空気人形


空気人形


6.7/10
合計15件のレビュー
ジャンル   プロット
ランタイム   116分
言語   日本語
地区   日本
書かれた   是枝裕和
劇場で   09月26日 2009
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 162

レビュー  |  共有する 

空気人形 プロット

女性の「代用品」として作られた空気人形ののぞみに、ある朝「心」が芽生え、持ち主の秀雄が留守の間に街へ繰り出すようになる。そんなある日、レンタルビデオ店で働く青年・純一に出会い、密かに想いを寄せるようになった彼女は、その店でアルバイトとして働くことになるが……。「誰も知らない」「歩いても
歩いても」の是枝裕和監督が、業田良家の短編漫画「ゴーダ哲学堂
空気人形」を映画化。主演は韓国の人気女優ペ・ドゥナ。

空気人形 俳優

空気人形 写真

空気人形 Related

きっと地上には満天の星オンラインで映画を見る
きっと地上には満天の星
プロット  アメリカ
08月05日 劇場で
アバター ジェームズ・キャメロン 3Dリマスターオンラインで映画を見る
アバター ジェームズ・キャメロン 3Dリマスター
プロット  アメリカ
09月23日 劇場で
よく晴れた日のことオンラインで映画を見る
よく晴れた日のこと
プロット  日本
09月17日 劇場で
ワタシタチハニンゲンダ!オンラインで映画を見る
ワタシタチハニンゲンダ!
プロット  日本
08月19日 劇場で
響け!情熱のムリダンガムオンラインで映画を見る
響け!情熱のムリダンガム
プロット  インド
10月01日 劇場で
マイ・ブロークン・マリコオンラインで映画を見る
マイ・ブロークン・マリコ
プロット  日本
09月30日 劇場で
離愁オンラインで映画を見る
離愁
プロット  フランス・イタリア合作
08月06日 劇場で
川っぺりムコリッタオンラインで映画を見る
川っぺりムコリッタ
プロット  日本
09月16日 劇場で
グリーンバレットオンラインで映画を見る
グリーンバレット
プロット  日本
08月26日 劇場で
野球部に花束をオンラインで映画を見る
野球部に花束を
プロット  日本
08月11日 劇場で
ストーリー・オブ・マイ・ワイフオンラインで映画を見る
ストーリー・オブ・マイ・ワイフ
プロット  ハンガリー・ドイツ・フランス・イタリア合作
08月12日 劇場で
異動辞令は音楽隊!オンラインで映画を見る
異動辞令は音楽隊!
プロット  日本
08月26日 劇場で

空気人形コメント(20)

Igxsnspkmho
Igxsnspkmho
ヒロインはぺ・ドゥナさん
「私の少女」の主役:女性警察官の時より更に若く可愛くお気に入り、

監督:是枝裕和氏

漫画やアニメなどではアンドロイドを題材にしますが
こちらは空気人形ということでR15
とちょっとエッチィ滑り出し、

しかしそこは流石の是枝監督、
静かに切ない物語と相成りました。
djyxnu
djyxnu
ぺ・ドゥナがとにかく可愛いな。
脚も手も真っ直ぐで、おにんぎょさんみたいだった。
音楽も温かくって良かった。
おじいさんとの会話や、オデコに手をあてるシーンも、ジンワリと心に染みた。

ただ、いくにんかの老若男女の日々のひとこまが描かれたけれども、
この人々の心が良く解らなかったなぁ…。

あとね、ラストが好きじゃないかな…。
心を持ってから、いろいろ心の動きを学んで吸収していたのに、
やったらダメなことって判らなかったの?
それとも、相手も同じ事を望むと思ったの?
ちょっと怖かったよ…。
Xhkipgomsns
Xhkipgomsns
公開当時鑑賞~久しぶりの再鑑賞でした。
心をもった人形・・・
監督とか役者さんとかではなく人形への視点で
見ている
人形者としては凄く切ない物語ですね~♪
沢山可愛がれば表情が変わってくる(そう見える)
なにも言えない・しゃべれないけど
心はあるとおもって日々接してます。
xprugs
xprugs
心を持ったラブドールという設定がとても面白そうだと思い、鑑賞。
結果、最後までストーリーや空気人形が思ってる事は、凄い考えさせられるし、面白かった!
だが、序盤のこれが分かってこれが分からんのかい!が凄い心の中でモヤモヤしてます笑
終わった後は、この映画について、自分の中で振り返る映画になりました。
Uesrnstebyp
Uesrnstebyp
心を持ってしまったラブドールの悲しき運命。
官能ファンタジーくらいで軽くまとめられてしまいそうですが、決してそんなことはありません。
まず、空気人形を演じたペ・ドゥナさん素晴らしかった。
見るたびに印象が変わる気がします。
最初は人形を人間にやらせようなんて、いくらなんでも無茶だと思いましたが、いざ観て見ると本当に人形のようで。
また、少しずつ成長していくと人間らしくも見えてきます。
日本語もすごくお上手で、とにかく凄いとしか言いようがありませんでした。
男性の性処理の代用品として生まれた彼女が街を練り歩く様子や言動はまるで幼児のようです。
前半はそんな感じで不思議な雰囲気でした。
後半は心を持ってしまったことによる葛藤、そして皆何かしらを抱えて生きているという少し重い内容でしたが、人形視点はかなり斬新で考えさせられるものがありました。
結構ラストは衝撃的です。
彼女が「空っぽ」のものを集めたり、影が透けてしまっている描写はとても良かったです。
是枝色は少し薄いですが、まさにある視点。
不思議な世界観で豪華キャストと共に人間を見つめ直せるそんな作品でした。

一点だけ
物語序盤、初めて外へ出てしまい、レンタルビデオ屋へ行き着くシーン。
あそこはその後帰宅したのでしょうか?
レンタルビデオ屋でのカットのすぐ後に、板尾創路さんが車椅子に乗せて走っているカットだったので、やや混乱。