ハント

7.0/10
合計10件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   125分
言語   韓国語
地区   韓国
書かれた   イ・ジョンジェ
劇場で   09月29日 2023
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 177

レビュー  |  共有する 

ハント プロット

Netflixの大人気ドラマ「イカゲーム」で主人公を演じたイ・ジョンジェが脚本を手がけて自らメガホンを取った監督デビュー作で、20年来の友人でもあるチョン・ウソンとともにダブル主演も務めたスパイアクション。1980年代の韓国。安全企画部(旧KCIA)の海外班長パクと国内班長キムは、機密情報が「北」に漏れたことから、組織内にスパイがいることを告げられる。組織内の人間全員が容疑者という状況の中、パクとキムはそれぞれ部下とともに捜査を開始する。二重スパイを見つけなければ自分たちが疑われるという緊迫した状況下で、スパイを見つけ出すことができないパクとキムは互いの動向を監視するようになり、次第に対立を深めていく。そんな中、大統領暗殺計画が発覚し、その緊張は頂点に達する。イ・ジョンジェがパク、チョン・ウソンが対立するキムをそれぞれ演じる。

ハント 俳優

ハント Related

あこがれの色彩オンラインで映画を見る
あこがれの色彩
プロット  日本
05月10日 劇場で
告白 コンフェッションオンラインで映画を見る
告白 コンフェッション
プロット  日本
05月31日 劇場で
猿の惑星 キングダムオンラインで映画を見る
猿の惑星 キングダム
プロット  アメリカ
05月10日 劇場で
美しき仕事オンラインで映画を見る
美しき仕事
プロット  フランス
05月31日 劇場で
かくしごとオンラインで映画を見る
かくしごと
プロット  日本
06月07日 劇場で
プロミスト・ランドオンラインで映画を見る
プロミスト・ランド
プロット  日本
06月29日 劇場で
大阪カジノオンラインで映画を見る
大阪カジノ
プロット  日本
04月20日 劇場で
家出レスラーオンラインで映画を見る
家出レスラー
プロット  日本
05月17日 劇場で
マグダレーナ・ヴィラガオンラインで映画を見る
マグダレーナ・ヴィラガ
プロット  アメリカ
05月10日 劇場で
リンダとイリナオンラインで映画を見る
リンダとイリナ
プロット  フランス
06月15日 劇場で
劇場版 おいしい給食 Road to イカメシオンラインで映画を見る
劇場版 おいしい給食 Road to イカメシ
プロット  日本
05月24日 劇場で

ハントコメント(20)

Ogspnishmxk
Ogspnishmxk
2023年劇場鑑賞226本目。
スパイ探しで罪のない人をなんの躊躇もなく拷問するばかりか、最初から違うとわかっている人まで手柄を作るために拷問で虚偽の自白をさせようとするのは最早無能。意味ないじゃんそれ・・・。

とにかく冤罪と射殺される人が多くて、マジでこの国嫌いだわってなりました。日本で何してくれとんねん。この一本前に観た沈黙の艦隊のなんと平和なことよ・・・。
Esdixepenvlea
Esdixepenvlea
そんなのありか? と叫びたくなるくらい、自分の予想をはるかに超えた陰謀が錯綜する。

全斗煥独裁政権へのアレルギーは、いまだにすごいと見えて、全斗煥大統領は基本的に悪として描かれる。

KCIAの後継組織となる国家安全企画部の国内組、国外組の両次長が主導権を争っている中、アメリカで全斗煥の暗殺未遂事件が発生する。
北朝鮮が首謀したと見るのが自然で、大統領の極秘スケジュールを漏らした内通者の突き止めるために両次長が火花を散らす。

北朝鮮以外にもクーデターを計画している組織が現れるなど、事態は混沌としたまま、例の爆破テロ事件へ。
場所は、ビルマからタイに変えられているが、このシークエンスが、めちゃくちゃ見応えがある。武器も爆弾も盛りに盛って超ド派手な戦闘が繰り広げられる。
こんな大事な事を、ここでバラすか? なんていう三文芝居もありながら、事態の行く先は全くわからない。

