アキラとあきら

7.7/10
合計24件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   128分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   池田奈津子
劇場で   08月26日
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 104

レビュー  |  共有する 

アキラとあきら プロット

「半沢直樹」シリーズなどで知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を、竹内涼真と横浜流星の主演で映画化。父親の経営する町工場が倒産し過酷な幼少時代を過ごした山崎瑛と、大企業の御曹司だが次期社長の座を拒絶し血縁のしがらみに抗う階堂彬。同じ名前を持つ2人は運命に導かれるかのように、日本有数のメガバンクに同期入社する。人を救うバンカーになるという熱い理想を持つ山崎と、情を排して冷静に仕事をこなす階堂。正反対の信念を持つ2人は真っ向から対立し、ライバルとしてしのぎを削る。しかし山崎は、ある案件で自らの理想と信念を押し通した結果、左遷されてしまう。一方、順調に出世する階堂の前にも、親族同士の争いという試練が立ちはだかる。やがて、数千人の人生を左右する巨大な危機が到来し、山崎と階堂の人生が再び交差する。監督は「思い、思われ、ふり、ふられ」「僕等がいた」の三木孝浩。

アキラとあきら オンライントレーラープレイ

アキラとあきら 俳優

アキラとあきら Related

METライブビューイング2022-23 ケルビーニ「メデア」オンラインで映画を見る
METライブビューイング2022-23 ケルビーニ「メデア」
プロット  アメリカ
11月25日 劇場で
夢半ばオンラインで映画を見る
夢半ば
プロット  日本
11月12日 劇場で
シスター 夏のわかれ道オンラインで映画を見る
シスター 夏のわかれ道
プロット  中国
11月25日 劇場で
森の中のレストランオンラインで映画を見る
森の中のレストラン
プロット  日本
11月19日 劇場で
呪われた息子の母 ローラオンラインで映画を見る
呪われた息子の母 ローラ
プロット  アイルランド・アメリカ・イギリス合作
10月21日 劇場で
ハッピーエンディングスオンラインで映画を見る
ハッピーエンディングス
プロット  日本
11月04日 劇場で
スモール・カントリーオンラインで映画を見る
スモール・カントリー
プロット  フランス・ベルギー合作
10月28日 劇場で
ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコオンラインで映画を見る
ルイス・ウェイン 生涯愛した妻とネコ
プロット  イギリス
12月01日 劇場で
バトル・クルーズオンラインで映画を見る
バトル・クルーズ
プロット  アメリカ
11月18日 劇場で
マッドゴッドオンラインで映画を見る
マッドゴッド
プロット  アメリカ
12月02日 劇場で
ナニワ金融道 銭と泪と権利と女オンラインで映画を見る
ナニワ金融道 銭と泪と権利と女
プロット  日本
12月02日 劇場で

アキラとあきらコメント(7)

Kpxognmsshi
Kpxognmsshi
ハッピーエンドが分かっていても、なかなか見応えある演出でした。
でも、新幹線の駅がある福山支店を左遷と言ったら、大企業の新幹線の駅も無い支店で働いている相当数な社員が泣きますよ!
Nsxpgskhiom
Nsxpgskhiom
期待し過ぎないように!
私的に池井戸潤さんというだけで観なきゃってなりますし評価も高めかも知れません!
演技は悪くないですがあなた役者なの?とも思います…。
なんか軽く感じてしまいました…。
気になる方は是非観てください!
Xiogsmkshpn
Xiogsmkshpn
原作を読んでから鑑賞しました。まずは、配役として、グループ企業の御曹司の階堂に横浜流星、町工場の息子の山崎に竹内涼真は納得。
山崎が、御曹司の階堂から、おまえは育ちがいいと言われてるのはおもしろい。金持ちの息子は決して育ちがいい、性格がまっすぐとは限らないし、山崎は育ちは裕福ではなかったが、まっすぐな気持ちは純に育ってるので、この意味ではすごく納得。
この二人、たしかにそれぞれが男前で、特に女性にとってはたまらないんではないでしょうか。女性だけアンケートとって、どっちが好き?ってとってみて割合がどうなるのか興味ある。
お色気話は原作通り、ほぼ皆無な分、男前同士の確執、友情、熱意、など真っ直ぐな気持ちのぶつかり合いがぶれずにあって、感動します。融資の基礎知識がないと、細かい点はピンと来ないですが、映画鑑賞にそのあたりの知識は特に必要なく、二人の若い男前をみたければ、おすすめですね。

