6.9
 合計14件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 166

レビュー  |  共有する 

不思議惑星キン・ザ・ザ プロット

1986年、ソビエト連邦時代のジョージア(グルジア)で製作され、当時のソ連で大ヒットを記録した脱力系SFコメディ。ある日、建築技師のマシコフは、「あそこに自分は異星人だという男たちがいる」と困った様子の学生ゲデバンに助けを求められる。異星人など信じられないマシコフが、その男たちが持っていた空間移動装置のボタンを押すと、次の瞬間、マシコフとゲデバンは地球から遠く離れたキン・ザ・ザ星雲のプリュク星へとワープしていた。そこでは何故か地球のマッチが超貴重品で、2人はマッチの価値を利用してなんとか地球へ帰ろうとするのだが……。日本でもカルト的人気を誇り、89年に都内の劇場で行われた「ソビエトSF映画祭」で初めて紹介された後、2001年にニュープリント版、16年8月にデジタルリマスター版で公開。21年5月にはアニメ版「クー!キン・ザ・ザ」の公開にあわせ、実写版の本作も4度目の劇場公開を果たす。

不思議惑星キン・ザ・ザ オンライントレーラープレイ

不思議惑星キン・ザ・ザ 俳優

不思議惑星キン・ザ・ザ 写真

不思議惑星キン・ザ・ザコメント(20)

Igsknoxmshp
Igsknoxmshp
たまに多国籍パブに呑みに行くのだが、ロシア娘が居たら本作知ってるか聞く事にしている。

驚く事に、今の所"知ってる!"と答えが帰って来る確率が約80%というオレ統計が出ている!

そして、知ってると答えた娘の前で『クー』ポーズをやるとウケるのだよ、鉄板で!!
hnkpuf
hnkpuf
なんぞこれwっていう。
独特な雰囲気を持った映画でした。

みんなにオススメできる、とは言い難いですがしっかりとSFしていました。

クー万能すぎw
Nuprieexceteec
Nuprieexceteec
"マッドマックス"のような世界観も感じるが何とも愛嬌のある癒され感と萌え感と全てが笑える。

深刻な筈の絶望的な状況に陥る二人の主人公だが観ているコッチは何らそんな気持ちで鑑賞することも無く不思議な世界観に面白い設定に和んでしまう。

SFと言われればそうなのだろうけれど奇想天外なストーリーに細かい設定に"クー!"

難しく?知的で?使う用語が豊富で戸惑うがとにかく不思議な連中に翻弄される地球人の生還するまでのハラハラ、ドキドキも含んだ和んで癒される"クー!"な映画。
Mhokxpsgnis
Mhokxpsgnis
クウ〜
思いがけなく空間移動装置を押してしまった男が二人でワープして、クーとしか言わない異星人たちと仲良くなりながら、時に服従させられたりして、なんとか地球に戻ろうと奮闘するお話。
ファンタジックな愛すべき異星人がとっても可愛かった!
mqwbsk
mqwbsk
この映画はナンセンスなセンスが最高に良い。奥に秘めた人種差別テーマも普遍的。男の友情もあり、映画としてキチンと成り立っている。編集や美術技術も秀逸。
美しい砂漠に不思議な存在感の登場人物達の予想できない展開。これはとても印象に残る映画を見せてもらった。