コーラス プロット

戦後のフランスを舞台に、問題児たちの集まる寄宿舎に赴任した音楽教師が、合唱を通して子どもたちと心を通わせていく姿を描いたヒューマンドラマ。1944年のフランス映画「春の凱歌」を原案に、本作が初長編となるクリストフ・バラティエが監督・脚本を務めた。1949年、フランスの田舎町。失業中の音楽教師マチューは、孤児や問題児が暮らす寄宿舎「池の底」に赴任する。そこには寂しさゆえに心の荒んだ子どもたちと、そんな彼らに体罰を繰り返す校長がおり、学校全体に殺伐とした空気が流れていた。マチューは子どもたちに本来の純粋さを取り戻させるべく、合唱団を結成して歌う喜びを教えようと思いつく。ある日、マチューは学校一の問題児ピエールが“奇跡の歌声”を持つことを知る。マチュー役に「バティニョールおじさん」のジェラール・ジュニョ。「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ペランが製作に名を連ね、出演もしている。

コーラス 俳優

コーラス Related

オーディン 斬鉄剣オンラインで映画を見る
オーディン 斬鉄剣
プロット  中国
01月08日 劇場で
ジンジンとアキタオンラインで映画を見る
ジンジンとアキタ
プロット  韓国
01月27日 劇場で
カンフースタントマン 龍虎武師オンラインで映画を見る
カンフースタントマン 龍虎武師
プロット  香港・中国合作
01月06日 劇場で
テスオンラインで映画を見る
テス
プロット  フランス・イギリス合作
01月06日 劇場で
キラーカブトガニオンラインで映画を見る
キラーカブトガニ
プロット  カナダ
01月20日 劇場で
ピンク・クラウドオンラインで映画を見る
ピンク・クラウド
プロット  ブラジル
01月27日 劇場で
非常宣言オンラインで映画を見る
非常宣言
プロット  韓国
01月06日 劇場で
編集霊 deletedオンラインで映画を見る
編集霊 deleted
プロット  日本
01月13日 劇場で
AFTERGLOWSオンラインで映画を見る
AFTERGLOWS
プロット  日本
01月21日 劇場で
母の聖戦オンラインで映画を見る
母の聖戦
プロット  ベルギー・ルーマニア・メキシコ合作
01月20日 劇場で
ファミリアオンラインで映画を見る
ファミリア
プロット  日本
01月06日 劇場で

コーラスコメント(17)

Hmskpixgosn
Hmskpixgosn
世界的指揮者モランジュ(ジャック・ペラン)とペピノが50年ぶりの再会を果たし、マチュー先生(ジェラール・ジュニョ)の日記を基にゆったりと過去の寄宿舎生活が語られる。最初は体当たり教師による熱血学園もの映画のように始まるエピソードではあったが、次第に教育を中心とした映画ではないことがわかってくる。奇跡の歌声を持つ少年モランジュ(ジャン=バティスト・モイエ)の魅力を中心に、彼らの少年時代を通して観る者にノスタルジーを感じさせてくれる映画なのです。どちらかと言えば、バラティエ監督の私小説風映画ではあるけど、観る者それぞれの中にある純粋な気持ちを思い起こさせてくれるのではないでしょうか・・・

俳優や子役も素晴らしく、製作・出演のジャック・ペランの息子も重要な役割であるペピノの少年時代を演じていますが、表情が豊かでとてもよかったです。もちろんジェラール・ジュニョの演技は最高で、体罰を与えない方針で熱心な教師を演じていますが、問題児の転校生モンダンを救えなかったことや個人的な理由でモランジュに歌わせないといった人間臭さも上手く表現しています。

音楽映画という点では『スクール・オブ・ロック』、体当たり教師モノという点では『金八先生』、フランス寄宿舎映画という観点では『さよなら子供たち('87.ルイ・マル監督.この映画の校長先生も出ている)』が思い浮かびました。もう好きなジャンルだらけなので、当然評価は甘くなってしまいます。

