7.0
 合計18件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 132

レビュー  |  共有する 

スプリー プロット

Netflixドラマ「ストレンジャー・シングス
未知の世界」のジョー・キーリー主演で、SNSの恐怖と不条理を描いたスリラー。ライドシェアドライバーのカート・カンクルはフォロワーを増やしたい一心であるアイデアを思いつく。それは乗客を手にかけ、その様子をライブストリーミングで配信するというとんでもないものだった。カートはSNSをバズらせて人生の一発逆転をもくろむが、「フェイクだ」「退屈だ」と、反応は散々なもので、まったく盛り上がる気配がない。思惑がはずれたカートの怒りの矛先は乗客にとどまらず、拡散させないインフルエンサーにまで向けられていく。カートに立ち向かうコメディアンを「サタデー・ナイト・ライブ」のサシーア・ザメイタが演じるほか、デビッド・アークエット、ミーシャ・バートン、ララ・ケント、フランキー・グランデらが顔をそろえる。

スプリー オンライントレーラープレイ

スプリー 俳優

スプリー 写真

スプリーコメント(2)

Iefaebltouumv
Iefaebltouumv
ネタバレ! クリックして本文を読む
スクリーンに映るスマホやパソコンの画面、作品によっては興醒めだが本作はそれがメイン よって字幕含めて情報量がメチャクチャ多い が、それも脳が慣れたらスムーズに楽しめます (個人的に評価してるのは「search」'18 「ハーフ・オブ・イット」Netflix'20)

善悪の彼岸を彷徨うありふれたダメ人間が一線を飛び越えて俗物だらけのLAを疾走する

あまり深くない風刺がちょうどいいです

あまたのホラー、ショッカー映画の文法を駆使したクライマックスは楽しすぎ!鑑賞後にハイになりました
sjrjqm
sjrjqm
ネタバレ! クリックして本文を読む
Hey, guys. What's up? It's Kurt here from Kurt's World. Hey, guys.
How's it going?  It's Kurt from Kurt's World. Hey, guys. How's it
going?  Kurt from Kurt's World here. Hey, what's up, guys? Uh,
Kurt here from Kurt's World.  Hi, everybody. This is Kurt from
Kurt's World and today, I'm going to draw my life. Something in
these videos that  I really appreciate is everybody's complete
honesty in telling their life story. And where does this story take
place? Los Angeles.  That's where I was born, although shortly
after, my parents had to move out to Azusa cause it's just a little
bit more affordable and better for raising a family.
非常に高い率で成長し続けるビジネス形態であるスタートアップでこの映画の題名にもなっている配車サービス会社『スプリー(Spree)』 で働く、若いカート...

Where are we going?
- I'm taking you home.
This is not the way to my fucking house, Kurt!
- Oh, no, not your home. My home... My home.
ただフォロアーを満足させるだけでなく自己顕示欲をくすぐられることで最後が見えているのに笑顔でへどが出るようなことを平気でSNSに載せ、それでも冷淡な他人からの見返りの反響がなければ、更にライブ感を出そうと過激になっていく。激しい中にも彼はイノセントな表情は崩さずに... 映画全体を助けているフィルムスコアがモーバイル・フォンのライブ感覚で映し出されるラインのコメントと銀幕との合成画像がジッピーに車内の喧騒と乗客の悲鳴を加速されていく。
ラストのくだりは、すでにカートの覚悟が見えていたのかもしれない...  今や古典映画となったアメリカでのこの映画『スプリー』のように特異な風俗・文化・ムーブメントを描いたあの『バニシングポイント』のように...
後腐れもなく