スーパー30 アーナンド先生の教室
スコア 
7.0

私の評価
評価なし。

ネタバレ! クリックして本文を読む ー インドは数学王国であり、比較的近作ではシュリニバーサ・ラーマ―ヌジャンの伝記映画「奇蹟がくれた数式」が記憶に新しい。 今作は、カースト制度や、女性蔑視、貧困格差の激しいインドで、貧困層の子供達30人を毎年、無償で引き取りIIT(インド工科大学:近年、世界のトップ企業が注目している大学)に入学させようと奮闘するケンブリッジ大学に合格しながら、渡航費などが捻出出来ず、進学を断念したアーマンド・クマール(リティク・ローシャン)が、私塾を開き、奮闘する姿と弟プラナヴや恋人スプリヤーが彼を支える姿が描かれている。- ◆感想 ・ストーリーは、粗い所はあるがシンプルである。 最初はアーマンドを助けたエクセレンス予備校の経営責任者、ラッラン・シンの様々な嫌がらせや、愚かしき文部大臣の姿が描かれる。 ー 特に、文部大臣の大衆の前では良い顔をし、実は非道な自身の事しか考えていない姿。滑稽な程である。- ・そんな中、アーマンド先生は子供達に数学、物理を分かり易く教え込んでいく。更に彼は子供達の意識改革(負け犬根性を叩き直す)まで行っていく。 ー 英語を苦手とする子供たちに度胸を付けさせようと、ラッラン・シンの経営する塾の前で、英語でインド映画の大ヒット作「ショーレー」の劇をさせるシーンが特に印象的である。 裕福な塾生たちからの”ゴーゴー(帰れ!)”に対しアーマンドの生徒達は”ノーノー!”の大合唱で応えるシーンである。- ・アーマンド先生は、無償で塾を開いているため、命を頻繁に狙われる。だが、それを排除しようとする子供達が知恵を絞った攻撃の数々が、面白い。 ・一度はアーマンド先生の塾から逃げ出したフッガー(ヴィジャイ・ヴァルマー)がMIT(多分・・)で、立派になって公演する冒頭のシーンと後半のシーンも良い。 ー 知の大切さを、彼が大観衆に喋る姿・・。- <インドの学歴社会のシビアさは知っている積りだったが、アーナンド先生の存在は恥ずかしながら知らず・・。 エンドロールでも流れたが、今でも時折命を狙われつつも、尊崇な行為を続けているそうである。 ”資質有る者が王になるべし”とは、アーマンド先生の様な人を言うのだろうと思いながら、劇場を後にした作品である。>

ファイター、北からの挑戦者
スコア 
6.5

私の評価
評価なし。

2021年10月28日 映画 #ファイター、#北からの挑戦者 (2020年)鑑賞 試写会 by #FansVoice ありがとうございました タイトルどおりの内容で、脱北した若い女性が主人公のお話です。 #イム・ソンミ の抑えた演技がとてもよかったです。 同じ民族でも離れてるといろいろ違ってくることを実感しました

ある取り調べ
スコア 
7.1

私の評価
評価なし。

こんなに重くて暗くて悲しい映画なのに、気がつくとアッと言う間の90分でした。 この様な内容だと、普通は辛くて見ていられなくなるのですが、其処には愛があり、優しさがあり、労りがあり、観ている者を包みこんでくれる温かさがあるのです。 回想シーンは出てきません!必要が無いからです。 普通、必ず目を覆いたくなるような回想シーンが出てくるはずなのですが、この映画には、そんなものはありませんでした。 台詞だけで充分伝わって来ました! また、役者さん達が本当に上手です。 雨の音が効果音として使われているのですがとても良いです。 挿入音楽も同じ曲が何度か使われていて、それも良かったです! 強いて言うなら、後ろに流れる音楽がもう少し主張されない方が良かった様な気もしました。でも、こんなに泣かされた映画は久しぶりです。見終わった後もしばらく涙が止まりませんでした。沢山の方に観て貰いたい映画です。

