レマゲン鉄橋 プロット

ライン河に残された最後の橋“レマゲン鉄橋”をはさみ、5万のドイツ兵に戦いを挑んだ、アメリカ歩兵大隊の凄絶なアクションを描いた戦争映画。監督は「野良犬の罠」のジョン・ギラーミン。オリジナル脚本はセオドラ・ストラウス、「コマンド戦略」のウィリアム・ロバーツ、「クロスボー作戦」のレイ・リグビーの3人が執筆。撮影はスタンリー・コツテッツ、編集はウィリアム・カートライト、特殊効果はローガン・フラジー、技術顧問はセシル・E・ロバーツ中佐がそれぞれ担当。製作はデイビッド・L・ウォルパー。出演は「名誉と栄光のためでなく」のジョージ・シーガル、「0011ナポレオン・ソロ」シリーズのロバート・ヴォーン、「生きる情熱」のベン・ギャザラ、その他ブラッドフォード・ディルマン、E・G・マーシャル、ピーター・バン・アイク、マット・クラーク、フリッツ・フォード、トム・ヒートン、ボー・ホプキンスなど。デラックスカラー、パナビジョン。1968年作品。

レマゲン鉄橋 俳優

レマゲン鉄橋 Related

ニューヨークの王様オンラインで映画を見る
ニューヨークの王様
プロット  イギリス
11月06日 劇場で
ノベンバーオンラインで映画を見る
ノベンバー
プロット  ポーランド・オランダ・エストニア合作
10月29日 劇場で
ボーダレス アイランドオンラインで映画を見る
ボーダレス アイランド
プロット  日本・台湾合作
10月01日 劇場で
背 吉増剛造×空間現代オンラインで映画を見る
背 吉増剛造×空間現代
プロット  日本
10月08日 劇場で
大事なことほど小声でささやくオンラインで映画を見る
大事なことほど小声でささやく
プロット  日本
10月21日 劇場で
コ死 デスロワイアルオンラインで映画を見る
コ死 デスロワイアル
プロット  韓国
11月11日 劇場で
シグナチャー 日本を世界の銘醸地にオンラインで映画を見る
シグナチャー 日本を世界の銘醸地に
プロット  日本
11月04日 劇場で
シャーマンの娘オンラインで映画を見る
シャーマンの娘
プロット  日本
11月19日 劇場で
カルメン in Cinemaオンラインで映画を見る
カルメン in Cinema
プロット  日本
11月18日 劇場で
マスター 先生が来る!オンラインで映画を見る
マスター 先生が来る!
プロット  インド
11月18日 劇場で
チルドレン・アクトオンラインで映画を見る
チルドレン・アクト
プロット  イギリス・アメリカ合作
10月14日 劇場で
響け!情熱のムリダンガムオンラインで映画を見る
響け!情熱のムリダンガム
プロット  インド
10月01日 劇場で

レマゲン鉄橋コメント(2)

vtplwd
vtplwd
第二次世界大戦末期、ドイツ軍が敗色濃厚の1945年2月、ベルリンに進攻しようとする連合軍がライン河にかかるレマゲン鉄橋を占拠しようとする。それを阻止しようとするドイツ軍が鉄橋に爆薬を仕掛ける。ドイツの民間人が家財を積んで多く鉄橋を渡ろうとする。ライン河を挟んでのドイツ軍の88ミリ砲とアメリカ軍の戦車が撃ち合う場面は圧巻だ。最後はドイツ軍が白旗を挙げて降伏する。やはり戦争の勢いは連合軍に傾いているようだ。この戦争映画は連合軍とドイツ軍が直接戦闘する迫力満点の名作だ。日本語吹き替えが無いのが残念だが、カラーフィルムの1968年の作品・・
Gminxsspokh
Gminxsspokh
時は1945年3月、つまりドイツ降服の2ヶ月前
舞台はライン川に唯一残された橋、レマゲン鉄橋
文字通りドイツの最終防衛線のただひとつの入口となり、にわかに戦争の焦点となった
ドイツ側とアメリカ側の二人の少佐が、それぞれの将軍より特命を受けて、この橋の死守と奪取を巡って戦う
物語を説明すればこういうことになる

しかしそんな単純な戦争アクション映画ではない

ドイツ側は敗色濃厚で、兵も民間人も皆浮き足だっている
守備兵力は老人と少年兵と大した戦闘力のない工兵部隊が少しのみ
まともな兵力は他に抽出させられた後の脱け殻だけ
守備隊長は小学校の校長だった老人だ
これを病院から戻ったパリパリのエリート少佐がなんとか困難な任務を全うしようとする

米軍側も連戦に次ぐ連戦で配下の部隊は疲労困憊であるにもかかわらず、自己の手柄を優先してさらに困難な任務を貰ってくる少佐
その下の大尉も自分の手柄しか頭にない
さらにその下の古参の中尉は部下の兵と共にやさぐれるながらも、しぶしぶ戦う

大きな組織のヒエラルキーの中で、とても実現が困難な課題を与えられ、時間は恐ろしく短く、使えるリソースは全く足りない
約束されたはずの支援はいつまで経っても来ない
来ても全く足りないか、不良だ

そして当然、多くの仲間がみるみるすりつぶされ脱落していく
その様が両軍それぞれに、これでもかと描かれるのだ

それでも与えられた任務を最後の最後までやり抜かねばならないのだ
簡単に無理ですとも、降服しましょうとも言うことは許されないのだ

そんな状況で最善を尽くしていても任務を達成できなければ処罰されるのだ
あるいは部下の離反を受けるのだ

大きな組織の中で悪戦苦闘している人
とても達成困難なプロジェクトのリーダーを務めたことのある人
そんなチームで正にすりつぶされようとして疲労困憊しているあなた
あたら優秀な上司や同僚が次々に身体を壊すか、精神を病んで脱落していくのを横目に、つぎは自分かともがいているあなた
そんな人にこそ本作は刺さる映画ではないだろうか

史実を元にした物語の僅か2ヶ月後には、一方の組織が丸ごと崩壊し無くなってしまっていることを頭に入れて観ればより一層その虚しさを味わうことが出来るだろう

本作はそんなあなたにどうすれば良いかは、何も教えてはくれない
ただただ、こういう世界があるのだということを示すだけだ

あるとすれば、軽蔑されてでも生き残る知恵を巡らす軍曹と、最後には拾った金ピカのタバコケースを知人に貰ったとうそぶくくらいに図太くなった中尉が生き残り、互いに認め合うラストシーンだけだ

毛色は違うがこれもまた映画の傑作だろう