ボーイ・ソプラノは、いずれ声変わりするため時期の短いもの。少年時代が一生に一度の大切な思い出であると同時に、この映画『コーラス』も大切に記憶に留めておきたいものである。

〈2005年4月映画館にて〉
Nsprofsiage
Nsprofsiage
ネタバレ! クリックして本文を読む
音楽教師の不屈の人間愛が、ひとりの高名な指揮者を生む物語。
今は指揮者として活躍する音楽家と養子になった老人、ふたりの男が追憶する1947年のある寄宿学校の生活。映画の主人公は作曲家の夢を諦めきれない音楽教師。赴任して直ぐに校長の冷酷さと生徒の悪行の洗礼を受けるが、生来の人間愛と音楽愛で問題児を温かく包み込んでいく姿が美しい。当時の学校教育の闇に射すひかりを、素晴らしいコーラスナンバーで綴るこのフランス映画の、映画と音楽に捧げた映画愛が堪らない。善人を絵に描いたような主人公が、生徒の母親の面会で見せる男のいじらしさもとても人間的。「ニュー・シネマ・パラダイス」のジャック・ぺランが製作と指揮者役を兼ねているが、映画話法の類似性高く、観るものに与える感動性も引けを取らない。フォーレ「夜」のジャン・バディスト・モニエのソロの美しさに聞き惚れ、解雇された主人公に空から舞い落ちる子供たちの惜別の「紙飛行機」に胸打たれる。ジェラール・ジュニョの人間味ある演技もラストの終わり方も素晴らしい。
Xihkmnspogs
Xihkmnspogs
子供たちの歌声に惚れ惚れした。フランスの戦後問題児ばかりが集められた学校でコーラスを通して子供たちが先生との交流を深めながら更生していく話。子供たちの歌声には感動させられるし、歌で子供たちどうしの仲も深まっていっててよかった。先生の対応の仕方も問題児として扱わず一人の人間として子供たちと接する姿に感心した。またラスト、結局先生はやめさせられるのだが、先生を見送る演出が洒落ていてさすがフランス映画は小洒落てるなーと思わされた。ペピノの子供時代の子がすごく可愛かった。
vapfhyo
vapfhyo
ネタバレ! クリックして本文を読む
スポーツや音楽の共同作業って人とのつながりを
強くするなぁと感じます。
大人でも音楽会に何を歌ったか覚えてるしね。
荒くれ者の少年たちが徐々に音楽に目覚めていく。
ソロ、アルト、ソプラノ、楽譜持ち、助手…
みんな役割があることは素晴らしいこと、そして
クラスメイトたちが音楽をやって羨ましく思う
ソロを歌う少年、色んな気持ちに気づく姿が
観ていて微笑ましいし、歌を歌えば現在の環境を
一瞬は忘れて没頭するから、気分も明るくなる。
まさに単純なことだけど忙しい日々に追われる
私たちに、そんなことを思い出させてくれる映画。
観て、また巻き戻して見てしまった。
あのソロを歌ってた男の子の声をきいて、何となく
心が洗われるような気分にもなれました!
Itkgthirlc
Itkgthirlc
歌のある映画が好きなのだが、この映画は見終わったあとの、小さな幸せの感じがたまらなく好き。休日に見て明日も頑張れる気分になった。

共有する

関連映画

犯罪都市 THE ROUNDUP オンラインで映画を見る 犯罪都市 THE ROUNDUP
プロット  韓国
11月03日 2022 劇場で

デュラン・デュラン ハリウッド・ハイ オンラインで映画を見る デュラン・デュラン ハリウッド・ハイ
プロット  アメリカ
11月03日 2022 劇場で

たまねこ、たまびと オンラインで映画を見る たまねこ、たまびと
プロット  日本
11月05日 2022 劇場で

ホワイトデー 壊れた結界 オンラインで映画を見る ホワイトデー 壊れた結界
プロット  韓国
11月11日 2022 劇場で

RIGHTS! パンクに愛された男 オンラインで映画を見る RIGHTS! パンクに愛された男
プロット  日本
11月11日 2022 劇場で

ニューリリース