6.1
 合計14件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 164

レビュー  |  共有する 

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告 プロット

祖父と孫が部屋とプライドをかけたバトルを展開する、ロバート・デ・ニーロ主演のコメディ。妻を亡くしたことから、娘一家の家に越してきたエド。孫のピーターは、おじいちゃんと暮らせることを喜んでいたが、自分の部屋がエドのものになり、自分は屋根裏部屋で暮らさなければいけないことを知ったことから態度を急変。激怒したピーターはエドが部屋を明け渡すよう、さまざまな攻撃をしかける。あまりにも度を越したイタズラに怒り心頭となったエドは悪友ジェリーの悪知恵を借り、ピーターに報復を開始。孫と祖父の部屋をかけた小さな戦争は、やがて隣人をも巻き込んだ大騒動へと発展していく。エド役をデ・ニーロ、ピーター役を「ピートと秘密の友達」のオークス・フェグリーが演じるほか、ユマ・サーマン、ロブ・リグル、「ディア・ハンター」以来のデ・ニーロとの共演となるクリストファー・ウォーケンらが脇を固める。監督は「アルビン
歌うシマリス3兄弟」のティム・ヒル。

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告 オンライントレーラープレイ

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告 俳優

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告 写真

グランパ・ウォーズ おじいちゃんと僕の宣戦布告コメント(3)

Ngsosphimxk
Ngsosphimxk
『ダーディ・グランパ』ではハチャメチャな爺ちゃんを演じてたデ・ニーロだが、こちらでは比較的まともな爺ちゃん役。
『恋に落ちたら…』で恋人役だったユマ・サーマンが娘役を、そして『ディア・ハンター』で共にベトナム帰還兵を演じたクリストファー・ウォーケンと再共演を果たしているあたり、隔世の感を禁じ得ない。
原作は児童文学だが、全編ほぼ爺ちゃんと孫の2人のやり取りで構成されている。そのため映画では、彼らの周辺人物を交えてストーリーを膨らませている。
ストーリー自体は実に他愛のない、世代を超えたバトルものだけど、終盤で発する爺ちゃんの言葉が深い。実はその言葉は原作だと孫が言うのだが、それを爺ちゃんに変えたことで、より深みを増している。
Rltevierelib
Rltevierelib
じぃさんがお茶目でよい
意外と紳士だし 手を抜かない
孫とは段違いのやり口 憎めないし 策士
総合的に孫は掌で踊らされてますなぁ

2021年スクリーン259発目(今年公開作品155本目)

エピソードもそうだが デニーロの役者としての年輪が 深い

で コメディとしては ありていかなと
劇場で声を出し 手を叩いて笑う客もいたが
それほどの笑いか?と ひいてしまった

他の作品蹴って 公開 初日に観るべきだったのか
若干の 後悔 はあるかな
レビューを こう書い てやろうという引っ掛かりがなかった
時間があれば観に行 こうかい くらいの作品だった

はぁ くだんないレビューだなぁ
お目汚しお許しください

※余談

鼻息荒いオヤジ
痰がらみオッサンに続き
コンビニパンガサガサ飲食会社員に遭遇

こうまで重なると わたしの運が悪いのではなく 劇場の客層が悪い?と疑いたくなる…知らんけど

今回ばかりは流石に 注意してもらった
Ilftfdaclidnu
Ilftfdaclidnu
ネタバレ! クリックして本文を読む
ジェーン・シーモアという女優さんを久々に銀幕で観たことで、先日亡くなられたクリストファー・プラマーと言うカナダ人俳優を思い出してしまう。日本人では決して叶わないアメリカにおける演劇界の三冠を達成している人。
彼のことをロバート・ワイズ監督のミュージカル映画の金字塔『サウンド・オブ・ミュージック(1965)』でのトラップ大佐として覚えている人もいるかもしれないけど個人的な事ではなんだけれども1980年に公開された映画『ある日どこかで』のジェーン・シーモアが演じた女優エリーズ・マッケナの個人マネージャーのリアム・F・ロビンソンの方が印象に残っている。この映画は彼がいなければこれほどカルト映画として映画の歴史に残っていたかどうか分からない...
低予算で作られ、映画製作中スタッフやキャストは島内で廃舎となっていた施設に宿泊したとされる逸話話も... しかも映画の冒頭、主演のクリストファー・リーヴが乗っているフィアットのガソリン車は本当は島内では規制されている。一番な事は、この映画によってパガニーニも知ることもできたし

ロバート・ロドリゲス監督の映画には欠かせないチーチ・マリンや『ディア・ハンター』では、ロシアンルーレットの鬼気迫る、今でもトラウマのように思い出す演技をしていたのにいつの間にか変態的俳優になってしまったクリストファー・ウォーケン... そして母親役とはユマ・サーマンが

辛らつな事を言わせてもらうとこの映画ははっきり言って『ホーム・アローン(1990)』の亜流の映画... クリスマスの日に子供の多い裕福な家庭のノンキさからか、寝坊をしたマコーレ・カルキン演じるケビンが一人でコソ泥たちを撃退する話なんだけれどもそれを本作品では身内のじっちゃんと孫の部屋を取り合う為の争いにすり替えるシナリオなんてどう考えても面白くもなくつまらない。じっちゃんにコソ泥のように酷いことが出来るかって考えれば分かりそうなもの。それと嫌な事を言うようだけれども肝心の子役が映画の質を落としている。

それと映画を見る前にその映画が良い映画か、くだらない映画かは、予算をたてて集める製作総指揮者の数で分かる... 製作総指揮者の数に反比例するようにくだらない、どうしようもない映画となっていく。

"パルコ買付け・共同配給作品がアカデミー賞に多数ノミネート!"
こんなチンケな宣伝文句を載せるようでは、観るのを諦めた方が無難と言える。

余談... 世界初の男性誌Esquireの2020年2月11日付けの記事に近況が寄せられていた。去年の少し古いお話。マコーレー・カルキンは俳優業に復帰し、ポーズを決めて元気にしていたのは、何よりな事

共有する

関連ニュース

関連映画

スター・ウォーズ クローン・ウォーズ スター・ウォーズ クローン・ウォーズ
プロット  アメリカ
08月23日 2008 劇場で

エイリアン・ウォーズ エイリアン・ウォーズ
プロット  カナダ
06月08日 1991 劇場で

スター・ウォーズ スター・ウォーズ
プロット  アメリカ
06月30日 1978 劇場で

バーチャル・ウォーズ バーチャル・ウォーズ
プロット  アメリカ
07月18日 1992 劇場で

バトル・ウォーズ バトル・ウォーズ
プロット  アメリカ
08月13日 1988 劇場で

エンジェル ウォーズ エンジェル ウォーズ
プロット  アメリカ
04月15日 2011 劇場で

ニューリリース