6.4
 合計19件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 110

レビュー  |  共有する 

一体何故この連中の映画を作るのか? プロット

「ハイゼ家・百年」が日本でも劇場公開された、旧東ドイツ出身のドキュメンタリー作家トーマス・ハイゼ監督が1980年に手がけた初期作品。当時の東ベルリンの不良少年たちの姿を記録したドキュメンタリー。東ベルリンのプレンツラウアー・ベルク地区。不良たちの溜まり場となっている給水塔の周辺では、軽犯罪が横行していた。ハイゼ監督は同地区で犯罪行為を繰り返す兄弟ノルベルトとベルントにカメラを向け、彼らの日常生活と将来のイメージを語らせる。作品のタイトルは、ハイゼ監督が映画大学でこの企画を提案した際に、制作に反対する教師に言われた言葉。タイトルにしたことで大学との間に亀裂が生じ、その後ハイゼ監督は大学を去ることになった。他のハイゼ監督の初期作品と同様、ベルリンの壁が崩壊するまで上映が禁止された。「トーマス・ハイゼ
東ドイツ3部作
今はなき社会主義国家」(2021年7月3日~、シアター・イメージフォーラムほか)で劇場公開。

一体何故この連中の映画を作るのか? オンライントレーラープレイ

一体何故この連中の映画を作るのか? 俳優

一体何故この連中の映画を作るのか? 写真

一体何故この連中の映画を作るのか?コメント(0)

コメントは見つかりませんでした。

共有する

関連ニュース

関連映画

ワーニング その映画を観るな ワーニング その映画を観るな
プロット  韓国
08月21日 2020 劇場で

映画の都 映画の都
プロット  日本
03月25日 1991 劇場で

映画に愛をこめて アメリカの夜 映画に愛をこめて アメリカの夜
プロット  フランス・イタリア合作
01月01日 1974 劇場で

いつの日かこの愛を いつの日かこの愛を
プロット  香港
03月16日 1991 劇場で

映画 聲の形 映画 聲の形
プロット  日本
09月17日 2016 劇場で

のるかそるか のるかそるか
プロット  アメリカ
05月04日 1990 劇場で

ニューリリース