FARANG ファラン

5.0/10
合計10件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   100分
地区   フランス
書かれた   マガリ・ロシット
劇場で   05月31日
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 145

レビュー  |  共有する 

FARANG ファラン プロット

「ヒットマン」「コールド・スキン」などのジャンル映画で活躍するフランスのザビエ・ジャン監督が、容赦ないバイオレンスとゴア描写を満載に、妻と娘を殺された男の復讐劇を描いたリベンジアクション。地元の裏社会から逃れ、タイの美しいビーチへとたどり着いたフランス人の格闘家サムは、現地で出会った妻のミアと娘のダラとともに仲むつまじく暮らしていた。ホテルのポーターとして働く一方で、家族のため、そしていつか自分の店を持ちたいという夢のため、ムエタイのファイターとして危険な賭け試合に出場するサム。しかし、よそ者であり、すねに傷を持つ彼にとって、成功を収めることはなかなか難しいことだった。焦ったサムは同じフランス人の男ナロンからある仕事を引き受けるが、そんなサムを思いがけない残酷な運命が待ち受けていた。主人公サムを演じるのはキックボクシング経験者の新星ナシム・リエス。共演に「オンリー・ゴッド」「暁に祈れ」のビタヤ・パンスリンガム、「息子のまなざし」のオリビエ・グルメ。タイトルの「FARANG」はタイの言葉で、主にヨーロッパなどの西洋人を指して「よそ者、外国人」といった意味をもつ。

FARANG ファラン 俳優

FARANG ファラン Related

あこがれの色彩オンラインで映画を見る
あこがれの色彩
プロット  日本
05月10日 劇場で
YOKOHAMAオンラインで映画を見る
YOKOHAMA
プロット  日本
04月19日 劇場で
ドクちゃん フジとサクラにつなぐ愛オンラインで映画を見る
ドクちゃん フジとサクラにつなぐ愛
プロット  日本
05月03日 劇場で
見知らぬ人の痛みオンラインで映画を見る
見知らぬ人の痛み
プロット  日本
04月19日 劇場で
三日月とネコオンラインで映画を見る
三日月とネコ
プロット  日本
05月24日 劇場で
プリンス ビューティフル・ストレンジオンラインで映画を見る
プリンス ビューティフル・ストレンジ
プロット  カナダ
06月07日 劇場で
狼が羊に恋をするときオンラインで映画を見る
狼が羊に恋をするとき
プロット  台湾
06月14日 劇場で
猿の惑星 キングダムオンラインで映画を見る
猿の惑星 キングダム
プロット  アメリカ
05月10日 劇場で
倭文(しづり) 旅するカジの木オンラインで映画を見る
倭文(しづり) 旅するカジの木
プロット  日本
05月25日 劇場で
壁は語るオンラインで映画を見る
壁は語る
プロット  スペイン
06月01日 劇場で
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代オンラインで映画を見る
トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代
プロット  日本
05月31日 劇場で

FARANG ファランコメント(2)

Ngsxohmkspi
Ngsxohmkspi
タイオールロケのフランス映画。リベンジアクションならば、親子愛とか最小限に徹して、もっと過激に復習して欲しかったです。この程度の殺人シーンで「R18+」なら、ゾンビ映画も全て「R18+」ですけどね?
Pgnsiskxhmo
Pgnsiskxhmo
『ヒットマン』、『ディヴァイド』、『死霊院 世界で最も呪われた事件』など、ジャンル映画を撮る為に生まれてきたようなザヴィエ・ジャン監督作。麻薬組織に妻を殺され、娘が行方知れずとなったフランス人ムエタイファイターが、復讐の狼煙を上げるというストーリー自体はありきたりな上に、アクションのシチュエーションも『オールド・ボーイ』や『ザ・レイド』っぽい。
要はアクション描写をいかに斬新に魅せるかがカギとなるが、そういう点ではバイオレンス満載で容赦ないゴア描写に尽力した感がある。人体破壊もボカさず真正面から描き、たとえそれが自分の○○であろうとも、息の根を止める為には何でも使う…というエクストリームなDIY精神に満ちているあたりがザヴィエの面目躍如といったところか。
主役俳優は元々キックボクサーという事もあり、演技が少々野暮ったいのはやむを得ないが、それを補うかのように『オンリー・ゴッド』のタフなオッサン役が印象的なヴィタヤ・パンスリンガムが脇を固める。というか、そろそろこの人を主役にしたアクション映画が観たいぐらい。
R18レイティングゆえに、バイオレンス&グロテスク耐性が薄い人は少々覚悟して観ましょう。
なお、『ジョーズ』を観て映画監督を目指したというザヴィエの新作『セーヌ川の水面の下に』は、セーヌ川に出没した巨大ザメの恐怖を描いた、まさに念願待望の作品。こうなったらもうこの人には、ジャンル映画道をエクストリームに究めていってほしい。