7.2
 合計20件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 102

レビュー  |  共有する 

プロミシング・ヤング・ウーマン プロット

Netflixオリジナルシリーズ「ザ・クラウン」でチャールズ皇太子の妻カミラ夫人役を演じ、テレビシリーズ「キリング・イヴ Killing Eve」では製作総指揮や脚本を担当するなど、俳優・クリエイターとして幅広く活躍するエメラルド・フェネルが、自身のオリジナル脚本でメガホンをとった長編映画監督デビュー作。ごく平凡な生活を送っているかに見える女性キャシー。実はとてつもなく切れ者でクレバーな彼女には、周囲の知らないもうひとつの顔があり、夜ごと外出する謎めいた行動の裏には、ある目的があった。明るい未来を約束された若い女性(=プロミシング・ヤング・ウーマン)だと誰もが信じていた主人公キャシーが、ある不可解な事件によって約束された未来をふいに奪われたことから、復讐を企てる姿を描く。主人公キャシーを「17歳の肖像」「華麗なるギャツビー」のキャリー・マリガンが演じ、「スキャンダル」「アイ,トーニャ
史上最大のスキャンダル」や「スーサイド・スクワッド」で知られる女優マーゴット・ロビーが製作を務めている。2021年・第93回アカデミー賞で作品、監督、主演女優など5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞した。

プロミシング・ヤング・ウーマン オンライントレーラープレイ

プロミシング・ヤング・ウーマン 俳優

プロミシング・ヤング・ウーマン 写真

プロミシング・ヤング・ウーマンコメント(20)

AyeAncirrmc
AyeAncirrmc
どんなに歪んでいたとしても、一途な使命感には崇高さがある。

なにしろキャリー・マリガンです。
くたびれたアル中の中年女性のようにすら見えたかと思えば、幼げで儚くて守ってあげたいと思わせる月見草の花のような可憐な美しさを湛えて微笑む。

プロローグと5章の本編から構成されています。
話の方向性が意外と曖昧なのですが、彼女は一体どこに向かっていくのだろう?という微妙なさじ加減が興味を掻き立て続けるので飽きることはありません。
その間のキャリー・マリガンの表情や出立ちもまた程よい味付けとなってるのです。

性犯罪における女性被害者側の救われなさと永遠とも思える終わらなさ。
それを被害者本人やその家族ではなく、彼女をリスペクトする友人の立場から描くことで、加害者男性の罪深さがより客観的に浮かび上がってきます。

過去に何度も描かれてきたテーマなのに、改めて重く突き付けてくるという意味では、『グリーンブック』に匹敵します。差別とレイプ犯罪というテーマの違いはありますが。

恨みや復讐は何も生まない。
前を向いて生きていくしかない。
それが正論だと思いますし、できればそうでありたいと私も思います。

それでも冒頭に書いたように、敬愛する友だちの無念を晴らしたいという純粋で一途な思いには、侵し難
い崇高さが宿るのも事実です。
gfqchx
gfqchx
ポスタービジュアルからもっとポップなイメージ満載の作品かと思ってました…スーサイド・スクワッドのような…けど、違った。

あらすじからもっとスプラッターな猟奇的な作品かと思ってました…けど、違った。

男に復讐しまくりの凄惨な作品かと思ってました…けど、違った。

この作品にこんなイメージをお持ちの貴方…スルーしても良いかと…笑

*ストーリーは意外にシリアス…けど、主人公にいまひとつ感情移入が出来ないのは、その復讐の理由が結構もったいぶらせる割には、よくありがちな物語で驚きがない…
Rfosbrescolmoatc
Rfosbrescolmoatc
「(未来を)約束された若い女性」というタイトルは、どこか眉唾もののネーミングで、いかにもアメリカ流のハリウッドで作られた”me too"やジェンダーに対しての配慮を色濃く映し出した騙し絵のようだ。

例えばポップなファッションや音楽にのって、主役キャリー・マリガンが登場しても彼女の経歴やここからの復讐にいたる背景は勝手に想像してとでも言いたげな省略系で・・・

昔夜ごと男を漁るといえば「ミスター・グッバーを探して」という秀作(なぜかDVD化もされてない!?)で、ダイアン・キートンが細やかな心理描写で堕ちた教師をやっていた映画があった。
このシチュエーションで最後は、哀れさや悲しみをグッとくる位引き出していた。

それから較べるべくもないがこの映画は、私的には勝手にしやがれ・・って感じで。
アカデミーでは脚本賞らしいが、私には脚本の良さは分からなかった。新しい観客達には何か新しく感じとるものがあったのか?

とにかくリベンジポルノや何かコロナの中でのうっぷんのはけ口のような内容には辟易したことは確実でした。

最後に西部劇の主役が単身敵地に乗り込むように、復讐が行われそれがこの映画の醍醐味だといえば言えたかもしれない・・キャリー・マリガンは恰好良かったです。
Xknmigpssho
Xknmigpssho
「こういう落としドコロなわけね!」と舌を巻くラストに向けての展開でした。ある程度は予測がつくものの、やっぱり負け(?)ました。悲しみと悔しさと痛快の共存。
キャシーのヘアメイク、自宅のインテリア、ボーイフレンド候補の雰囲気、全て時が止まったかのような、というよりずっと時を遡ったかのようなオーラを放っていました。全ては、ある出来事に魂を奪われてしまったキャシーの心象風景のメタファーなのかな、と思いました。
ネタバレになるのでこれ以上書けませんが、小道具の使い方も色々スパイスが効いててよかったです!
途中、「30歳にもなる娘がいつまでも実家に居続けるなんて(変)」、みたいな親のセリフがありました。が、一般的に日本のみならず、最近では家賃も高くて職にもつけずパラサイトしているアメリカの若者も多いと聞きます。(全くの余談ですみません)
Upsotmeagu
Upsotmeagu
これは鋭い、アカデミー脚本賞も納得
なんかの出来事を覚えてるかどうかは人によって違う
日常に紛れて表に出てこなかった事件の加害者と被害者とかだったらなおさらどうしようもなく記憶の強度が違う

そしてそういう覚えてる覚えてないに関わらず、インターネット空間には事実が褪せない記録として刻まれてたりする

さて、あなたの今の幸せは、本当に与えられて然るべきものか

予告編のイメージは痛快な復讐劇だったけど、実際観てみると全くそうではなくって社会的メッセージが強烈な作品、逆にとてもよかった

ハラスメントなんかしたことない、と思ってる人こそ観るべき
レイプだけじゃない、暴力でも、イジメでもなんでも、そして見てみぬふりとかでも、絶対に他人を一線以上に傷つけたことはないか、と問われたとき、本当にあなたはクリーンか?っていう

共有する

関連ニュース

関連映画

ヤング・ヤング・パレード ヤング・ヤング・パレード
プロット  アメリカ
12月03日 1963 劇場で

ウーマン ラブ ウーマン ウーマン ラブ ウーマン
プロット  アメリカ
01月01日 1900 劇場で

ヤング・フランケンシュタイン ヤング・フランケンシュタイン
プロット  アメリカ
10月31日 1975 劇場で

ヤング・ヒットマン ヤング・ヒットマン
プロット  アメリカ
01月19日 1996 劇場で

ヤング@ハート ヤング@ハート
プロット  イギリス
11月08日 2008 劇場で

ヤング・ゼネレーション ヤング・ゼネレーション
プロット  アメリカ
04月05日 1980 劇場で

ニューリリース