なまず


なまず


6.8/10
合計14件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   89分
言語   韓国語
地区   韓国
書かれた   イ・オクソプ
劇場で   07月29日
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 109

レビュー  |  共有する 

なまず プロット

韓国インディーズ映画界で注目を集める新鋭イ・オクソプの長編初監督作で、ある女性看護師の周囲で起こる奇妙な人間模様をポップな映像でブラックユーモアたっぷりに描いた恋愛群像劇。ソウル郊外の病院で、1枚の恥ずかしいレントゲン写真が流出する騒ぎが起こる。看護師のユニョンは、その写真が自分と恋人ソンウォンを写したものだと誤解。イ副院長は写真の主をユニョンと決めつけ、彼女に自宅待機を命じる。同じ頃、韓国各地で巨大な穴が出現する怪現象が発生。無職だったソンウォンは埋め戻し工事の職を得るが、仕事中に大切な指輪を紛失してしまう。ソンウォンは同僚を疑い、ユニョンはソンウォンが嘘をついているのではないかと考える。病院の水槽では、そんなゴタゴタを1匹のなまずが見つめていた。ドラマ「梨泰院クラス」のイ・ジュヨンが看護師ユニョン、本作では製作・脚本・編集も務めるク・ギョファンが恋人ソンウォン、「オアシス」のムン・ソリが病院の副院長を演じる。

なまず オンライントレーラープレイ

なまず 俳優

なまず 写真

なまず Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

なまずコメント(2)

Sispnxhmogk
Sispnxhmogk
ネタバレ! クリックして本文を読む
むかし、南の島にいた時... ある日、初対面の華人がいきなり尋ねてきた。しかも、あまりお上手ではない英語で「キャット・フィッシュ(なまず)はどこにいますか?」なんてね?
どのように答えたかは覚えていないけど確かその時はいなかったというか? 日本でいうブラック・バスやブルーギルの立ち位置と同じでその時は商業用の冷凍魚以外は持ち込みは禁じられていて生息していないはずだったが... 今では日本で幅を利かせている彼らと同じ外来魚の嫌われ者としてその地に棲み付いておられる。ただし、ここでいうキャット・フィッシュはアメリカナマズということ?(養殖業界紙 Fish Farmer Magazineより参照)

彼らの体長が日本に生息するマナマズより2倍近く130cm越えでしかも性格もアメリカ人の様にどう猛ときている。失礼、ヤンキーさん!?

今でも思い出せば涙が止まらない『雨とあなたの物語』のラストの素敵な終わり方を知っているなら... その登場人物の一人ソヒを演じていたチョン・ウヒさんがメナジェリー としてのなまず事 "マギー" のオフスクリーンのナレーターとして声を担当するって、意外に思えたけど後から考えると彼女以上にマッチした人は思いつかないかも?
そのマギーによる愛の生活と内面の不安についてコメントすることで単一のまとまりのある物語より現代の韓国に対する社会的風刺のかろうじて平均的で反抗的に不条理で、しかもはっきりと思い出せもしない意識の流れのショート・ストリーの組み合わせである本作は、主に私立病院の看護師ユニョンと彼女の散発的にボケをかますボーイフレンドのソンウォンを中心に途中スパイスの効き目の様にご登場の副院長を演じるムン・ソリさんのトボケタ冷静さが、フランス語由来の言葉:ビネット的な一連の重ね合わせのランダムなオーバーレイであり、製作に加わっている恋人役のク・ギョファンとイ・オクソプ監督による新鮮な狙いの為に彼らは徐々に恋愛感情のねじれを軽くロムコム調に描いている。

ホラーに加えて、サイエンスフィクションやファンタジー映画の持つしばしば悪意のある特異性の表現が冒頭のレントゲン写真の意外な現われからフーダニットの詮索が始まるといつの間にか話がとん挫し、スレッドは別の方向に向いている。その一例が全編を通してストーリーテリングへのアプローチにおいて非常に無差別で意味の繋がらないファンタジーへの嫌悪にも繋がってしまう。しかしこの映画では登場人物がゆるキャラのように個人的には見えて最後の諸々の不可解さがすべて隠れた主題としての"sinkhole" の陥没という物理的な考えから別の意味の精神的イメージに転化して物語は締めくくられる。
神経質でデリケートな性格から暴れたり飛び跳ねることで... マギーちゃんがラスト、"あっと"言わせます。
Setledmapi
Setledmapi
冒頭のレントゲン室で始まる不可思議な描写から鮮烈だ。ナレーションが繰り出す柔らかな口調とその背後で展開する突飛な映像の対比が面白くて、ものの数分でこの映画の地上数センチ浮かび上がったかのような浮遊感の虜になる。人のいなくなった病院内でヒロインを当てどなくさまよわせ、かと思えば、なまずの跳躍を機に街には人知を超えた穴(シンクホール)が空き始めるなど、本当にこの映画は何がどう転んでいくのかわからない。視点や意識もあちこちへ移り変わってストーリーは線形には進まないが、通底する主題はやはりあの言葉、「穴に落ちた時は掘り進めるのではなく、そこから抜け出すべし」。一つのことを気にしだすと、その不安や悩みが底無し沼のように深まってどうしようもなくなっていく。そんな誰の身にもひとつや二つ覚えのある心象模様を、時として観客をポカンと置き去りにしながらも、ユニークに織りなしたイ・オクソプ監督の今後が楽しみだ。