偽りの隣人 ある諜報員の告白 プロット

軍事政権下の韓国で、民主化を求めて自宅軟禁された政治家と彼を監視する諜報員の正義を描いた社会派サスペンス。1985年、国家による弾圧が激しさを増す韓国。野党政治家イ・ウィシクが次期大統領選に出馬するために帰国した。空港に到着したウィシクは国家安全政策部により逮捕され、自宅軟禁を余儀なくされた。ウィシクを監視するため、諜報機関は愛国心だけは人一倍強いユ・デグォンを監視チームのリーダーに抜擢。隣家に住み込んだデグォンは、24時間体制でウィシクの監視任務に就くことになった。デグォンは盗聴器ごしに聞こえる、家族を愛し、国民の平和と平等を真に願うウィシクの声を聞き続ける中、上層部への疑問を抱くようになる。そんな矢先、ウィシクと彼の家族に命の危険が迫り……。デグォン役を「王の預言書」のチョン・ウ、ウィシク役を「国際市場で逢いましょう」のオ・ダルスが演じる。監督は「7番房の奇跡」のイ・ファンギョン。

偽りの隣人 ある諜報員の告白 オンライントレーラープレイ

偽りの隣人 ある諜報員の告白 俳優

偽りの隣人 ある諜報員の告白 写真

偽りの隣人 ある諜報員の告白 Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

偽りの隣人 ある諜報員の告白コメント(11)

Eriaenerdfbtf
Eriaenerdfbtf
ネタバレ! クリックして本文を読む
素晴らしかった!

民主化を志す野党政治家を盗聴していた主人公が徐々に盲信していた軍事政権に疑問を抱き始める。

重い内容と思っていたら途中ドリフのコントみたいに笑える場面も。温かいシーンも多くリラックスして鑑賞していたら終盤に向かいシリアスな展開に。

歪んだ権力や欲望の為に若い命が犠牲になるのは本当に悲しい。

ラストを観て日本にもこんな素晴らしいリーダーが現れて欲しいと強く感じました。報道や警察組織に介入し国民より己の保身や都合を最優先させる今の与党は支持出来ません。
Psxhnomigsk
Psxhnomigsk
80年代以降の政治や社会情勢を扱った韓国映画が増えているが、本作もそんなイメージで視聴。ところが冒頭でフィクションであることを知らせるテロップが。朴正煕と全斗煥が政権を握っていた韓国を扱った映画は、実話ベースと銘打っていてもかなり攻めた内容のものが多くなっていたので少し意外な印象を受けた。
実際、当時人気のあった野党側の大統領候補が拉致された事件もあったし、韓国の情報機関による盗聴なんかは日常茶飯事だったんだろう。そんな狙われる側と監視・盗聴する側でこんな話を作り上げるとは。
設定と話の基本構図はシリアスなのに、中盤までは結構コメディテイストであることに驚いた。ちょっと笑ってしまったよ。こんな間抜けなエージェント大丈夫かって疑問も湧くんだけど。
でも、後半からは俄然シリアスに。そして一気につらい展開と感動のラストへとなだれ込む。ここらへんの脚本の作り方はさすがだな。そしてこのラストを作りたいからフィクションであることを強調したことに気づいた。ベタだけどとてもいい終わり方!現代韓国の闇を描きつつ、フィクションとして、素晴らしい人間ドラマを見せてもらった。
Snoxsgkmpih
Snoxsgkmpih
民主主義を貫く大統領候補をめぐるお話だけどハートウォーミングな結末でちょっと間抜けな隣人諜報員達の活躍も気持ち良いけど、いつものことながら容赦ない展開も目白押しで気が抜けない。こんなおはなし現実でもありそうだよな…。
bgcpiy
bgcpiy
ネタバレ! クリックして本文を読む
独裁末期の韓国。自宅軟禁された民主派政党党首を隣宅から監視する情報機関員が、盗聴で一家の暮らしに触れる中で次第に心情を変えていく。
ポスタービジュアルより序盤はかなりコミカルなタッチだったが、機関が容赦なく政敵に手をかけ始める頃からシリアス度が増す。とはいえ全体には軽めで前向きな娯楽作にまとまっている。
最近だと「KCIA」、過去に「大統領の理髪師」も観たが、(本作はフィクションと銘打ってはいるが)苛烈な政治史の一面をリアリズムだけでなく笑いを含め多様なアプローチで描き、不謹慎あるいは偏向と言われずに公開できるのには同国映画界の奥深さを感じる。
【追記・ネタバレに変更】とはいえ後味の悪さもある。
党首の娘は、党首を偽装交通事故で殺害する作戦で誤って殺される。主人公は事故の瞬間を目撃、最期にも立ち会い、父を守ってと遺言される。
抑圧する側にいた人間が真実に触れて改心し行動するのは王道で、主人公にとってはこれが組織に反逆するきっかけとなっただろう(より直接的には自身の家族に対する機関からの脅迫だろうが)。
だが、作戦には主人公自身も党首殺害の目的を知りつつ尾行役で参加していた。決行を止める機会を探っていたかにも見えたが、党首が車を乗り換えた際には車のナンバーを報告して、娘の車の方を追跡した。無線が不調で乗り換えが伝わらなかったが、受信されていれば成功していただろう。
自身が作戦に関与していたことや、先に機関が党首の親友議員を謀殺した際の反応の薄さと比べて、党首の娘の死への主人公の反応が唐突というか、それまで良心の呵責、葛藤があったようにはあまり見えなかった。それだけ自身の任務が引き起こした現実の死への衝撃が大きかったのだろうと想像はするし、そこまで内面を描く作品ではない(あるいは自分が読み取れていない)と思うが、結末も個人的救済に留まっているようで、すっきりしなさは残る。(実際の民主化運動で失われた命を想起して、私自身が不謹慎と感じているのかもしれない)
Nspogmhksxi
Nspogmhksxi
自宅軟禁された大統領選出馬予定の野党総裁と、彼の監視を諜報機関から命ぜられたものの揺らぐ男の話。

1985年全斗煥政権次代第五共和国の韓国という設定で描かれたフィクションで、シリアスな政治サスペンスだと思っていたけれど、始まって程なく特段コミカルでは無いシーンのBGMに違和感が…??

そして総裁宅の隣家での監視が始まると、まさかの昭和のコントの様な展開も。
ここまでコテコテにコミカルな描写入れなくても良くないか?と思いつつも、サスペンスあり、人間ドラマあり、喜怒哀楽が詰まっていてとても面白かった。