アイ・アム まきもと

7.0/10
合計20件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   104分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   倉持裕
劇場で   09月30日
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 110

レビュー  |  共有する 

アイ・アム まきもと プロット

「舞妓 Haaaan!!!」の水田伸生監督と阿部サダヲが4度目のタッグを組み、2013年製作のイギリス・イタリア合作映画「おみおくりの作法」を原作に描いたヒューマンドラマ。小さな市役所で、人知れず亡くなった人を埋葬する「おみおくり係」として働く牧本。故人の思いを大切にするあまり世間のルールより自分の考えを優先してしまい、周囲に迷惑をかけてばかりいた。そんなある日、新任局長・小野口が「おみおくり係」の廃止を決定。身寄りなく他界した老人・蕪木の埋葬が「おみおくり係」での最後の仕事となった牧本は、蕪木の身寄りを探すため彼の友人や知人を訪ね歩き、やがて蕪木の娘・塔子のもとにたどり着く。蕪木の知られざる思いとともに彼の人生をたどるうちに、牧本自身にも少しずつ変化が起こり始める。共演は塔子役の満島ひかりのほか、宇崎竜童、松下洸平、松尾スズキ、宮沢りえ、國村隼ら。

アイ・アム まきもと オンライントレーラープレイ

アイ・アム まきもと 俳優

アイ・アム まきもと Related

インテグリティ 煙幕オンラインで映画を見る
インテグリティ 煙幕
プロット  香港
11月25日 劇場で
ナニワ金融道 銭と泪と権利と女オンラインで映画を見る
ナニワ金融道 銭と泪と権利と女
プロット  日本
12月02日 劇場で
肉態問答オンラインで映画を見る
肉態問答
プロット  日本
12月03日 劇場で
ジュリエット あるいは夢の鍵オンラインで映画を見る
ジュリエット あるいは夢の鍵
プロット  フランス
11月25日 劇場で
クライング・ゲームオンラインで映画を見る
クライング・ゲーム
プロット  イギリス
12月02日 劇場で
ナニワ金融道 灰原、帝国金融の門を叩く!オンラインで映画を見る
ナニワ金融道 灰原、帝国金融の門を叩く!
プロット  日本
11月25日 劇場で
パラミドロオンラインで映画を見る
パラミドロ
プロット  スペイン
10月21日 劇場で
桜色の風が咲くオンラインで映画を見る
桜色の風が咲く
プロット  日本
11月04日 劇場で
マスター 先生が来る!オンラインで映画を見る
マスター 先生が来る!
プロット  インド
11月18日 劇場で
ヒプノシス 催眠オンラインで映画を見る
ヒプノシス 催眠
プロット  韓国
11月11日 劇場で
ゆめのまにまにオンラインで映画を見る
ゆめのまにまに
プロット  日本
11月12日 劇場で

アイ・アム まきもとコメント(14)

Ngokmixhpss
Ngokmixhpss
試写会に行ってきました!なのであまり内容には踏み込まず感想を。
最初に伝えたいのは「川っぺりムコリッタ」を見てから本作を見るべき!ですね。
孤独死について、川っぺりで、部屋の中で亡くなる位置で自死かどうかがわかるというシーンがあって本作で「ははぁ、なるほど」ってなるとか、お見送りをする役所の立場とか色々と対比すると理解が深まると思いました。
本作では、阿部サダヲ扮するお見送り係のまきもとの行為が無縁仏となる方たちの魂を浄化しているのでしょう、それは素敵なことだし、ロードムービー的に繰り広げられる人との関わりがまきもとの内面も変えていったのでしょうね。
ただ、発達障害の子を持つ(持っていた)人間からすると、そんなに簡単じゃあないよね、と、そこは今ひとつ共感できなかった。
それでも満島ひかりの両作品での演技の違いを感じたり、本作も豪華出演陣の安定した演じ方を堪能できることは間違いないですね。
余談ですが私にとっての最大のサプライズはサプライズ登場の阿部サダヲさんの真後ろで撮影に写り込んだことでした。
Essoulsiroe
Essoulsiroe
舞台挨拶で英・伊合作『おみおくりの作法』のリメイク作品ということを知る。オリジナルを観賞した時は、『おくりびと』を意識した作品なのかな、という印象。その国となりの威厳と格式を描いていると感じた。

そして日本でリメイクされた『おみおくりの作法』が、『アイ・アム まきもと』。このセンスに象徴されるように威厳や格式より、『アイ・アム まきもと』というに自分(まきもと)本位な作品に。そもそも阿部サダヲは、共感を得るというより突飛な役で楽しませる役者だと思っているだけに、劇中の行動には感情移入はしにくい。面白くないユーモアと引き換えに威厳や格式を失った本作は評価しがたい。なにより退屈。
Eitudfhrernft
Eitudfhrernft
なぜ?
まきもとさんは、おみおくり係なのか?
過去からたくさんの人をおみおくりしてきてどう変化してきたのか?
たくさんのなぜ?が頭に浮かびました

原作に忠実なのでしょうか?
海外っぽいなと思うシーンもいくつかありましたが
クライマックスは、急に感情を動かされました
Mpssgohkinx
Mpssgohkinx
なんか既視感があると思ったら、映画「おみおくりの作法」(STILL LIFE)がベースなんですね。

邦画として、少し違う感じにリメイクされています。阿部サダヲさんはハマり役。満島ひかりさんとの未来を期待してしまいます。

ただ、積み上げられたお骨の数は異常です。それなら、最期はもっと「押し寄せて来る」って感じにして欲しかったかなぁ。
fzxuhfh
fzxuhfh
絶対ハズレなく面白いだろうなと思ってたけど、やっぱり期待どおりだった。
笑えてちょっと切ない。

まきもとさんは、こんないい人居るわけない!!けど、こういう感じの人って確かにいる、と思われるキャラクター。
面倒くさい人だけど、その面倒くささがものすごい優しさからきてる所が更に面倒くささを助長するのだけど、じわじわ良さが染み込むのか気がついたら彼を好きになってると思う。

出てくるキャラがそれぞれアクが強くて面白いので観ていて全然飽きなかったな。
最後の歌がまたいい。
ほいでカッコいい人って歳を重ねてもカッコいいのね、宇崎さんめっちゃカッコよかったです。

終活について最近考えることが多いんだけど、今回もなんか色々しんみり考えてしまったわ。
いや、順番的に両親が先なのはわかってるんだけど、なんか死ぬまでに色んなもののわだかまりは取っておくべきだなと心から思った。

是非ともご家族でご鑑賞いただきたい映画です。
愛すべきキャラのまきもとさんにイラつきながらも、心からのハグを送ってください。