6.8
 合計14件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 157

レビュー  |  共有する 

アイダよ、何処へ? プロット

「サラエボの花」でベルリン国際映画祭金熊賞を受賞したヤスミラ・ジュバニッチ監督が、1995年、ボスニア・ヘルツェゴビナ紛争の中で起きた大量虐殺事件「スレブレニツァの虐殺」の全貌と、その中で家族を守ろうとした一人の女性の姿を描いたヒューマンドラマ。国連平和維持軍の通訳として働く女性を主人公に、家族を守るため奔走する彼女の姿を通して、事件当時に何が起こっていたのか、虐殺事件の真相を描き出す。1995年、夏。ボスニア・ヘルツェゴビナの町、スレブレニツァがセルビア人勢力によって占拠され、2万5000人に及ぶ町の住人たちが保護を求めて国連基地に集まってくる。一方、国連平和維持軍で通訳として働くアイダは、交渉の中である重要な情報を得る。セルビア人勢力の動きがエスカレートし、基地までも占拠しようとする中、アイダは逃げてきた人々や、その中にいる夫や息子たちを守ろうとするが……。第77回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門出品。第93回アカデミー国際長編映画賞ノミネート。

アイダよ、何処へ? オンライントレーラープレイ

アイダよ、何処へ? 俳優

アイダよ、何処へ? 写真

アイダよ、何処へ?コメント(9)

okppfr
okppfr
1995年7月にボスニア・ヘルツェゴビナ紛争時に行われたスレブレニツァの虐殺と、家族を救おうとして通訳女性の話。

国連が安全地帯としたスレブレニツァの街とオランダ軍の駐留するUNの基地がセルビア軍に包囲された状況から話が始まるけれど、ここまでの背景や状況の説明は無く、知らないと判りにくいかも。
という自分も後にジェノサイドと認定された8000人を超える虐殺があったぐらいの浅い知識しかなかったからネットで調べてから観賞しただけだけど。

UNの通訳として働く元高校教師のアイダが、自身の家族を護るべく奔走する姿をみせていくけれど、あまりにも自身の家族さえ助かればという思いを強く感じる。

その親としてのアイダの言動は痛いほど理解出来るし、自分でもそうするだろうし、これがリアルなんだろうけれど、映画としてはアイダをメインとしてタイトルにまでして奔走する様をみせる意義があったのかと疑問が湧く。

とはいえ、民族主義の行く末の一つの形として、知るべき映画としてとても響いた。
mlvtdss
mlvtdss
旧ユーゴスラビアで起きた住民虐殺事件を取り扱つかった映画。国連軍の通訳をとして働く女性主人公が、夫と息子達を何とか虐殺から免れさせようと必死に動きまわるが、、、、。
国連軍の何と頼りないこと。日本人にある国連軍信仰を見事に打ち砕いてくれると感心する。
女優さんが一緒懸命演技しているのはわかるが、私の心に響いて来ない。なぜ、なんだろう。日本から遠い東欧で起きたことだからだろうか。
Siouncleideed
Siouncleideed
「私たちはリストに載っている」。そう必死に主張するアイダの姿に尽きる映画だった。
まさか身内贔屓(ひいき)がテーマとは。
あらかじめネットで簡単に調べたが、詳しい予備知識は必要なかった。

難民、国連軍、セルビア人の三者を描くためには、アイダ(と夫)は絶好の立場にいる。
しかし、彼女の立場を通して、戦場の混乱と悲劇の「現代史」を描き出すというよりは、その“特権的立場”を使って、もがく女性の「個人的なストーリー」にすぎなかったのは残念だ。

ただ、センシティブなテーマゆえに映画で描けないことがあり、また、監督のインタビューを見ると各方面からの協力も得られなかったらしく、いろいろと制作には制約が多かったのだろう。
だから、個人的な範囲内にストーリーを収めざるをえなかったのかもしれない。

セルビアに騙される難民、無力な国連軍、弱腰なNATO。
“再現ドキュメンタリー”と言っても良いリアリティは、素晴らしかった。
Rmaosufadw
Rmaosufadw
In looking at dreadful moments in European history, it's interesting that the Balkans' 90's conflicts are overlooked by cinema. Quo Vadis, Aida? (good luck remembering that title if you haven't studied Latin) might be the first drama I have seen about the Bosnian War. It's the cousin to Hotel Rwanda, portraying the UN's shortcomings in solving humanitarian crises at the time. A must-watch for all.
Rpstoetpen
Rpstoetpen
ボスニア紛争のことは知っていて、その背景とか詳細な事柄などは結構知らないもので、こんな酷いことが本当にあったのかと信じられない思いで、ただ見つめていたような気がします。
難しい内容ながら、しっかりとした映像が視覚を引きつけるような印象です。
人間的の行動は短絡的で訳分からないことが多すぎるものと痛感させられると同時に、やっぱこれは本当に起こったことなのかと疑問に思ってしまう。でも、この作品のような行いは、過去に見られることであり、きっと無くならないだろうという悲哀を感じながら─・・・

共有する

関連ニュース

関連映画

何処へ(1964) 何処へ(1964)
プロット  日本
06月18日 1964 劇場で

続・何処へ 続・何処へ
プロット  日本
03月12日 1967 劇場で

アドベンチャーランドへようこそ アドベンチャーランドへようこそ
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

パレードへようこそ パレードへようこそ
プロット  イギリス
04月04日 2015 劇場で

書を捨てよ町へ出よう 書を捨てよ町へ出よう
プロット  日本
04月24日 1971 劇場で

処女 処女
プロット  フランス
03月21日 2003 劇場で

ニューリリース