オペラ座の怪人 プロット

「キャッツ」「エビータ」などの大ヒットミュージカルを生みだした作曲家アンドリュー・ロイド=ウェバーが、ガストン・ルルーの小説をもとに手がけたミュージカル「オペラ座の怪人」を映画化。ロイド=ウェバー自身が製作・作曲・脚本に参加し、「バットマン フォーエヴァー」「フォーン・ブース」のジョエル・シュマッカー監督がメガホンをとった。19世紀のパリ・オペラ座では仮面をつけた謎の怪人・ファントムの仕業とされる奇怪な事件が続いていた。リハーサル中に起こった事故をきっかけにプリマドンナの代役を務めることになった若きオペラ歌手のクリスティーヌは、初主演となったその舞台で喝采を浴び、幼なじみの青年貴族ラウルとも再会を果たす。クリスティーヌに才能を見いだしたファントムは、彼女に音楽の手ほどきをし、クリスティーヌはファントムを亡き父親が授けてくれた「音楽の天使」と信じ、プリマドンナへと成長する。ラウルに愛されながらも、孤独な魂と情熱を持ったファントムに心をひかれていくクリスティーヌだったが、ある時、ファントムの仮面の下に隠された秘密を知ってしまう。ファントムをジェラルド・バトラー、クリスティーヌをエミー・ロッサム、ラウルをパトリック・ウィルソンが演じ、ミュージカルシーンの歌唱もすべて本人が担当。スワロフスキー・クリスタル製のシャンデリアをはじめとした豪華絢爛な美術と衣装や装置なども見どころで、アカデミー賞では撮影賞、美術賞、歌曲賞にノミネートされた。日本では2005年1月に公開され、興行収入42億円の大ヒットを記録した。2024年6月、20周年を記念して4Kデジタルリマスター版でリバイバル公開。

オペラ座の怪人 俳優

オペラ座の怪人 Related

映画 からかい上手の高木さんオンラインで映画を見る
映画 からかい上手の高木さん
プロット  日本
05月31日 劇場で
ナイトメア 夢魔の棲む家オンラインで映画を見る
ナイトメア 夢魔の棲む家
プロット  ノルウェー
05月24日 劇場で
風の奏の君へオンラインで映画を見る
風の奏の君へ
プロット  日本
06月07日 劇場で
東京カウボーイオンラインで映画を見る
東京カウボーイ
プロット  アメリカ
06月07日 劇場で
湖の女たちオンラインで映画を見る
湖の女たち
プロット  日本
05月17日 劇場で
ボーン・トゥ・フライオンラインで映画を見る
ボーン・トゥ・フライ
プロット  中国
06月28日 劇場で
蛇の道オンラインで映画を見る
蛇の道
プロット  フランス・日本・ベルギー・ルクセンブルグ合作
06月14日 劇場で
ティアーズ・オブ・ブラッドオンラインで映画を見る
ティアーズ・オブ・ブラッド
プロット  ベルギー・フランス・スペイン合作
05月17日 劇場で
帰ってきた あぶない刑事オンラインで映画を見る
帰ってきた あぶない刑事
プロット  日本
05月24日 劇場で
#つぶやき市長と議会のオキテ 劇場版オンラインで映画を見る
#つぶやき市長と議会のオキテ 劇場版
プロット  日本
05月25日 劇場で
i☆Ris the Movie Full Energy!!オンラインで映画を見る
i☆Ris the Movie Full Energy!!
プロット  日本
05月17日 劇場で
ナショナル・シアター・ライブ「ワーニャ」オンラインで映画を見る
ナショナル・シアター・ライブ「ワーニャ」
プロット  イギリス
05月24日 劇場で

オペラ座の怪人コメント(20)

Mxnsgikosph
Mxnsgikosph
これはちょっと期待していたものと違った。
ジェラルド・バトラーの声か?歌い方か?そこがどうしても好きになれなかった。
Etlachamsl
Etlachamsl
なんか”ノートルダムのせむし男”とごっちゃになってたけど、こういう話だったんだ。
タイトル曲がかかるだけでゾワゾワワクワクする。
部屋で大音量で観たい映画。
そしてミュージカルで観たくなる。
Msponskghxi
Msponskghxi
劇団四季のミュージカルを観て以来、
歌や演出だけでなくそれぞれの愛の形に胸打たれ
映画版も鑑賞してみようと。

ミュージカルではミュージカルならではの、
映画では映画ならではの良さがあり非常によかった。
また、ミュージカルでは聞き逃してしまった詳細なセリフや、描き切れていなかった細かい設定が確認できたのもよかった。

高校生の時にも1度劇団四季鑑賞経験があるのだが、
その時は全くハマらず、理解できない感情や行動が多かったが
大人になると各人物の心情や行動の理由を推察し
何と刺さることか…。。

色んなところでリメイクされる名作は、
監督や演出により好きな箇所が変わってしまったり、違和感が出たりするものだが
個人的には劇団四季のミュージカルとこの映画に齟齬はないだけでなく、
いずれも好きで、大事な作品の1つになった。
Xgimnpkshso
Xgimnpkshso
ネタバレ! クリックして本文を読む
クリスティーヌをめぐる、ラウルとファントムの物語。

チャララララ~🎵
と聴こえたら勝手に鼓動が騒ぐ。
これってなぜだろう。
私だけ?

映像はカラーと白黒をうまく利用してて気持ち良く時代に入り込めた。

建物も衣装も素敵で良かった✨
有名なシャンデリアの場面も迫力があった。

このシチュエーションだとファントムに感情移入し、せつないラストなのですが、なんだかちょっとせつなさよりも安堵が💦

ラウル、急いで💦
ラウル、しっかり!みたいな(*^^*)

色々な作品があるみたいなので時間があれば探索してみます✨
Ceohantthcs
Ceohantthcs
ミステリアスな雰囲気と、有名なこの歌がとにかく好き。