7.4
 合計30件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 147

レビュー  |  共有する 

色男ホ・セク プロット

人気K-POPグループ「2PM」のジュノが男性妓生(キーセン)を演じ、朝鮮時代を背景に描くロマンス。美しく整った容姿と優れた技芸、女を酔わす話術を兼ね備えたホ・セクは、生まれ育った妓房が経営の危機に瀕していることを知り、女性客相手の男性妓生になることを決意する。相棒ユッカブとともに宣伝活動に乗り出し、噂を聞きつけた女性たちで店は大繁盛。彼女たちはたちまちセクに魅了されていった。そんな中、セクは町で美しい女性へウォンと出会う。これまでどんな美女にも心をときめかせることがなかったセクは、自分にまったくなびこうとしないヘウォンにひかれ、猛烈なアタックを開始するが……。セク役のジュノのほか、「二十歳」のチョン・ソミン、「エクストリーム・ジョブ」のコンミョンらが脇を固める。

色男ホ・セク 俳優

色男ホ・セク 写真

色男ホ・セクコメント(5)

bgcpiy
bgcpiy
ネタバレ! クリックして本文を読む
I was born in a mess. The escorts were for me family and friends. I was
the son of a courtesan and I grew up in a mess. I was companion too.
それが何時なのか?何処なのか?はっきりとは分からない... ただ言えることは、春が、ひと目でわかる花畑に囲まれた小高い丘に住む隠居生活をしている男の人のところに一人の若い女性が訪ねて行くところからこの映画が始まる。

I want to leave this place, to go out into open, to live freely, to meet
other people. But in reality I'm gradually getting older like a cut down
and drying tree.
Even then you will be beautiful.
"Don't calm me down with sweet words." Just... listen to me. I want
nothing else.
調子のいい、酒好きなのに身なりだけは仙人のような不思議な男ユッカブとの偶然の出会いが、映画の前半での二人のデコボコでひょうきんぶりが思わず笑いを誘うところも多く、しかし、その反面、笑いのツボの違いからか、意味不明なしらけてしまう場面も少なからず存在している。

この物語は、ある日、叔母が営む娼家に注文もしないのに色々と無理なことを押し付けてくる厄介で最悪な客が店に来ていた時に、その客が実は... ? であることをいち早く見抜いたホ・セクが考えてとった神対応が前半の見せ場と言ってもよく、この映画の持つ独特なシナリオの面白さがあり、また親代わりに育ててもらった叔母が経営する娼家の商売が右肩下がりになり挙句の果てには借金取りが催促に来たりして、終には店が瀕死の状態のになり経営そのものが、にっちもさっちもいかなくなっていたところを、花登筺原作の「細腕繁盛記」ではないが、起死回生的な妙案を思いつき店をv字回復させる繁盛話のくだりが特に面白くできている。それと暗くなりがちな立場の妓生の話を女性から男性に変えたことで頭の中にある妓生に対して何処か後ろめたいところの切り替えがうまくいき罪悪感が和らいだことによって物語が飲み込み易くなっている。

How else... I can only live as courtesan. Day for day. That's my life. I
don't feel wasted.
この映画の最大の見どころは何といっても、映画の中盤にプロット・ポイントを境に明らかに映画の質が変わるホ・セクを演じるジュノが、韓服に身を包み、わずかな明かりの中で、伸びやかで華麗な踊りを舞い、しかも彼が着ている青い韓服が踊りと共にたなびく度に思わずため息が出てしまうとほどで、その舞の合間、合間に垣間見ることのできる彼の微笑んだ顔立ちや一瞬、きらめいた真剣な眼差しなど、ジュノのファンなら押さえておきたい必見と言えるほど言葉で例えられないような素晴らしい全身を使った自然な表現に心を奪われてしまう。

I ruined everything.
No problem. You will draw me another time.
I will definitely draw you some day. I promise....
" ผ ม ร ั ก ค ุ ณ" .... 微笑みが生んだ優しいくてかわゆいタイ語
So in the south they say "she is beautiful.
The picture is very beautiful.
Not true. The gentleman told me that this phrase is in the language of
Siam and means "I love you."
These words... Was it so difficult then tell them?
どの国の言葉でも響きの良い言葉... 人を愛する時に必ず相手に言わなければならない心からの言葉は掛け値なしにとても美しい。ジュノ演じるホ・セクが運命を定を受け入れたヘウォンのこころを乱したくない為か、恥ずかしさからか、ためらいからか、タイの言葉”ポム・ラック・クン”をチョン・ソミン演じるヘウォンに別の意味を伝えたことで、数十年の時を経て、本当の言葉の意味とホ・セクの心根をヘウォンが知る可愛らしすぎるくらい可愛らしい演出がなされている。

