神々の山嶺(いただき)の検索結果、合計11210(0.001145秒かかります)。

07月08日 劇場で
夢枕獏の小説を谷口ジローが漫画化した山岳コミックの傑作「神々の山嶺」を、フランスでアニメーション映画化。エベレスト初登頂をめぐる未解決の謎に迫るクライマーたちの姿を描き、第47回セザール賞でアニメーション映画賞を受賞するなど高い評価を獲得した。記録上に残るエベレストの初登頂は1953年だが、伝説的なイギリス人登山家のジョージ・マロリーが1924年6月にエベレ...
03月12日 2016 劇場で
ネパールの首都カトマンズ。ヒマラヤ山脈が見えるその街で、日本人カメラマンの深町誠は古めかしいカメラを見つける。それはイギリス人登山家ジョージ・マロリーが、1942年6月8日にエベレスト登頂に初めて成功したか否かが、判斷できるかもしれないカメラだった。カメラについて調べを進める深町は、羽生丈二というアルピニストの存在にたどり著く。他人に配慮しない登山をするため...
11月18日 1989 劇場で
子供のいない中年夫婦と小犬との触れ合いを描く。中野孝次原作の同名ノンフィクション小説の映画化で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の山田洋次と朝間義隆が共同で執筆。監督は「釣りバカ日誌」の栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。
11月22日 1968 劇場で
「東シナ海」の今村昌平と長谷部慶治が共同でシナリオを執筆し、「人間蒸発」の今村昌平が、神話的伝統を受けついで生活する沖縄の一孤島を舞台に、因襲や近代化と闘う島民の生活を描いた。撮影は、栃沢正夫。
12月30日 2000 劇場で
17年振りに帰郷した女性とその家族の再生を、ドキュメンタリーとドラマを混在させる手法で描くドラマ。監督は「クレイジー・イングリッシュ」のチャン・ユアン。出演は、リウ・リン、リー・ビンビンほか。
01月10日 2009 劇場で
ラジオドラマが原作のオロナインH軟膏55周年記念作品。電車で号泣する中年男性を見つめる5人の乗客――心に傷のある青年、仕事に疲れきったOL、新人駅員、泣けないサラリーマン、迷える女子高生。彼らの身にもまた、涙を流さずにはいられない事件が迫っていた……。それぞれが織り成す人間ドラマを描く。出演は大東俊介、戸田菜穂、袴田吉彦、遠藤憲一、佐津川愛美、北浦愛ほか。
02月25日 劇場で
様々な変化と向き合う若者たちの姿を繊細なタッチでつづった群像ドラマ。故郷を捨てるように上京し建設現場で働く宮嶋大翔は、花屋に勤める望月双葉と出会い、やがて恋人同士となる。平成から令和へと時代は移り変わっても、2人の穏やかな日常はずっと続くかに思えた。しかし住居の取り壊しや身近な人の死によって、彼らは変化を余儀なくされる。大翔を「追い風」のサトウヒロキ、双葉を...
01月15日 1999 劇場で
日本の古い民話「姨捨て伝説」と、現代の老人問題を交錯させて描く人間ドラマ。監督・原作・脚色は、「午後の遺言状」の新藤兼人。撮影に「午後の遺言状」の三宅義行があたっている。主演は、「花のお江戸の釣りバカ日誌」の三國連太郎と「学校III」の大竹しのぶ。芸術文化振興基金助成作品。
01月01日 1900 劇場で
現代のジプシー集落を舞台に、人間性のおもむくままに生き、そしていづこともなく去って行った一人の男の物語。監督、脚本、音楽選曲は現在ユーゴスラヴィアの代表的監督であるアレクサンドル・ペトロビッチが担当。撮影はトミスラフ・ピンター、美術はベルコ・デスポトヴィッチが当っている。出演はベキム・フェーミュ、ゴルドナ・ヨバノビッチ、バタ・ジボイノビッチ、ユーゴスラヴィア...
09月02日 劇場で
東京から逃げるように石垣島にやってきた主人公が、島の自然や人のあたたかさに触れ、再び人を信じようとしていく姿を描いた、馬場ふみか主演のヒューマンサスペンス。 末期がんの母の看病をしながら東京の工場で働く高橋まどかは、彼氏からのDVから逃れるため、母や仕事、すべてを捨てて逃げるように石垣島へやってきた。到着早々、まどかはタクシーに荷物を持ち逃げされてしまうが...
03月20日 1993 劇場で
一九三七年の内線が激化するスペインを舞台に、反乱軍と戦う共和派の人々の姿を描く人間ドラマ。監督・脚本・原作は、「人間の条件」などの小説で知られるフランスの文学者で、第二次大戦後のド・ゴール政権下で情報相や文化相を歴任した政治家としても有名なアンドレ・マルロー。スペイン人民戦線政府を支持するため自ら前線で戦ったマルローが、この体験をもとに執筆した小説『希望』の...
