離愁 プロット

---

離愁 俳優

離愁 Related

食草園が誘う昆虫と植物のかけひきの妙オンラインで映画を見る
食草園が誘う昆虫と植物のかけひきの妙
プロット  日本
07月23日 劇場で
百花オンラインで映画を見る
百花
プロット  日本
09月09日 劇場で
手オンラインで映画を見る

プロット  日本
09月16日 劇場で
太陽の夢オンラインで映画を見る
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
日本原 牛と人の大地オンラインで映画を見る
日本原 牛と人の大地
プロット  日本
09月17日 劇場で
さかなのこオンラインで映画を見る
さかなのこ
プロット  日本
09月01日 劇場で
3653の旅オンラインで映画を見る
3653の旅
プロット  日本
08月13日 劇場で
島守の塔オンラインで映画を見る
島守の塔
プロット  日本
07月22日 劇場で
俺と○○○すれば売れるオンラインで映画を見る
俺と○○○すれば売れる
プロット  日本
09月02日 劇場で
時代革命オンラインで映画を見る
時代革命
プロット  香港
08月13日 劇場で
ハモンハモンオンラインで映画を見る
ハモンハモン
プロット  スペイン
09月23日 劇場で

離愁コメント(2)

Gxmsinskohp
Gxmsinskohp
①邦題では何のことかわからない。原題の『Le Train(列車)』の方が良い。②その(難民)列車がナチの飛行機に襲撃されるシーンは凄い。③ロミー・シュナイダーはこの映画を含め70年代前半が一番輝いていたなァ。
Nrniedeuwtshatd
Nrniedeuwtshatd
ネタバレ! クリックして本文を読む
美しく悲しい愛の物語。“離愁”とは、別れの悲しみの意味だが、映画のラストはそれとは違って出会いの悲しみであった。再会することによって、かつての心の繋がりに全てを投げ捨てた男と女の、愛ゆえのどんな敵にも立ち向かう情念の強さが、痛ましくも美しい。フランス映画は、このような愛の物語でその実力を発揮する。ラストシーンにおけるアンナ役のロミー・シュナイダーの何とも知れぬ思いと心のこもった表情の美しさが、この映画のすべてを物語る。
この映画の魅力は、このシュナイダーの演技に負うところが大きい。ユダヤの血を引くアンナは、独りフランスに逃れ、避難する人々を乗せた列車で偶然出会った妻子ある男性を愛してしまった。この抜き差しならぬ状況で唯一の救いの愛に縋った運命的な悲劇が、鮮烈な印象として残った。この女性像と比較して、ラジオ修理工のジュリアンの描き方が曖昧なのが少し引っ掛かる。ジャン=ルイ・トランティニャンが渋い味で好演しているが、脚本にその原因があるようだ。妻子と一緒に列車に乗っていたにも関わらず、見知らぬ女性に深い感情を抱く事になったのか。浮気癖があるようには見えないし、それだけアンナの魅力の虜になってしまったというのか。確かにアンナの神秘的で品の良い感性豊かな美しさには、どんな男性でも魅了されるであろう。それを後押しするように、別の車両にいた妻子の列車は途中で切り離されてしまう。この脚本の作為が、ジュリアンの本気度を薄めている様に感じてしまった。
しかし、後半の展開は説得力がある。ジュリアンが二人目の出産の為入院していた妻を訪ねる間に、アンナは姿を消す。ふたりが別れて数年後にドラマが展開する。フランスはナチスドイツの占領下に置かれて、ジュリアンはナチスの秘密警察から呼び出しを受ける。レジスタンスとして活動していたアンナが、ジュリアンの妻と偽った証明をしていたからだ。このラストの見つめ合う二人のシーンは、傍観していても心苦しいし、切ない。とても映画的な表現であり、戦時下の愛の姿を切実に表現した名ラストシーンになっていた。
ロミー・シュナイダーの美しさが絶頂期の代表作の一本に挙げられるフランス映画らしい作品。

1976年 10月30日  池袋文芸坐