彼女と彼(1963)

6.7/10
合計12件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   117分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   清水邦夫
劇場で   10月18日 1963
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 124

レビュー  |  共有する 

彼女と彼(1963) プロット

清水邦夫と「充たされた生活」の羽仁進が共同でオリジナル・シナリオを執筆、羽仁進が監督した社会ドラマ撮影もコンビの長野重一。

彼女と彼(1963) 俳優

彼女と彼(1963) Related

奇跡の子 夢野に舞うオンラインで映画を見る
奇跡の子 夢野に舞う
プロット  日本
02月23日 劇場で
熱のあとにオンラインで映画を見る
熱のあとに
プロット  日本
02月02日 劇場で
ソウルメイトオンラインで映画を見る
ソウルメイト
プロット  韓国
02月23日 劇場で
つ。オンラインで映画を見る
つ。
プロット  日本
02月24日 劇場で
ザ・パイロットオンラインで映画を見る
ザ・パイロット
プロット  ロシア
02月16日 劇場で
劇場版 君と世界が終わる日に FINALオンラインで映画を見る
劇場版 君と世界が終わる日に FINAL
プロット  日本
01月26日 劇場で
夜明けのすべてオンラインで映画を見る
夜明けのすべて
プロット  日本
02月09日 劇場で
ジェントルマンオンラインで映画を見る
ジェントルマン
プロット  韓国
02月09日 劇場で
復讐のワサビオンラインで映画を見る
復讐のワサビ
プロット  日本
02月09日 劇場で
瞳をとじてオンラインで映画を見る
瞳をとじて
プロット  スペイン
02月09日 劇場で

彼女と彼(1963)コメント(1)

Ceitsgenran
Ceitsgenran
ある日、伊古奈を家の玄関先まで入れたとき、夫の麻雀大会での優勝カップが盗まれた。それをクズ屋に売った伊古奈。本人に問いただすと、あやまりもせず、「違う、拾った」とだけ・・・

マンモス団地のゴミ捨て場。分別されている空き缶などを拾っていくバタヤの住人たち。中流階級意識を持った団地の住人たちと、なんとか共存している感のある地域だが、物騒だからといって団地と部落の間に柵を作ろうと計画されていた。やがて、伊古奈を頻繁に部屋に入れたり、盲目の花子を病院に連れていったりと、どんどん交流を深めていく直子(左)。夫の英一(岡田)も同級生ということで、最初は同情的だったし就職も世話しようとしたが徐々に妻の行動に鬱陶しくなってきた。

そんな折、バタヤ部落の敷地にゴルフ練習場を建設する計画が持ち上がる。住民たちは次々と去っていったが、伊古奈は残っていた。そして、ガキどもがクマを悪戯し、殺してしまった。クマを探し回る伊古奈。直子も探す。犬は息絶えていた・・・悲しみにくれる伊古奈は泣きながら立ち去っていった・・・

コンクリートの部屋に夫と寝ながらも孤独を感じる直子。彼女は満州の引揚者であり、かなりの苦労を経験していたのだ。子どもの面倒を見るのが好きだが、2人の間には子どもは未だいない。生きている実感というものがコンクリートのアパートでは見いだせず、伊古奈と少女の面倒をみることで実感できたのだろう。中流階級と貧困層との狭間を描いてはいるが、部落差別のような偏見は際立ってはいない。伊古奈と関わってる彼女に対し中傷やいやがらせを目立たせるともっと社会派ぽくなったかもしれない・・・

ラストは、また退屈な日常に戻り、ベッドの中で眠れない直子の映像で終わるが、そこでのブラックアウトが妙にシュール。