この映画は、前半のホ・セクが色々と人生に悩む女性特有の女心をうまく商売に結び付けるコメディ色満載なシナリオと後半のシナリオが180度変わったと言ってもいいぐらい、映画の質であったり、シナリオの流れであったりと雰囲気が大きく違い、個人的には蒙昧すぎて、話についていけない取り残され感が半端でないものに感じられた。

ヘウォンの抱えるものが、どうすることもできない運命、定めといったものやホ・セクの妹の17才にして愛する者への喪失感・空虚感といった言葉があまりにもやるせなく、しかも無力であることを教えてくれる悲しい物語へと変わっていく。愛の本質... 自分の事より愛する人のために最善を尽くすこと... 魅力ある最高のジゴロ

とにかくラストの花の黄色を基調とした緑豊かな田園をそのまま投影したような透き通るような映像美をこれでもかと映し出しているところも見どころとして、この優しい物語に華を添えている。ただし、被写体の接写の時、アングルを変えるやり過ぎ感も少しあることを付け加える... 重箱をつつくものより。
fzxuhfh
fzxuhfh
朝鮮時代を背景に描いた史劇ロマンスですが面白味に欠ける。恋愛も笑いも中途半端な印象で残念ながら不満の残る内容でした。
2020-116
tgkgdy
tgkgdy
宣伝文句の通り、笑って泣けて切なくて最後はしみじみする映画。ストーリー展開が上手い。舞台は妓房だが色っぽいシーンは全く無い。親子で観ても気不味くならない(笑)
監督は女性かと思ったら男性で驚いた。それほど女性の心情に寄り添ってくれるストーリー。登場する女性達のみならず、観客も癒してくれる。男性にも是非観て欲しい。いや、女性に対してだけでなく、登場人物全員に対する監督の眼差しが優しいのか。
ジュノはどんな役も努力で自分のものにしてしまう。可愛らしさも、格好良さも、いたずらっ子の感じも、この主人公はまるで当て書きのようにしっくり馴染んでいる。
相棒のユッカブも、ライバルも、それぞれの誠実さが愛おしい。
ささやかなオマケが有るのでエンドロールの最後の最後まで、席を立たないで。
otgoafn
otgoafn
前半眠くなりました。好みもあると思いますが色男と言えるほどの……撮る角度や技術によれば、かな。身分制度、己を卑下してのすれ違い、家族を想う心、、泣けそうなとこもありましたよ。
sfngygi
sfngygi
観終わった後に涙が頬を伝わり、気持ちがとても温かくなりました。
「色男」・・・・という題名から受ける印象とは全く違う純愛物語。
そして、朝鮮王朝時代に尊ばれていた女性に対する価値観がもう1つのテーマに。女性が自由に行動することが難しい時代 そんな女性の心に寄り添った男妓生・ホセク。誰も愛してこなかったホセクが愛する女性に出会ったときに。。。。笑いあり、涙ありのとても良い映画でした。ホセクの愛だけではなく家族愛にも泣かされました。

共有する

関連ニュース

関連映画

男二本色 男二本色 男二本色

喜劇  中國大陸
11月13日 2015 劇場で

男兒本色 男兒本色

動作,犯罪  中國大陸,香港
07月19日 2007 劇場で

色衰應招男 色衰舞男/Fading Gigolo 色衰應招男 色衰舞男/Fading
Gigolo
喜劇  美國
09月07日 2013 劇場で

ホ・ギ・ラ・ラ Hogi-Lala ホ・ギ・ラ・ラ Hogi-Lala
プロット  日本
04月20日 2002 劇場で

好色一代男 好色一代男
プロット  日本
03月21日 1961 劇場で

男兒本色 The Men 男兒本色
The Men
劇情  美國
07月20日 1950 劇場で

ニューリリース