6.8
 合計18件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 148

レビュー  |  共有する 

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ” プロット

《マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”》謎に包まれた天才デザイナー、マルタン・マルジェラに迫ったドキュメンタリー。これまで公の場に一切登場せず、あらゆる取材や撮影を断わり続けてきたマルジェラが、「このドキュメンタリーのためだけ」「顔は映さない」という条件のもと制作に協力。初公開のドローイングや膨大な量のメモ、幼少時に作ったバービー人形の服などのプライベートな記録を見せながら、ドレスメーカーだった祖母からの影響、ジャン=ポール・ゴルチエのアシスタント時代、ヒット作となった足袋ブーツの誕生、エルメスのデザイナーへの就任、そして51歳での突然の引退など、キャリアやクリエイティビティについてマルジェラ本人が語る。監督は「マグナム・フォト
世界を変える写真家たち」「ドリス・ヴァン・ノッテン
ファブリックと花を愛する男」などで知られるドキュメンタリーの名手ライナー・ホルツェマー。

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ” オンライントレーラープレイ

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ” 俳優

マルジェラが語る“マルタン・マルジェラ”コメント(2)

Pctbeloeaurerd
Pctbeloeaurerd
亡きカール・ラガーフェルドを筆頭に、自分自身をアピールすることでデザイナーとしてのステイタスと服の価値を高めたクチュリエは多い。そんな中で、かつて一度もショーのラストに顔を出さず、一切メディアにも登場しなかったのが、マルタン・マルジェラだ。本人はその理由を人前に出るのは苦手だし面倒だからだと説明する。あの無愛想な川久保玲ですら、ショーの最後にちょっとだけ挨拶しに出て来ると言うのに。しかし、結果的に彼の引っ込み思案な性格が返って伝説を作り、引退後も注目を浴びる理由なのだとも思う。

そしてこのファッション・ドキュメントでは、ベルギー生まれのマルジェラが、同郷のデザイナーたちと同じく川久保玲の常識を打ち破る服作りに影響され、アシスタントとして働いたジャン=ポール・ゴルチエにその才能を認められた上で、素材をリメイクし、リサイクルした服らしくない"アンチ・ドレス"の数々をどうやって作ったかを詳らかにしていく。彼が最初に注目を浴びた1980年代は装飾美がもてはやされた時代であり、それは今も基本的に変わりないことを考えると、クリエイティブの世界では独創性こそが大事だと痛感する。

それはファッションも映画も同じ。引退した孤高のデザイナーの足跡を紐解く本作は、個性的な秀作を残した巨匠のアーカイブを振り返る作業に似ている。
Xtiducdeseyt
Xtiducdeseyt
The film reveals that everything cool since the 80's can be traced back to Martin Margiela, an influential artist who worked not for fame but for his own enjoyment in life. His advice is metaphysical and can be applied to any craft. "Sometimes it's the things you don't like at first that become the most interesting." I made a painting while watching this film and I was pleased with the result.

共有する

関連ニュース

関連映画

幕が上がる 幕が上がる
プロット  日本
02月28日 2015 劇場で

風が踊る 風が踊る
プロット  台湾
01月01日 1900 劇場で

朝が来る 朝が来る
プロット  日本
10月23日 2020 劇場で

雨あがる 雨あがる
プロット  日本
01月22日 2000 劇場で

小津と語る 小津と語る
プロット  日本
11月27日 1993 劇場で

君が踊る、夏 君が踊る、夏
プロット  日本
09月11日 2010 劇場で

ニューリリース