悲しみに、こんにちは プロット

本作が長編デビュー作となるスペインの新人女性監督カルラ・シモンが、自身の幼少期の体験をもとに、思春期前の少女の繊細な心の機微を、カタルーニャの風景を舞台に描いていく。2018年アカデミー外国語映画賞スペイン代表作品。両親をある病気で亡くしたフリダは、若い叔父夫婦のもとで暮らすこととなった。叔父と叔母、そしていとこのアナは、バルセロナからカタルーニャの田舎へと引っ越してきたフリダを家族の一員として温かく迎え入れてくれるが、フリダたちが新しい家族として生活するためには、お互い時間が必要だった。初めて生と死に触れた少女の特別なひと夏をみずみずしく描き、ベルリン国際映画祭やゴヤ賞で新人監督賞を受賞。第71回カンヌ国際映画祭では、映画界で活躍する女性をたたえる「ウーマン・イン・モーション・アワード」などを受賞。

悲しみに、こんにちは 俳優

悲しみに、こんにちは 写真

悲しみに、こんにちは Related

帰ってきた宮田バスターズ(株)オンラインで映画を見る
帰ってきた宮田バスターズ(株)
プロット  日本
08月20日 劇場で
マックスとリリーオンラインで映画を見る
マックスとリリー
プロット  フランス・イタリア合作
08月05日 劇場で
怪奇タクシー 風の夜道に気をつけろ!オンラインで映画を見る
怪奇タクシー 風の夜道に気をつけろ!
プロット  日本
08月05日 劇場で
ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言オンラインで映画を見る
ファイナル アカウント 第三帝国最後の証言
プロット  アメリカ・イギリス合作
08月05日 劇場で
異動辞令は音楽隊!オンラインで映画を見る
異動辞令は音楽隊!
プロット  日本
08月26日 劇場で
紅い服の少女 第一章 神隠しオンラインで映画を見る
紅い服の少女 第一章 神隠し
プロット  台湾
09月30日 劇場で
ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブルオンラインで映画を見る
ギャング・カルテット 世紀の怪盗アンサンブル
プロット  スウェーデン
09月02日 劇場で
この子は邪悪オンラインで映画を見る
この子は邪悪
プロット  日本
09月01日 劇場で
ロックン・ロール・サーカスオンラインで映画を見る
ロックン・ロール・サーカス
プロット  イギリス
08月05日 劇場で
劇場版 ねこ物件オンラインで映画を見る
劇場版 ねこ物件
プロット  日本
08月05日 劇場で
シーフォーミーオンラインで映画を見る
シーフォーミー
プロット  カナダ
08月26日 劇場で

悲しみに、こんにちはコメント(20)

gwyixs
gwyixs
去年見た劇場版若おかみは小学生!に似た内容だった。

アニメと映画の違いがある分、こちらは少し淡々と感じたがどちらもすごくいい映画。

この映画が好きで若おかみをご覧になってない方は、アニメだからと舐めずに見てほしい。
Xisnmkgoshp
Xisnmkgoshp
味のある映画でした。
とても綺麗な映像と、演技が素晴らしかったです。ちょっとドキュメンタリー風な感じも上手くハマっていました。

ラストシーンがとにかく良かったです。
深い悲しみと幼さを結ぶ映像でした。
Gospikxnshm
Gospikxnshm
両親を亡くした少女(小1と思われる)フリダが叔父夫婦のもとに引き取られる。叔父夫婦にはさらに幼い女の子アナがいて、4人での暮らしが始まった夏の始まりぐらいから新学期が始まる前までを描く。

フリダとアナが素晴らしい。カメラもほとんどが子供の目の高さにあり、子供の視点でストーリーは進む。
子供って無邪気で、可愛くて、そして小狡くて、そういうむき出しの“子供らしさ”をカメラはしっかり捉えていて見事である。

説明的なセリフやナレーションもなく、演出はドキュメンタリータッチとも言える(アナはまだ言葉もしっかり話せないような子供なのだが、そもそも、これは演技しているのだろうか?)。
いや、もとより子供の振る舞いなんて、明確に説明出来ないことも多いわけで。その最たるものはラストシーン。言語化し切れない感情の爆発を見せるフリダ。でも、言語化出来なくても、説明がなくても、観ているほうには彼女の気持ちが判り、共鳴してしまう。
叔父夫婦も、突然増えた家族に戸惑いながらも偏りのない愛情をフリダにも向けようとしており素晴らしい。この“家族”に多くの幸あれと願ってしまう。
Sisgomxhpkn
Sisgomxhpkn
フリダはどうも、どこかに引っ越すようだ。
渡される”ネウス・ビホ・シモン”と書かれた女性の絵。

何となく、引っ越しの理由の想像がつく。
だが、映画では明確な台詞なしに、叔父夫婦の家で住むことになったフリダは、叔父夫婦の幼い娘、アナと一緒に遊ぶ日々だが、慣れない生活が続き、我儘になったり、精神は安定していない。

そして、時折呟かれる神への贖罪の言葉。
映し出される、小さなマリア像。

後半、フリダの口から叔母に問いかけられる言葉で”ああ、矢張り・・”と思うとともに、健気なフリダのそれまでの姿が思い出される。

そして、無邪気に遊ぶ中での突然のフリダの涙・・。こちらも涙してしまった。

<悲しみの意味がはっきりと分からず、自己表現出来なかった少女の健気な姿が印象的であった作品。>

<2018年9月1日  シネマテーク高崎にて鑑賞>
Uykohrrngc
Uykohrrngc
子供たちの表情は演技とは言い難いほどにナチュラルで目が離せなかった。