余談:
竹内涼真はサッカー選手目指してたらしいだけあって、体格かなりいいです。上背はある上に、かなり肩幅あるし、上半身の分厚さは並みではないです。
Nskpmsghixo
Nskpmsghixo
まず、本作は128分でまとめるのは困難な時間軸と経済事案だと感じました。
特に経済の話となると予備知識などが必要となり、ただでさえ通常の作品と比べると長めになってしまう面があります。
それもあってか本作では、それほど1つ1つの事象に入り込まずにエピソードをつなげていくという作りになっていました。
経済系の映画として見ると、最初の方の「日本有数のメガバンクに同期入社」における入社式のプレゼン対決の段階で、「この程度のネタで超一流メガバンクで語り継がれる伝説になれるの?」という違和感をもってしまうかもしれません。
ただ、このプレゼンの難易度を「伝説級」に上げてしまうと、一般の人が理解できなくなるという問題が生じてしまう厄介な面があります。
そのための落としどころの1つが本作なのでしょうが、最初に2人の存在を際立たせる演出としてはアリだと思います。ただ、その後も、上白石萌歌が演じる後輩が「あの伝説の…」という感じで引っ張るところは、やり過ぎな感がありました。
その他も、名言集のようなセリフにしたいという意欲は感じますが、そのぶん論理が飛んでいる強引なセリフが出るところは尺問題の絡みなのでしょうか。
また、エピソードをつなげていくような作りなので、登場人物に感情移入がしにくい面もあるかと思います。
横浜流星が竹内涼真に「お前は育ちが良いな」と、取ってつけたように言いますが、これが本作の最大の特徴なのかもしれません。「恋愛映画」のラストのような描き方をどう感じるのかによって本作の評価が分かれると思います。
ただ、竹内涼真、横浜流星、高橋海人、上白石萌歌らキャスト陣の演技は良く、経済系の話が苦手だという人に対し、少しでも経済のことを身近に感じてもらうのが本作の価値だとも考えるため、経済の話を分かりやすくするには、ある程度、本作のように「雰囲気で進める」のも正解の1つなのかもしれません。
Sompnghixks
Sompnghixks
原作は未読で、WOWOW でドラマ化されたものも見ていない。道具立ては「半沢直樹」と同じ銀行が主な舞台で、銀行の融資を打ち切られて親が会社を倒産させた経験を持つといった過去もソックリである。違う点は銀行を騙して大金を手に入れようとするような根から腐り切った人物が出て来ないところと、血縁のしがらみが重要な要素となっている点である。

銀行は見込みのある顧客には融資するが、見込みのない相手からは容赦なく資金を引き上げて回収に回る。そのやり方は血も涙もない場合が多く、劇中でも言われるように、「晴れの日に傘を押し付けて雨の日に取り上げる」というものである。他の顧客が預けた金を運用して利益を上げる商売である以上、損するわけには行かず、慈善事業でも宗教法人でもないので情に左右されるわけには行かない。

銀行から融資を受けるには、将来確実な利益が見込めるという証左を示す必要があり、それが不動本部長の言う「確実性」である。見込みの甘い計画には金は出せないし、いざ回収するとなると、病気の家族の治療費に貯めた個人預金までが対象となる。まさにどのような情実も跳ね返す鉄仮面ぶりが描かれている。しかし、これを突き崩すには、ビジネスライクに儲かるという見込みをデータ化して示せば良いので、どちらかと言えば組み易い相手である。

一方、血族によるいがみ合いほど悪臭がして救い難いものはなく、長年にわたって蓄積された恨みつらみは容易には解きほぐせず、ビジネスライクに儲かるというだけでは不十分なことが多い。本作では、血族の和解がキーとなる案件であり、どうやってそれを解いたのかが最大の見どころのはずである。

しかし、残念ながら、その最も肝心なところがしっかり描かれていなかったのが物足りなかった。示されていたのはビジネス的な解決法だけであり、あれだけで長年の確執が解ける理由になるとは思えない。しかもその説明はかなり雑である。ドラマ版は9回に分けて描かれているので、十分な描写ができたのかも知れないが、2時間余りの尺ではかなり無理があると思った。

子供時代のエピソードもこれだけならそれほど重要とも思えないし、入行時のシミュレーションも、粉飾を見つけただけというのでは、伝説のバトルとまで言われるのにはかなり無理がある。一方、不動本部長には最後までドライに利益だけで判断して欲しかったのに、情が分かるような話をしたのにも何だかなと首を傾げたくなった。

役者は竹内涼真の体格の良さばかりが目についた。かなり鍛えてマッチョになってるらしいが、この役にはちょっとそぐわないような気がした。横浜流星は、力を込めてセリフを言うときに声が上ずって聞こえるのが惜しかった。もっと腹に芯のある発生を心がけて欲しいと思う。タイトルに合わせたのだろうか、アキラ 100% までが出演していたのには笑った。

音楽は非常に重厚で物語の雰囲気をよく表しており、「青天を衝け」の雰囲気とよく似ていたので佐藤直紀かと思ったら別の人であった。和声の変化を少しずつずらして繋留を生んでは次々と解決するやり方は、この映画の雰囲気を良く出していたと思う。ただ、スタッフロールで流れた歌謡曲は要らなかった。演出はもっと丁寧にやるべきではなかったかと思う。
(映像5+脚本3+役者4+音楽5+演出4)×4= 80 点

共有する

関連映画

えきすとら オンラインで映画を見る えきすとら
プロット  日本
08月07日 1982 劇場で

太陽のきずあと オンラインで映画を見る 太陽のきずあと
プロット  日本
02月14日 1981 劇場で

あしたはきっと… オンラインで映画を見る あしたはきっと…
プロット  日本
05月19日 2001 劇場で

きらきら眼鏡 オンラインで映画を見る きらきら眼鏡
プロット  日本
09月15日 2018 劇場で

きっと、またあえる オンラインで映画を見る きっと、またあえる
プロット  インド
08月21日 2020 劇場で

あの庭の扉をあけたとき オンラインで映画を見る あの庭の扉をあけたとき
プロット  日本
10月28日 劇場で

ニューリリース