オマージュ

7.0/10
合計10件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   108分
言語   韓国語
地区   韓国
書かれた   シン・スウォン
劇場で   03月10日 2023
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 139

レビュー  |  共有する 

オマージュ プロット

映画の修復プロジェクトに携わることになった女性映画監督が、フィルムの修復作業を通して自分の人生と向き合い、新たな一歩を踏み出す姿を描いた韓国の人間ドラマ。ヒット作に恵まれず、新作を撮る目処が立たない映画監督の女性ジワンは、60年代に活動した女性監督ホン・ジェウォンが残した映画「女判事」の修復プロジェクトの仕事を引き受ける。作業を進めているとフィルムの一部が失われていることがわかり、ジワンはホン監督の家族や関係者を訪ね、失われたフィルムの真相を探っていく。その過程で彼女は、今よりもずっと女性が活躍することが困難だった時代の真実を知り、フィルムの修復が進むにつれて自分自身の人生も見つめ直していくことになる。主人公ジワン役は、「パラサイト
半地下の家族」で高台の豪邸に暮らす社長一家の家政婦を演じたイ・ジョンウン。共演に「あなたの顔の前に」のクォン・ヘヒョ、「愛の不時着」のタン・ジュンサンら。2021年・第34回東京国際映画祭コンペティション部門出品。

オマージュ 俳優

オマージュ Related

水平線オンラインで映画を見る
水平線
プロット  日本
03月01日 劇場で
舟を編むオンラインで映画を見る
舟を編む
プロット  日本
03月01日 劇場で
アクターズ・ショート・フィルム4オンラインで映画を見る
アクターズ・ショート・フィルム4
プロット  日本
03月03日 劇場で
セマンティックエラー・ザ・ムービー 後編オンラインで映画を見る
セマンティックエラー・ザ・ムービー 後編
プロット  韓国
01月26日 劇場で
バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリストオンラインで映画を見る
バッド・ルーテナント 刑事とドラッグとキリスト
プロット  アメリカ
01月19日 劇場で
神探大戦オンラインで映画を見る
神探大戦
プロット  香港・中国合作
02月23日 劇場で
ノスタルジア(1983)オンラインで映画を見る
ノスタルジア(1983)
プロット  イタリア・ソ連合作
01月26日 劇場で
カムイのうたオンラインで映画を見る
カムイのうた
プロット  日本
01月26日 劇場で
コットンテールオンラインで映画を見る
コットンテール
プロット  イギリス・日本合作
03月01日 劇場で
サンパギータオンラインで映画を見る
サンパギータ
プロット  日本・フィリピン合作
02月03日 劇場で
ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人オンラインで映画を見る
ジャンヌ・デュ・バリー 国王最期の愛人
プロット  フランス
02月02日 劇場で

オマージュコメント(4)

Iohxmskspng
Iohxmskspng
世界を席巻したポン・ジュノ監督「パラサイト 半地下の家族」(2019)で、高台の豪邸に暮らす社長一家の家政婦を演じ、強烈なインパクトを残したイ・ジョンウンが、中年に差し掛かり、心と体の変化、夢と現実に苦しみながら人生と向き合っていく映画監督ジワンを繊細に演じ、失われたフィルムを探す旅に一緒に連れて行ってくれる。

またジワンの夫を、ホン・サンス監督作品の常連俳優であるクォン・ヘヒョが演じ、ドラマ「愛の不時着」のタン・ジュンサンが息子役で共演。シン・スウォン監督はこの俳優たちを得て、現在と過去、女性たちが時代を超えて連帯していく物語へと昇華した。かつて輝きながら時代に翻弄されて消えていった者たちへ、そして映画を愛する人への“オマージュ”が見る者の心を優しく包み込む。
Gtdeixceoj
Gtdeixceoj
2023年3月1日
映画 #オマージュ (2021年)鑑賞

仕事と家庭の両立は現代でも働く女性に立ちはだかる大きな壁

この韓国映画は、女性監督が昔の女性監督の作品の復元に関わることにより人生を見つめ直す映画愛に溢れた韓国版ニューシネマパラダイス

@FansVoiceJP さん試写会ありがとうございました
Nphskxsmgoi
Nphskxsmgoi
少し笑えて、少しファンタジックで、少しノスタルジック。キーとなる物語は明確にあるけれど、あまりに淡々としているためなのか、色んな要素が有りすぎるためなのか、正直結局何を・・・と思ってしまいました。面白さを感じたのも少しだけだったので、個人的にはあまり・・・といった印象の作品でした。
wiyrvyn
wiyrvyn
ヒット作に恵まれず、新作を撮る目処が立たない映画監督のジワン。
彼女が引き受けたのは、60年代に活動した韓国初の女性監督ホン·ジェウォンが残した映画『女判事』の欠落した音を吹き込むという仕事だった。
作業を進めながらフィルムの一部が失われていることに気づいたジワンは、ホン監督の家族や関係者のもとを訪ねながら真相を探る。

過去を巡りながら見えてくる韓国社会
1960年代は女性の社会進出は難しかった時代
そんな中でも映画を愛する女性監督の姿に主人公は光を見つける
映画『女判事』は実在の韓国初女性判事となった方のお話(実際には殺され、映画の結末は違う)で当時大変ヒットしたらしい
そのフィルムが近年発見され話題をよんだそうです
妻、母、そして女性として
自分と向き合い生きていく
女性監督だからということだけではなく
映画業界の苦難も垣間見え
映画への情熱、愛が溢れている作品でした