紅い服の少女 第一章 神隠し

6.4/10
合計17件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   93分
言語   まだ情報はありません
地区   台湾
書かれた   ジェン・シーゲン
劇場で   09月30日 2022
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 180

レビュー  |  共有する 

紅い服の少女 第一章 神隠し プロット

1990年代の台湾で多くの憶測を呼んだ怪奇事件「紅い服の少女」をベースにしたホラー。不動産屋に勤務し、祖母と2人で暮らすジーウェイ。ある日、祖母の友人が山でのハイキング中に失踪する。祖母は友人の安否を心配していたが、今度はその祖母が失踪してしまう。心配するジーウェイに、突然カメラが送られてくる。そのカメラには、ハイキングを楽しむ老人たちについてくる「紅い服の少女」の姿が映されていた。やがて、ジーウェイまでも行方をくらます異常事態に、ジーウェイの交際相手でラジオDJのイージュンは、人を惑わす魔物「魔神仔(モーシンナア)」の仕業ではないかと疑いの念を抱きはじめる。「台北セブンラブ」のアン・シューが主人公イージュン役を演じる。「目撃者
闇の中の瞳」「The Soul 繋がれる魂」で知られるチェン・ウェイハオ監督の長編初監督作。

紅い服の少女 第一章 神隠し オンライントレーラープレイ

紅い服の少女 第一章 神隠し 俳優

紅い服の少女 第一章 神隠し Related

i aiオンラインで映画を見る
i ai
プロット  日本
03月08日 劇場で
ハードボイルド・レシピオンラインで映画を見る
ハードボイルド・レシピ
プロット  日本
04月26日 劇場で
医学生 ガザへ行くオンラインで映画を見る
医学生 ガザへ行く
プロット  スペイン
05月16日 劇場で
デ ジャ ヴュオンラインで映画を見る
デ ジャ ヴュ
プロット  スイス
03月08日 劇場で
地に堕ちた愛 完全版オンラインで映画を見る
地に堕ちた愛 完全版
プロット  フランス
04月19日 劇場で
COUNT ME IN 魂のリズムオンラインで映画を見る
COUNT ME IN 魂のリズム
プロット  イギリス
03月15日 劇場で
またヴィンセントは襲われるオンラインで映画を見る
またヴィンセントは襲われる
プロット  フランス
05月10日 劇場で
ソウルフル・ワールドオンラインで映画を見る
ソウルフル・ワールド
プロット  アメリカ
04月12日 劇場で
アクターズ・ショート・フィルム4オンラインで映画を見る
アクターズ・ショート・フィルム4
プロット  日本
03月03日 劇場で
瞼の転校生オンラインで映画を見る
瞼の転校生
プロット  日本
03月02日 劇場で
変な家オンラインで映画を見る
変な家
プロット  日本
03月15日 劇場で
祝日オンラインで映画を見る
祝日
プロット  日本
05月17日 劇場で

紅い服の少女 第一章 神隠しコメント(1)

Rdlwaewlyo
Rdlwaewlyo
ネタバレ! クリックして本文を読む
「べとべとさん、お先にお越し」というフレーズをご存じの方は、『のんのんばあとオレ』の水木コミックスのファンであり、またお年を召しているのかもしれない。推測の限りをお許しを... それでは本題に

オープニング・クレジットも終わり、次のテロップによると
"Mosien"- a ghost that appears as a monkey or a child.
Taking advantage of one's sense of guilt, it makes people
lose their minds...
本編では英語の"Mosien"ではなく台湾華語、いわゆるtaiwanese mandarinで"魔神仔"となっていた。

本作『紅い服の少女 第一章 神隠し』は一言では語れやしない。それは?
メーキャップのギミックを使ったアート感は平凡でもぞんざいなCGIにシナリオの展開の掴みにくい回想シーンの連発。何故か?死んだと思った人たちのヨミガエリにキャラ設定の意味不明な可笑しさ... 挙げればあげるほど映画が見えてこなくなる。その一つが...
祖母と2人で暮らすジーウェイのアパートの玄関口で守衛をしている彼の叔父にあたる爆竹おっちゃん...(中国で何故? 爆竹を鳴らすのかがこの映画を見ることでわかりました。)

むかし、ミニスカートで腰をフリフリしながら歌うお嬢さん達の歌詞ではないけど
♪ある時 謎の祈祷師で    ある時 団地の守衛さん
ある時 おバカな幽霊に   あいつはあいつは大変態~ぃ
字余りの事、そして歌手のファンの皆様、どうも、すみましぇ~ん!?

何故こんなおかしなことになるのかを考えると低予算がファクターの一つであるのはすぐに分かるとしても、その他に台湾ならではの社会的モラルや社会通念の関係から度を越した、いわゆる霊魂や幽霊に対して小馬鹿にしたようなハメをはずした表現が許されない環境に台湾映画界が置かれていると言えるのかもしれない。それは...
中国文化における死と幽霊を取り巻くタブーに由来することから、サブジェクトとしてコメントするだけで不運や悪霊を引き寄せると言い伝えられている。その事から映画でも取り上げられている高齢者に対して若者が暗に彼らを軽んじ、その事で非礼や無作法にもとれる可能性が出て来てしまう。 (あたしは台湾の人たちの考えやタブー感、風習といったものは古臭いとは受け取らずに肯定的に捉えている)たまたま、本土の中国もこの手のホラーをほとんど制作していないのも事実として。
これに関して、映画製作総責任者であるハンク・ツェンが台湾発の情報メディアに映画について語っていた。The News Lensより
“I'm well aware there aren't many Taiwanese horror movies, but if
no one wants to start, aren't we going to be stuck forever?” Tseng
told The News Lens, following the release of the film in November
2015. “Taiwanese are too afraid of failure, and a movie not working
out is enough to shake people's confidence.”

彼ハンク・ツェンのコメントをうがった視点から捉えると彼は正直に映画製作の予算を勝ち取れなかったと言っているようなもので、しかもあたしに言わせるとタブーを鋭く破ってしまうと台湾の方たちから総スカンいわゆる反感を買うためにタブーを打ち破ると言っておきながら映画自体はあくまでもソフト・ランディングを目指した台湾人向けの曖昧な映画のスレッドで収まってしまっている。
そんなの赤ちゃんに早く言葉で話しなさいと無駄な事をしているように台湾の赤ちゃんのような未熟なホラーを含めた散々くだらないホラー・フリックスから始まり、恐怖の塊のフィルムを見てきたなら、この映画を見せられてどう思うかは、「視聴者次第という事かもしれない」というふざけた投げやりな答えしか見出せないでいる。事実、2作目よりも1作目の方が質が高いという御仁がいるのも確かな事として

個人的に一番にストレスがたまったのが、映像が終始、暗いモノトーンで描かれていて、たまには日中を総天然色というカラフルでヴィヴィットにウエートを置いた息抜きのシーンも欲しくはなりました。そんなの暗くて凝り過ぎ~ぃってか?
あっ!忘れてたホラーを堕落させたジャンプ・スケアのオンパレードには... 大魔神ではないけども   怒る(ꐦ°᷄д°᷅)ゴォーー!!!