國語の検索結果、合計1343(0.001085秒かかります)。
07月17日 2012 劇場で
張磬(方中信 飾)和方韻(汪裴 飾)是一對常見兩地分居的夫婦,雖然事業小有成就,生活優渥,但是二人始終膝下無子,此事不僅令張磬的父母分外焦急,也令這對喜歡孩子的夫妻憂心忡忡。在好友的建議下,他們決定請人代孕生子。經過幾次見面,他們最終選擇了美麗清秀的女孩李妍(秦嵐 飾)。李妍獨自來京闖蕩,在物慾橫流的社會裡依舊保持著本性的善良。在張磬夫婦細心呵護下,李妍肚子...
04月08日 2015 劇場で
岡田猛男(江口拓也 配音)是集英高中一年級的學生,隸屬於柔道部,他生得人高馬大五大三粗,卻因為善良率真的個性而深得同伴們的喜愛和信賴。砂川誠(島崎信長 配音)是猛男青梅竹馬的好友,外表英俊帥氣的他很受女孩子的歡迎,從小到大,凡是猛男喜歡上的女孩,最後總會被阿誠吸引,久而久之,猛男竟然也習以為常。 ...
01月07日 2012 劇場で
偽物語是偽物的物語(偽即不真實,不成熟,虛偽的)。歷和女友戰場原是偽物;歷的兩個妹妹火憐和月火是偽物;欺詐師貝木等也是偽物。而相對的,羽川是個非常強大的真物。偽物語中的怪異都與歷的妹妹扯上了關係,引發了一系列的事件。
08月14日 2010 劇場で
2010年8月15日凌晨,寂靜的東京站月臺突然駛來一列老舊的列車。車上載滿二戰期間戰死在南太平洋的日軍亡靈,藉著終戰週年紀念日之際,他們得以重返故土,在短短的幾小時內見證祖國65年來的滄桑鉅變。他們有的來到靖國神社前,見到當年的夥伴,又因政客的畏縮而憤慨;有的尋找年輕時的畫作,竭力探尋昔日愛人的影子;有的重返家中,和業已失明的妻子奏響久違的協奏曲;有的則見到...
03月11日 1989 劇場で
星曆2988,巴蘭謝公(田中秀幸 配音)成功研製出新型Fatima(擁有女性外表的機器人)拉克西絲(川村萬梨阿 配音)和克羅索(佐久間レイ 配音),他召開盛大華貴的釋出會,連傳奇整備士雷帝歐斯·蘇普(堀川亮 配音)也應邀參加。但在釋出會開始前,克羅索在拉克西絲的幫助下逃跑,引起一陣混亂。最終寇拉斯三世(井上和彥 配音)救下克羅索,而後者也將寇拉斯認定為自己的...
01月27日 2007 劇場で
人気韓流スター、イ・ビョンホン主演による感動ラブストーリー。60代になっても独身を貫いている大学教授ソギョンは、かつての教え子で放送作家のスジンから、“初恋の人を探すテレビ番組”の出演を依頼される。ソギョンは戸惑いながらも、スジンに1冊の本を差し出す。そこには、時代の波によって引き裂かれた男女の切ない愛の物語が隠されていた……。ビョンホンが主人公の老教授ソギ...
07月21日 1990 劇場で
オーストラリアの雄大なタスマニア島を舞台に、その美しい自然に生きる父と子の心の対話を描く。脚本は「自由な女神たち」の金子成人が執筆。監督は「あ・うん」の降旗康男。撮影は「家族輪舞曲」の林淳一郎がそれぞれ担当。
07月19日 1980 劇場で
アフリカの大自然の中に生きる老人と少女と、文明社会から迷い込んだ一人の青年が出会い、その地にとどまり、自然を守るために生きていくまでを描く。脚本は「くるみ割り人形」の辻信太郎、監督は「午前中の時間割り」の羽仁進と「巨象の大陸」のサイモン・トレバーの共同、撮影はマイケル・フォックスと松前次三がそれぞれ担当。
01月22日 1977 劇場で
新田次郎の同名小説の映画化。明治中期、飢餓に苦しむイヌイットのため、新天地ビーバー村を築いた日本人・フランク安田の波乱に富んだ愛と冒険を描く。脚本は井手雅人、監督は「告訴せず」の堀川弘通、撮影は「恋の空中ぶらんこ」の岡崎宏三がそれぞれ担当。
07月15日 1989 劇場で
太平洋戦争末期、花作りの盛んな千葉県南房総を舞台に花を守り愛した実在の女性の姿を描く。田宮虎彦原作の小説「花」の映画化で、脚本は「ムッちゃんの詩」の小森名津が執筆、監督は同作の堀川弘通、撮影は「快盗ルビイ」の丸池納がそれぞれ担当。
01月15日 1977 劇場で
登場人物は全て子どもで銃撃戦はパイ投げという異色のギャング・ミュージカル。1930年代、禁酒法下のニューヨーク。暗黒街では、ファット・サム一味とダンディ・ダン一味による血で血を洗う抗争が繰り広げられていた。そこへやって来た一匹狼のバグジー・マローン。彼はサムに気に入られ、一味の仲間入りをするが……。アラン・パーカー監督の長編デビュー作。当時14歳とは思えない...
