映画ざんねんないきもの事典 プロット

生き物たちの意外な一面を紹介する人気児童書シリーズ「ざんねんないきもの事典」を、南極・オーストラリア・長野県安曇野を舞台にした3つのオリジナルストーリーでアニメ映画化。南極のアデリーペンギンたちは、道に迷ったコウテイペンギンを家族のもとまで送り届けることに。オーストラリアで暮らす甘えん坊なコアラのリロイは、自分だけのユーカリの木・ホームツリーを探す旅に出る。自分を最強だと思い込むニホンノウサギのウサオと、臆病なツキノワグマの月子。当てのない旅に出た彼らは、それぞれ森の中をさまよう中で、初めて見る生き物に出くわしパニックに陥る。物語を案内するモグラの親子・モグモグとグララの声を、俳優のムロツヨシと伊藤沙莉が演じる。「紙兎ロペ」のウチヤマユウジが南極編の監督・脚本、「ピングー in ザ・シティ」のイワタナオミがオーストラリア編の監督、「リョーマ! The Prince of Tennis 新生劇場版テニスの王子様」のアニメーションディレクター・由水桂が日本編の監督を務める。

映画ざんねんないきもの事典 オンライントレーラープレイ

映画ざんねんないきもの事典 俳優

映画ざんねんないきもの事典 写真

映画ざんねんないきもの事典 Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

映画ざんねんないきもの事典コメント(2)

Msgoxnhpsik
Msgoxnhpsik
まず全体のナビゲーション役のモグラ親子の声をムロツヨシと伊藤沙莉が担当するキャスティングは良いと思いました。しかし、シーンが短いし作画も安っぽいので、正直、もったいなく感じたのは残念な点でした。
その流れで1本目のオーストラリアが舞台のコアラの子供リロイを主人公とする「リロイのホームツリー」が始まります。映像がナビゲーションに近いCGの感じで、「この映画は、全ての映像が似た物なのかもしれない」と、やや危機感を覚えました。
1本目では、主人公リロイの声を花江夏樹が担当しているのですが、全く気付かないくらいのトーンでした。
そして2本目の南極を舞台としたペンギンたちの「ペンたび」は、最初に「どこか聞き覚えのある声だな」と思っていたら、「紙兎ロペ」のスタッフによるもので、この段階で、作品はそれぞれの監督に任せられている構成だと気付けました。作画も「紙兎ロペ」のタッチなので、会話の雰囲気も含めて非常に見やすいですし、面白かったです。
ラストの3本目は日本を舞台としたウサギの「はちあわせの森」で、これは主人公のウサギを助ける先輩ウサギの声が下野紘で、まさに鬼滅の刃の役柄の声と設定がかぶっていました。この3本目が割と王道的な映像なのかもしれません。
全体に共通するのは「生き物の残念に思える特性」。このネタを随所にちりばめながら物語を進行していきます。
これらの小ネタを「へ~そうなんだ」と思いながら見て、私が一番ビックリしたのは、エンドロールの際の「ペンたび」の「声の出演」の箇所でした!
エンドロールにもスタッフロールの隣に小ネタが流れてきますが、スタッフロールの方にも発見があると思います。
Hgioxknmssp
Hgioxknmssp
ネタバレ! クリックして本文を読む
3話で構成されており、ストーリー性もコミカルで子供はもちろん大人も楽しめるよう面白くなってます。でも、1話と3話目は共通して最後が悲しいかなぁ・・・自然界では大人になるのが早いなぁと悲しみもあり感心もしました。
ペットを飼っていられる方はここの部分で重なる思いがあると思います。

絵は各話それぞれ違っており絵のタッチの違いを見る楽しみもありました。
特に2話目のペンギンは『紙兎ロペ』の監督さんで、今回も監督・脚本・声優を全てこなしてて、ロペ好きな人も必見かと思います。同じようなノリでシュールな笑いが盛り沢山でした。
エンディングの秦基博さんの『サイダー』も
映画の為の書下ろしだけあって作品にとても合ってました。
エンドロール中にもざんねんないきものの紹介も入ってくるので
最初から最後まで楽しめました。