冷静なれば荒唐無稽に思えるストーリーでも、鑑賞中はリアリティを感じる。その辺は、大変上手くできた作品でございます。
Omxikhnssgp
Omxikhnssgp
韓国安全企画部の海外担当のパクと国内キムがそれぞれ対立している。そしてそれぞれが班長でありながら、果たすべき目的を持っています。パクとキムがすごく似ています。(汗)何回もどっちがどっちだっけになります。ストーリーは80年代の話を基にしたフィクション。恨みからの暗殺は誰も喜ばず、第三者が喜ぶだけであり、どのような行動が正しいのか?政治で上に立つ指導者を恨む映画だが、結局何を伝えたいのかわからなかった。彼らは結局何の為に生きてきたのか?パクはユジョンであるが、キムは?
Skmnsopxgih
Skmnsopxgih
結局は面白かったが韓国映画がやる政治ネタは毎度やや難解で途中理解が追いつかない。
補填で解説を希望する。
あと、主演の2人の顔が似ていて知ってる役者だから区別ついたが、知らない人はどっちがどっちか?分かりにくいかも。
スピード感あるサスペンスアクションが好きな方は避けた方がいいでしょう。

それにしても派手でスケールある点はさすが韓国映画と言うしかない。拍手です。
Pskhosxngmi
Pskhosxngmi
韓国で俳優として30年近いキャリアを築き、Netflixのドラマ「イカゲーム」主演で世界的な大ブレイクを果たしたイ・ジョンジェ。そんな彼が初監督で初脚本、さらにダブル主演も務めた「ハント」の高い完成度ととてつもない熱量に圧倒される。

もともと韓国映画界は実際に起きた事件を題材にサスペンスやドラマの娯楽作を仕立てるのが得意という印象があるが、本作もしかり。ストーリーの背景や前景となるのは、全斗煥が軍の実権を掌握した1979年の粛軍クーデターと大統領就任の足掛かりにした1980年の光州事件、1983年の北朝鮮軍飛行士イ・ウンピョンによる亡命、北朝鮮工作員が全斗煥大統領の暗殺を図ったビルマ・ラングーン爆弾テロといった重大な事件。そうした史実の点と点をフィクションの補助線でつなぐかのように、韓国情報機関に食い込んだ北朝鮮スパイをめぐる動きと、韓国内部で大統領暗殺を画策する動きを交錯させ、緊張感を維持したまま怒涛のクライマックスへとなだれ込む。

イ・ジョンジェの役どころは、安全企画部の海外班長パク。パクとライバル関係にあるのが、国内班長のキム。序盤から中盤にかけて、この2人を中心にスパイ探しの動きが話のメインになるが、後半でスパイの正体が明らかになってからのひねりが実に巧い。これを機にパクとキムの関係性も変化するのだが、2人それぞれの信念と感情もまた的確に描くことで、終盤の派手なアクションにエモーショナルな要素が加わり、一層味わい深いシークエンスになっている。

80年代の韓国政治史をある程度把握していれば、この史実と虚構を織り交ぜたサスペンスアクションに知的好奇心を大いに刺激されつつ楽しめるだろうが、そうでないとテンポの速い展開に置き去りにされてしまうかも(実際、カンヌでプレミア上映された際、外国メディアから80年代韓国政治を知らないと話についていくのが大変だと不評を買い、その後一部の台詞を録り直すなどして再編集したという)。もし本作の劇場鑑賞までに時間があるなら、光州事件を題材にした「タクシー運転手 約束は海を越えて」、全斗煥大統領時代の情報機関の活動を描く「偽りの隣人 ある諜報員の告白」などで時代背景をおさえておくと、多少は理解の助けになるかもしれない。また、時代は少し前になるが、1979年の大事件を扱った「KCIA 南山の部長たち」を観ると、かの国では情報部員が大統領暗殺を図るということが決して絵空事ではないと思い知らされるはずだ。