7.4
 合計20件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 107

レビュー  |  共有する 

マルモイ ことばあつめ プロット

1940年代の日本統治下の朝鮮半島で言語が朝鮮語から日本語に変わり、名前も日本式となっていく中、母国語を遺したい思いで全国の言葉・方言を集めた「マルモイ(ことばあつめ)作戦」の史実をベースに描いたドラマ。親日派の父親を持つ裕福な家で育ったジョンファンは、失われていく朝鮮語を守るために朝鮮語の辞書を作ろうと各地の方言などあらゆる言葉を集めていた。盗みなどで生計をたてていたパンスは、ジョンファンのバッグを盗んだことをきっかけに、ジョンファンとかかわるようになる。学校に通ったことがなく、朝鮮語の読み書きすら知らなかったバンスはジョンファンの辞書作りを通して、自分の話す母国の言葉の大切さに気づいていく。「タクシー運転手
約束は海を越えて」の脚本家オム・ユナが初監督と脚本を担当。バンス役を「ベテラン」「王の男」のユ・ヘジン、ジョンファン役を「犯罪都市」「ゴールデンスランバー」のユン・ゲサンが演じる。

マルモイ ことばあつめ 俳優

マルモイ ことばあつめ 写真

マルモイ ことばあつめコメント(20)

hjvxno
hjvxno
ユ・へジンは寅さんみたい。

まるで山田洋次作品のように
コメディーから感動に向かう展開で
しっかり泣かされてしまった。

1940年代、日本統治下で弾圧された朝鮮語使用。
1988年ソウルオリンピックの前に町から消えた漢字。

母国語を愛し国を愛し人を愛する朝鮮民族の闘いは
まだまだ続く。
愛のために。
民族のために。

日韓関係がこじれている今だからこそ
観ておくべき作品。

にしても、
日本人メチャワルモノw

中国、韓国映画では定番ですが。
myegvym
myegvym
わかりやすくて、良い作品だ。言語を尊ぶ姿勢は当然のことであり、それを弾圧することすら全く無理な話しである。占領したもの勝ちで、後は何でもありなどとはお話しにならない。民族の弾圧など決してやるべきではないのだ。しかし、朝鮮半島を植民地にしていた頃から100年ほど経つにもかかわらず、現代日本人の人権意識の低さは劇中の暗い時代と何ら変わらないのには、相当うんざりする。映画も去ることながら、現代日本の凋落には歯止めが効かない。隣国である韓国や中国、厳しい環境の香港でさえ、未来がある。日本には、もはや過去の残像に縋ることくらいしかない。経済的にも、文化的にも、誇れるものは無くなってしまった。惨めな未来だけが陽炎のように揺らいでいる…
jnrusx
jnrusx
統治下、日本に隠れて辞書作りましたって話。

最後の最後、展開はまあまあよかったけど、ただ日本に隠れて辞書作りましたってだけの内容だから、面白みにとにかくかける。この内容で2時間??と。

地下で隠れて色々やって、表向きは違うことやる。こんな話、何万、何億と誰もが観てきただろう。

惰性で最後まで観たには観たが、98%くらいは観た事ある内容、かろうじて良いのは、過度な反日要素にずれてはいなく、ただ事実を述べたような展開なのは観やすいといったところ。ただ、悪逆な日本人役の人、すごいイキイキした演技していたけど。

いい話だけど、98%くらいは見たことある話。新鮮さはありません。
ntsziqs
ntsziqs
面白かったです。
かなり泣かされました。

タクシー運転手の脚本の人が監督ということで、
確かにテイスト似てるかもです。
話の展開が上手ですねー

史実にエンターテイメントを程よく混ぜて
最初に笑わせておいて、
後半、グッと本題に迫っていくところ。
持っていかれちゃいます。

日本人があまり知らない(私だけ?)歴史。
戦争は本当にイヤ。

言葉で心を守るというのも、何かいい。
普段、何の気なしに話している言葉には、
色んな意味合いが含まれているということに
気づかされる。
slunia
slunia
マルモイ ことばあつめは今年、一番観たかった映画で来週で私が住んでいる所の映画館では来週で終了と言う事で鑑賞したが、期待通り文句なし素晴らしかった。今年のベスト映画候補でもあり、何度も観たい韓国映画の一つにあげたい。さすが、監督がタクシー運転手約束は海を越えての脚本家。個人的にはダブル主演だと思っているが、ユン・ゲサンとユ・ヘジンの二人のやり取りが最初はぎこちなかったが、段々と朝鮮語の辞典を作り祖国のためにお互いが協力し合うあたりから呼吸があってくる演技は素晴らしかった。ラストシーンは辛かったが、朝鮮語辞典が戦後、日本から独立した戦後韓国で完成したシーンは印象に残った。この映画は切り口が多い。一つは朝鮮語編纂の歴史背景、もう一つは日本が植民地化した朝鮮の時代背景、創始改名、京城小学校での日本語教育のシーンや小学生が軍隊の行進して当時の日本の戦意高揚映画を鑑賞するシーンなど近現代史からの視点など切り口が多い。この映画を観て思ったのは、今の日本と韓国・北朝鮮との関係や問題、歴史認識など現代の問題ともリンクする映画だと思う。今年のベスト作品に上げたいぐらい。朝鮮語、韓国語を勉強されている方や両国と関わるビジネスをされている方にぜひ観てもらいたい映画。また、この映画はぜひ若いKPOPファンには観てほしい映画。KPOP歌手はなぜ、日本語で歌うよりも自分の母国である韓国語で歌うと自信をもって堂々とステージをこなすか。当時の歴史背景やこの映画を観れば納得できるはず。GOT出身のユン・ゲサンの演技を観て痛感。今年の韓国映画のベスト作品にあげたいです。

共有する

関連ニュース

関連映画

七個隆咚鏘咚鏘 七個隆咚鏘咚鏘

喜劇,愛情,中國,2012,韓兆,中國電影,勵志的喜劇,難得的佳作。,內地  中國大陸
01月25日 2012 劇場で

Here Comes Cookie Here Comes Cookie Here Comes Cookie
喜劇,音樂  美國
01月01日 1935 劇場で

科科和幽靈 Koko and the Ghosts 科科和幽靈
Koko and the Ghosts
家庭,兒童,冒險  克羅埃西亞
07月16日 2011 劇場で

飛行之夢 飛行之夢

劇情,兒童  美國
01月01日 2000 劇場で

科学怪人 Frankenstein 科学怪人
Frankenstein
科幻,恐怖  美国
11月21日 1931 劇場で

ニューリリース