今夜、世界からこの恋が消えても プロット

アイドルグループ「なにわ男子」の道枝駿佑と「思い、思われ、ふり、ふられ」の福本莉子を主演に、一条岬の同名恋愛小説を映画化。高校生の神谷透はクラスメイトに流されるまま、同級生の日野真織に嘘の告白をする。しかし彼女は「お互い本気で好きにならないこと」を条件にその告白を受け入れ、2人は付き合うことに。やがて真織は、自分が前向性健忘症で、夜に眠るとその日の出来事をすべて忘れてしまうことを透に打ち明ける。彼女は毎朝、前日の日記を読み返すことでどうにか記憶をつなぎ止めていた。透はそんな真織と1日限りの恋を積み重ねていくが……。「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」など数々の青春恋愛映画を手がけてきた三木孝浩監督がメガホンをとり、「君の膵臓をたべたい」の監督・月川翔と「明け方の若者たち」の監督・松本花奈が共同で脚本を担当。

今夜、世界からこの恋が消えても オンライントレーラープレイ

今夜、世界からこの恋が消えても 俳優

今夜、世界からこの恋が消えても 写真

今夜、世界からこの恋が消えても Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

今夜、世界からこの恋が消えてもコメント(7)

Lucmbpoerp
Lucmbpoerp
監督らしい切ない作品。泣けます。
みっちーの終わり方にちょっと物足りなさがあるけどw

古川琴音が凄くいい。
親友を心から思う気持ちに胸が熱くなります。
彼女の映画と言っても良いくらい素敵です。
個人的にも思い入れのある湘南の風景も作風にあっていてgood。

ジャニーズが出てるから…って避けてはいけない良い映画です。
少なくともウチの子供にはおススメします。
Niiipipkpn
Niiipipkpn
『101回目のファーストキス』と似たパターンだけど、こっちは本人が記憶障害を自覚しているパターン。

本作で1番苦しくて辛いのは神谷に恋してる泉ちゃんだよね。
だって真織ちゃんは毎日神谷クンから幸せをいっぱいもらってて、彼が消えても寝たら忘れちゃえるじゃない。
でも泉ちゃんは神谷への恋心をどうすることも出来ないし、彼が消えても彼女の恋心は生き続けるんだもん。
だから彼女が泣く場面が、私は1番泣けた。

すすり泣きの声が映画の音なのかなんだかわかんなくなるぐらい泣いてる人多数。

泣いて心を浄化させたい人におすすめ。
Naligphcmees
Naligphcmees
ネタバレ! クリックして本文を読む
素直に感動、泣ける話でした。
元々原作を読んでいましたが、主人公の透はピッタリな配役だったと思います。
キスシーンで耳が赤くなっていたのが、演技なら素晴らしいと感じたのと偶然でも透らしさを感じました。
透が居なくなってからは親友の泉ちゃんが主人公、ヒロインといって良いほど俳優さんの演技が素晴らしかったです。
結末を知っていたので当初は泣きませんでしたが、泉ちゃんの泣くシーンで引き込まれて泣いてしまいました。
ヒロインの真織は若干、記憶と共に感情も無くなっているのかと思うほど、透に対しての感情が淡白に見える演出だったことだけ気になりました。
Omxipshkgsn
Omxipshkgsn
記憶喪失系の映画は結構ありますが、本作は脚本が良く練られており予定調和的な展開がほとんど無く、自然な感じで展開が進む。そして切ない感じが良く表現されてとても良かった。これぞ三木ワールドと言った感じ。上映中は至る所ですすり声が聞こえたので女性の方はハンカチ必須です。
Dibonumlcmo
Dibonumlcmo
冒頭、なんとなく想像できる未来。

やっぱり。

このタイトルの意味が判る。

涙が止まらない。場内もすすり声。

全体的にとても綺麗な作品。BGM、主題歌も。

涙を拭くティッシュ、ハンカチなどは十分用意して。

私は足りませんでした。

沢山泣く覚悟で観に行ってください。

道枝くんの代表作になる作品の1つ。