青春弑恋

8.4/10
合計10件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   127分
言語   まだ情報はありません
地区   台湾
書かれた   ホー・ウィディン
劇場で   03月24日 2023
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 163

レビュー  |  共有する 

青春弑恋 プロット

「幸福城市」のホー・ウィディン監督が、台北駅で発生した無差別殺人事件を軸に交錯する人々の姿を通し、Z世代の若者たちの欲望と苦悩を描いた群像ドラマ。オタクの大学生ミンリャンは、エロティックなライブ配信をするモニカに思いを寄せている。好奇心旺盛な女子高生キキは、コスプレをしてミンリャンを振り向かせようとする。長い航海から帰国した料理人シャオジャンは、カフェ店員ユーファンに恋心を抱く。ユーファンは精神的な慰めを求めて舞台演劇に熱中し、新人女優モニカと親しくなる。モニカが消し去りたいと思っている過去をミンリャンは気にしないが、モニカはミンリャンのことを知らない。やがて、悪夢のような惨劇が起こり……。主演は「恋の病
潔癖なふたりのビフォーアフター」のリン・ボーホン。2021年・第34回東京国際映画祭「ワールド・フォーカス」部門では「テロライザーズ」のタイトルで上映された。

青春弑恋 俳優

青春弑恋 Related

WILLオンラインで映画を見る
WILL
プロット  日本
02月16日 劇場で
夜明けのすべてオンラインで映画を見る
夜明けのすべて
プロット  日本
02月09日 劇場で
18歳のおとなたちオンラインで映画を見る
18歳のおとなたち
プロット  日本
03月01日 劇場で
ザ・キッチンオンラインで映画を見る
ザ・キッチン
プロット  イギリス・アメリカ合作
01月19日 劇場で
ザ・パイロットオンラインで映画を見る
ザ・パイロット
プロット  ロシア
02月16日 劇場で
フィリピンパブ嬢の社会学オンラインで映画を見る
フィリピンパブ嬢の社会学
プロット  日本
02月17日 劇場で
セマンティックエラー・ザ・ムービー 前編オンラインで映画を見る
セマンティックエラー・ザ・ムービー 前編
プロット  韓国
01月12日 劇場で
ビヨンド・ユートピア 脱北オンラインで映画を見る
ビヨンド・ユートピア 脱北
プロット  アメリカ
01月12日 劇場で
ピッグダディオンラインで映画を見る
ピッグダディ
プロット  日本
02月02日 劇場で
セマンティックエラー・ザ・ムービー 後編オンラインで映画を見る
セマンティックエラー・ザ・ムービー 後編
プロット  韓国
01月26日 劇場で
つ。オンラインで映画を見る
つ。
プロット  日本
02月24日 劇場で
ダム・マネー ウォール街を狙え!オンラインで映画を見る
ダム・マネー ウォール街を狙え!
プロット  アメリカ
02月02日 劇場で

青春弑恋コメント(1)

Inxgkpmssho
Inxgkpmssho
舞台女優のユーファンがバイトをしている喫茶店にやってきたのは元船上シェフのシャオジャン。昔ユーファンに告白したことがあるシャオジャンは、議員をしている父の再婚披露宴の後物憂げにスマホを見つめているユーファンに声をかけ少しずつ二人の距離は近づいていく。ユーファンが父と暮らす家には資産家の息子ミンリャンが同居しているが、ニートのミンリャンはVRゲームとネットで話題のAV女優モニカに夢中になっている。そのモニカは実はユーファンが所属している劇団の女優でユーファンの親友。一方のミンリャンに一方的に恋をしている女子高生キキはシャオジャンがバイトしている中華料理店の娘、普段はおとなしいが、実はゴリゴリのコスプレイヤーで、キキに夢中になっている男子ビリーが探してきた不動産の空き物件でコスプレ撮影に興じている。そんな微妙な近距離にいる6人の思惑が交錯する中、台北駅で通り魔事件が発生する。

本作を観ている最中に真っ先に連想したのはブレット・イーストン・ハリスの原作を映画化したロジャー・エイヴァリー監督の『ルールズ・オブ・アトラクション』。登場人物がそれぞれ惹かれ合っているのにどの思いも全く報われないという残酷な不条理も、登場人物達の裏の顔をこれでもかと見せる悪趣味なまでの赤裸々もそっくり。しかし本作が更に掘り下げているのは人間の素顔とはそれを見ている人間によって異なるということ。一見どうしようもない人間であっても、別の誰かから見ればかけがえのない人間かも知れない。自分から見えている光景だけで世界が構成されているわけではないとは知りつつも、自分が見えているものだけでしか世界の良し悪しを判断出来ないなら、ちょっとボタンを掛け違えただけで悲劇はあっさりと引き起こされる。そんな無情を容赦なく描きながらもドン底を味わった人間の再生も温かく見つめている、そんな分厚いドラマでした。