02月17日 1973 劇場で
イギリスの作家ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』の映画化。一九七二年ベルリン映画祭金熊賞を受賞。なお、パゾリーニ監督は次回作として『千夜一夜物語』を計画しており、これが完成すれば、世界艶笑三大文学の映画化を完成したことになる。製作はアルベルト・グリマルディ、監督・脚本は「デカメロン」のピエル・パオロ・パゾリーニ、撮影はトニーノ・デリ・コリ、音楽はエ...
09月01日 1966 劇場で
ギャビン・ランバートの小説を彼自身が脚色、「マンハッタン物語」のロバート・マリガンが監督したハリウッド・スターの出世物語。撮影はチャールズ・ラング、音楽は「マイ・フェア・レディ」のアレンジャー、アンドレ・プレヴィンが担当、彼の作曲になるミュージック・ナンバーが3曲挿入されている。なお主演ナタリー・ウッドの衣裳を、イーディス・ヘッドが「グレート・レース」につづ...
06月08日 1963 劇場で
ピューリッツア賞を獲得したハーパー・リーの小説『ものまね鳥を殺すには』をホートン・フートが脚色し、「九月になれば」のロバート・マリガンが監督した社会ドラマ。撮影は「ポリアンナ」のラッセル・ハーラン、音楽は「肉体のすきま風」のエルマー・バーンスタイン。出演者は「悲愁(1959)」のグレゴリー・ペック、新人少女メアリー・バーダム、新人少年フィリップ・アルフォード...
09月20日 1975 劇場で
現代と中世を素材に、人間の性の営みを四話からなるオムニバス形式で描く。製作はアナトール・ドーマン、監督・脚本・美術はヴァレリアン・ボロヴズィック、撮影はベルナール・ダイレンコー、音楽はモーリス・ルルーが各々担当。出演はリセ・ダンヴェルス、ファブリス・ルキーニ、シャーロッテ・アレクサンドラ、パロマ・ピカソ、パスカル・クリストフ、フローレンス・ベラミー、ジャコポ...
06月09日 1990 劇場で
変貌しつつあるパチンコ業界を舞台に、そこで生きる父子の愛と葛藤の姿をユーモラスに描く。間部洋一原作「驚異の産業・パチンコ」の映画化で脚本は大原豊が執筆。監督はテレビ出身の辻理、撮影は西山誠がそれぞれ担当。
12月22日 1955 劇場で
朝鮮戦争の空の勇士であり、その後新型ジェット機のテスト飛行 で事故死したジョセフ・L・マッコーネル大尉の半生記の映画化。「地獄への退却」をプロデュースしたテッド・シャーデマンの原作をシャードマン自身と「裸の拍車」のサム・ロルフが共同脚色し、「明日に別れの接吻を」のゴードン・ダグラスが監督した。撮影は「渡るべき多くの河」のジョン・サイツ、「エデンの東」のテッド...
07月25日 1987 劇場で
親子三代のメスラッコを中心にラッコたちの生態を描く。監督は脚本も執筆しているこれが第一回作品となる永田貴士、撮影は片岡二郎、菱田誠、水中撮影は中村宏治がそれぞれ担当。
11月05日 1981 劇場で
一人の女性の激しい愛とそれゆえの転落を描く。監督・脚本は「邪淫の館 獣人」のヴァレリアン・ボロヴズィック、原作はステファン・ジェロムスキ、撮影はジグムント・サモシウク、音楽はフェリクス・メンデルスゾーン・バルトルディ、美術はテレサ・バルスカ、製作マネージャーはヘレナ・ノヴィツカが各々担当。出演はグラジーナ・ドウゴウェンツカ、オルギエルト・ウカシェヴィッチなど...
02月01日 1948 劇場で
キャサリン・ヘプバーンを主役として、シアター・ギルドが上演してヒットしたフィリップ・バリー作の喜劇の映画化で、ヘプバーンがブロードウェイで一年間演じた役をつとめ「断崖」のケーリー・グラントと「桃色の店」のジェームズ・スチュアートが共に主演している。「恋愛手帳」の台詞を書いた劇作家であり、映画脚本家であるドナルド・オグデン・スチュワートが脚色し「ガス燈」「若草...