草の響き
スコア 
6.4

私の評価
評価なし。

ネタバレ! クリックして本文を読む 東京の出版社で編集者として勤めていた工藤和雄(東出昌大)は、心を病み、妻・純子(奈緒)とともに故郷の函館に戻ってきた。 しかし、一向に良くならず、混乱の中、旧友の研二(大東駿介)のもとへ行き、研二に連れられて漸く精神科を受診することになった。 女医の診断は「自律神経失調症」。 服薬とともに、運動療法としての毎日のランニングを勧められた和雄は、それから毎日決まったコースをランニングし、次第に距離を伸ばすようにした・・・ といったところからはじまる物語で、しばらくすると、ふたりの男子高校生のエピソードが綴られます。 ひとりは、スケボーの上手い背が高い男の子(Kaya)で、やや理知的な感じ。 もうひとりは、金髪のちょっと出来の悪そうな感じの男の子(林裕太)で、ふたりは、スケボー少年が無様に飛び込み、コースでジタバタしている市民プールで出会い、その後、互いに得意なことを教え合おうと約束して、その後、つるむようになっていきます。 映画は、和雄らの成年部パートと、スケボー少年らの少年部パートが交互に描かれ、当初、スケボー少年が和雄の若い頃なのかな、と思いましたが、セリフから名前が異なっているので、別人ということに気づきました。 なんとボンクラな、と自分でも思うのですが、映画は引きの画が多く、スケボー少年役の男の子と東出昌大の雰囲気が似ているので混同してしまった次第。 さて、ランニングを続ける和雄は、そのうち、彼らがスケボーの練習をしている公園で彼らと出会います。 少年たちには、金髪少年の姉(三根有葵)が加わって、3人になっています。 毎日ランニングする和雄に興味を持った少年ふたりが和雄の後追いかけて二言三言交わすぐらいの、それほど深い付き合いではありません。 和雄は毎日のランニングと少年たちとの交流、純子と研二の支えもあって、学生食堂での洗い場仕事ができるまでに恢復。 しかし、ちょっとしたことで、心の病の暗い影が覗くこともあります。 そして、それまで和雄を支えてきた純子の妊娠。 和雄、純子、研二のささやかなお祝いの場は、このあとの幸せな生活を暗示するのですが・・・ 一方、少年たちもどっかどっかに暗いものを抱えていて、特にスケボー少年は田舎にしてはインテリ少年なので、影が時折おもてに覗いてきます。 そして・・・ と、成年部三人と少年部三人は、別の三人組ではあるのですが、心の奥底では同じようなものを抱えていて、少年部三人は、和雄ら三人と似通っています。 いうならば、スケボー少年は、和雄が「そうならなかった」道を歩んだ和雄の少年時代ともいえるでしょう。 心の病が悪化した和雄は、遂に入院生活を余儀なくされます。 病状のやや恢復した和雄のもとへ身重の純子が面会に行き、面会室で面談。 このシーン、この映画唯一のアップシーンで、ここをアップで撮るために、それまでは引きの画で進めていたのだと気づかされます。 それほど、ここは印象に残ります。 (なお、試写会後の監督と東出のクロストークで、「はじめから、ここはアップで撮ろうと決めていた」との発言がありました) 最後にもうひとつふたつ短いエピローグがありますが、これを幸せな再生とみるか、そうでないかは観客に委ねられているでしょう。 ただ、ラストシーンの和雄の姿は、スケボー少年が迎えた道とは違うことだけは確かです。 ランニングする和雄のスチルショットが意味するのは、それでも人生は続くということでしょう。 なお、観ているうちにいくつかの過去作品を思い出しましたので挙げておきます。 『キッズ・リターン』(スケボー少年と金髪少年のやりとり) 『HANABI』(少年二人がスケボー練習のために広場に置く丸太) 『マラソンマン』(和雄のランニング姿) 『バーディ』(ラストシーン)

ハイキュー!! 終わりと始まり
スコア 
6.9

私の評価
評価なし。

ハイキュー好きにはたまりません。 音響効果で、より入り込める。 息遣いがリアルに感じ、何度も観たのに、新鮮があった。 ハイキュー2期を楽しむためには是非とも観てほしい。