03月11日 1995 劇場で
小説家、戯曲家、翻訳家、詩人、画家、俳優など、様々な分野で活躍したクリエイター、ボリス・ヴィアン(20~59)の同名小説(邦訳・早川書房刊)の映画化作品。激しい恋に落ちた男女の出会いと別れを、SF的な小道具とシュールな描写を駆使して描く。原作は46年に発表され、当時は“世界一悲痛な恋愛小説”とレーモン・クノー(「地下鉄のザジ」の原作者)に評されたものの、同年...
07月18日 1998 劇場で
聴覚障害という“個性”を持つカップルが、様々な困難を乗り越えて絆を深めていく姿を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「SADA」の大林宣彦。脚本は、実在の聴覚障害を抱える夫婦をモデルに、「三毛猫ホームズの推理」の中岡京平と「旅の涯て」の内藤忠司と大林が共同執筆。撮影を「SADA」の坂本典隆が担当している。主演は「DOORIII」の天宮良と「あした」の中江有里。文...
04月30日 劇場で
「書くが、まま」の上村奈帆監督が、人里離れた日本家屋で出会い、ひかれあった2人の人間の心模様を繊細に描いた中編作品。ある夜、入水自殺を図った悠。しかし、結局死ぬことを思いとどまり、陸にあがってくる。その様子を目撃していた叶絵は、悠に恋をする。叶絵は悠をモデルに絵を描き、心と体が溶け合う2人きりの時間は永遠に続くように思われたが……。主演は、濱口竜介監督の「親...
06月27日 1988 劇場で
日本各地の渡来系神社の取材や学者、文化人へのインタビューを通して古代日本と朝鮮文化との関連を描くドキュメンタリー。脚本・監督は「土佐の泥絵師・絵金」の前田憲二、撮影は「旅路 村でいちばんの首吊りの木」の南文憲と「君は裸足の神を見たか」の金徳哲がそれぞれ担当。
10月23日 2020 劇場で
関西を拠点とする映画制作会社「スタジオTheater cafe Nyan」が手がけ、日本と韓国のスタッフ、キャストが集って製作された日韓合作映画。映画監督になることを夢見て映画業界で働く守は、プロデューサーの章子との出会いをきっかけに自主映画を撮り始めるのだが、思いもよらぬことが起こり撮影中止に追い込まれてしまう。さらに、そんな中で敬愛する祖母の訃報が届く。...
07月26日 2008 劇場で
交通事故の後遺症が原因で自分の殻に閉じこもってきた恵美と、幼い頃から病弱だった由香。10歳の時から友情を育んできた2人は、中学に入っても強い絆で結ばれていた。そんな2人を取り巻く人々も、それぞれ不安や迷いを抱えながら生きており……。直木賞作家・重松清の同名作を、「やわらかい生活」の廣木隆一監督&「黄泉がえり」の斉藤ひろし脚本で映画化した青春ドラマ。主演は映画...
01月31日 2009 劇場で
「自転車吐息」「紀子の食卓」の鬼才・園子温が237分の長尺で描く奇想天外なラブストーリー。主演は映画初出演で主演を飾る「AAA」(トリプル・エー)のボーカル西島隆弘、ヒロインを元「Folder」の満島ひかりが演じる。共演に安藤サクラ、渡部篤郎ほか。敬虔なクリスチャン一家で育ったユウは、神父の父に毎日懺悔を強要される日々を送っている。“罪作り”のため女性の股間...
12月05日 1987 劇場で
両親を殺された仇をうとうとする野性児の活躍を描くSFアクション・ファンタジー。製作はデイヴィッド・キャロウェイとニコラス・クレアモント、監督はドキュメンタリー出身のマックス・リード、脚本は「ブラザー・フロム・アナザー・プラネット」を監督したジョン・セイルズ、撮影はレネ・ヴェルジェ、音楽監修はスティーヴ・ティレルが担当。出演はロブ・ネッパー、キャスリーン・クイ...
05月01日 1982 劇場で
ビートルズの出演するTVショウの入場券を手に入れようとする熱狂的ファンの女の子たちの行動を描く青春コメディ。製作総指揮・原案はスティーブン・スピルバーグ、製作はタマラ・アセイヴとアレックス・ローズ、監督は「ユーズド・カー」のロバート・ゼメキス、脚本はR・ゼメキスとボブ・ゲイル、撮影はドナルド・M・モーガン、美術はピーター・ジッミソン、編集はフランク・モリス、...