とヤクザが共同で無差別殺人鬼を追うという、B級劇画調のA級アクション。
ヤクザのボス役マサ斎藤は、登場場面からド迫力のインパクト。そういえば、越中詩郎というプロレスラーは人間サンドバッグと呼ばれたなぁ…
かつてゾンビたちをバッタバッタとなぎ倒した豪腕は、今度はヤクザどもをぶちのめす。得意の乱闘でマサ斎藤の肉体が躍動する。

主人公の熱血はみ出し刑事テソク(キム・ムヨル)は警察の捜査方針から逸脱して犯人を追いたい。もう一人の主人公ヤクザの組長ドンス(マサ斎藤)は自分を襲った殺人鬼を始末したい。
刑事側は非公認の捜査で、ヤクザ側はボスの号令一下の公式ミッションだから、ヤクザの組織力が発揮されることになるところが非常に面白い。
この両者には利害が一致する面と対立する面がある。逮捕して法で裁きたい刑事に対して、自分の手で殺したいヤクザ。連携して捜索はするが、先に捕らえた方がその処分を決める約束が成立する。
犯罪者と刑事がコンビを組む他のバディームービーとは、一線を画すところだ。
この対立点の決着のさせ方が、また秀逸。

反体制の刑事と、堅気衆には手を出さない極道。
男心を鷲掴みにするシーンが連続する。
殴り合って友情を固めるなんてできっこない、ひ弱な男が憧れる世界だ。
調査の結果をテソクとドンスが聞く場面は、まるで合同捜査本部のようで面白い。そこで、無礼な部下を殴り倒すテソクをドンスがニヤリと見やる。仁義を通す流儀が自分と同じだ(似てきた?)と感じたからだろう。
一斉ゲリラ捜索が開始される時、「情報を刑事さんに報告しろ」という指示が組員に出されるあたりも痛快だ。
そして、いよいよ殺人鬼を追い詰めるシーンが圧巻。狭く入り組んだ路地を使って逃げる殺人鬼と、追うテソクとドンスとその側近。夜の暗い路地をそれぞれが全力で走る。待ち伏せに合ったドンスの側近が致命傷を追う。駆けつけたドンスに自分のことよりも殺人鬼を追ってくれと言う。男の涙腺を刺激する演出だ。

殺人鬼の私生活がほんの少し見せられるが、人物像が分かる訳ではなく意味がないように思ったし、なぜ営利誘拐を起こしたのか(金が欲しいからだろうけど)唐突感は否めない。
一方で、対立ヤクザに二人が襲われた大乱闘の後、テソクが相手が死んだことで慌てるエピソードはリアリティがあった。後は任せろとドンスが死体処理をするが、大抵のアクション映画は殺しっぱなしだ。

スタローンがリメイク権を得たとか。
自身が演じるかどうかは知らないが、アメリカが舞台となると、銃撃戦を避けて肉弾戦中心にできるだろうか…手腕に期待したい。

共有する

関連ニュース

関連映画

惡人 悪人 惡人 悪人

劇情  日本
09月11日 2010 劇場で

隠し砦の三悪人 隠し砦の三悪人
プロット  日本
12月28日 1958 劇場で

悪徳(1955) 悪徳(1955)
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

ゾンビ伝説 ゾンビ伝説
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

幻遊伝 幻遊伝
プロット  台湾・日本合作
08月26日 2006 劇場で

悪の偶像 悪の偶像
プロット  韓国
06月26日 2020 劇場で

ニューリリース