6.9
 合計14件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 153

レビュー  |  共有する 

ザ・バッド・ガイズ プロット

「新感染
ファイナル・エクスプレス」「悪人伝」の人気俳優マ・ドンソク主演によるアクション。囚人たちを乗せた護送車が、覆面武装集団に襲撃される事件が発生し、多くの凶悪犯罪者がふたたび野に放たれてしまった。警察の上層部は逃亡した凶悪犯たちを再び捕まえるため、元警察官のオ・グタクに指令を出し、重大な罪を犯して刑務所に収監されている服役囚たちを集めた極秘プロジェクト「特殊犯罪捜査課」を始動させる。オ・グタクは「伝説の拳」と恐れられているパク・ウンチョルを仲間に引き入れ、天才詐欺師のクァク・ノスン、犯人逮捕で過失致死に問われた元警察官のコ・ユソンらを、減刑を条件にチームに勧誘し、凶悪犯たちを追い詰める。しかし、この事件の背後には国家を揺るがす謎の組織が暗躍していた。ウンチョル役をドンソクが演じるほか、キム・サンジュン、キム・アジュン、チャン・ギヨンらが顔をそろえる。

ザ・バッド・ガイズ オンライントレーラープレイ

ザ・バッド・ガイズ 俳優

ザ・バッド・ガイズ 写真

ザ・バッド・ガイズコメント(6)

pwbfdjb
pwbfdjb
キム・アジュンが見たくて映画館に出かけた。
内容は凡庸だが、コロナ下にスッキリしたい人には悪くないかも。
Hmkpsnxsigo
Hmkpsnxsigo
ネタバレ! クリックして本文を読む
ー 韓国の極悪人を乗せた護送車が何者かに襲われ、囚人たちは逃げ出す。その中には、韓国マフィアのキーパーソン、サンシクもいた・・。ー

■感想
・前半は、ストーリー展開が、粗い。
逃げ出した囚人たちを捕らえるために、韓国警視庁のオム次長は、元警官で今は癌に侵されているオ・グタク(キム・サンジュン)を班長として、剛腕パク・ウンチョル(マ・ドンソク)、元警官で犯人を殺してしまったコ・ユソン(チャン・ギヨン)、女詐欺師ノスン(キム・アジュン)を”特別犯罪捜査課”のメンバーとして招集するが・・。
ー 次から次へと展開するストーリーの流れが、粗くて早くて、付いて行くのに苦労する。もう少し一人一人の人物を掘り下げて描いて欲しかったなあ・・。ー

・オム次長の正体が露わになる辺りから(予想は付いたけど・・)、韓国アクションを楽しむ。
ー マ・ドンソクの右フック、アッパーは、流石の迫力である。
又、”幽霊の足”とパク・ウンチョル(マ・ドンソク)に呼ばれる男の後ろ廻し飛び蹴りの連続技など、見応えがある。ー

・そして、韓国マフィアを裏で操っていたのは・・。
ー 暴力団感がないなあ・・。組長は、もっと威厳があるんじゃないの?と突っ込みながら鑑賞。ー

<この作品レベルで韓国の観客動員数一位って、フェイクじゃないの??と思いつつ、マ・ドンソクの剛腕と、韓国映画のアクションを”割り切って”楽しんだ作品。
けれど、そろそろマ・ドンソクの”剛腕路線”はネタが尽きてきているのではないかな・・、とも思ってしまった作品でもある。>
Nuprieexceteec
Nuprieexceteec
韓国のテレビドラマ「バッドガイズ-悪い奴ら-」の映画化。昨年日本公開のマ・ドンソク主演作「悪人伝」は、ヤクザのボスが自分を襲った謎の連続殺人犯を追うため、悪徳刑事と手を組む話だった。本作も「悪をもって悪を討つ」という点で共通する。DCコミックスのヴィランを集めた「スーサイド・スクワッド」の生身の人間版という言い方もできるだろうか。

今回ドンソクが演じるのは、かつて拳一つでソウルを掌握して「伝説の拳」と呼ばれ、現在収監中のパク・ウンチョル。囚人移送車の襲撃事件により逃走した多くの凶悪犯を再び捕まえるため、ウンチョルら服役囚は減刑を条件に特殊犯罪捜査課に招集される。エリート警察官だったが逮捕の際に犯人を殺してしまい、やはり収監中の身だったコ・ユソン。分析力に優れた女詐欺師のクァク・ノスン。リーダー格は元刑事で重い病を患うオ・グタク。

このチーム4人のキャラクターがよく立っている上に、アクション面でもウンチョルが鉄拳・肉弾、ユソンが俊敏、ユソンが軽快、グタクが銃撃ちまくり、といった具合にうまくスタイルが分かれている。移送車襲撃を画策した闇組織のアジトにチームが乗り込む終盤のハイライトで、大勢の敵を4人(+助っ人1人)がバッタバッタとなぎ倒す痛快さは格別だ。

マ・ドンソクの役が武闘派なのに女性が苦手な一面もあったりとか、「カンナさん大成功です!」のキム・アジュン扮するノスンが口八丁手八丁でチーム入りしたりなど、時折挿入される笑いもほどよい息抜きになっている。
Irocledbnmm
Irocledbnmm
期待を裏切らない。この人が立ち向かうとどんなヤバい相手でも安心して見ていられる。今作も大丈夫でした。殴られても刺されても大丈夫、たのもしい。話に新鮮味はないけれど、相変わらずなワイロ悪徳警官やら密売組織やらの抗争に務所あがりのバラバラチームの正義の味方達はみていて楽しめる。ヤクザ達のキャラ背景の弱冠な反日感がなんか微妙だけど…。
Nsogphsxikm
Nsogphsxikm
ネタバレ! クリックして本文を読む
The real boss of the Junggu Clan is the boss of Yoshihara-kye, a
branch of Yamaguchi-gumi.
- Yakuza?
Backed by extreme right power, Yoshihra started a war against
Yamaguchi, Japan's largest yakuza. After 7 years, Yoshihara
subjugated the yakuza world like Toyotomi Hideyoshi did centuries
ago. After taking over Japan, he turned his sights outwards, with
enormous money at his disposal.
- So they're basically like a K-pop band.
演劇は昔、興行主がいた。今、NHKの朝の連ドラは反社会的暴力組織の素振りも見せないフェイクなのが分かるかもしれない。よくぞ、固有名詞を出したコリアン・パワーを認めざるをえない映画として、日本でもバンバンと固有名詞を出してほしいけど、あの一族がいる限り、日本は曖昧のままで汚染された国として他国からバカにされ続けるって、ネトウヨみたいな発言。

マ・ドンソクらしい映画だけれども、この映画の女性は映画を台無しにしているし、テンポを悪くしている...

マ・ドンソクが日本語をしゃべるって興醒めってか? いやいや、日本のヤーさんよりは日本語が上手です。  その馬鹿馬鹿しさが、コリアン・パワーのシンボルとなっている。  暴力専用映画として

共有する

関連ニュース

関連映画

マイ スウィート ガイズ マイ スウィート ガイズ
プロット  アメリカ
02月10日 2001 劇場で

バッド・ヘアー バッド・ヘアー
プロット  アメリカ
02月12日 劇場で

バッド・ムービー バッド・ムービー
プロット  韓国
09月02日 2000 劇場で

バッド・チューニング バッド・チューニング
プロット  アメリカ
11月05日 2016 劇場で

バッド・ルーテナント バッド・ルーテナント
プロット  アメリカ
02月27日 2010 劇場で

ビッグ・バッド・ママ ビッグ・バッド・ママ
プロット  アメリカ
02月28日 1976 劇場で

ニューリリース