夜の訪問者 プロット

南仏の或る港町の平和な家庭に突如、訪れた危機。サンペンスいっぱいにその闘いを描く。製作は「告白」のロベール・ドルフマン、監督は「007/危機一発」「暗くなるまで待って」のテレンス・ヤング、リチャード・マシスンの原作をシモン・ウィンセルベルクと「地下室のメロディー」のアルベール・シモナンが共同脚色、撮影は「シェルブールの雨傘」のジャン・ラビエ、音楽は「軍曹」のミシェル・マーニュ、美術をトニー・ローマン等が各々担当。出演は「狼の挽歌」のチャールズ・ブロンソン、「ペルソナ」のリヴ・ウルマン、「ブルー・マックス」のジェームズ・メイソン、ブロンソン夫人で「狼の挽歌」のジル・アイアランド、その他、「アルデンヌの戦い」のミシェル・コンスタンタン、ジャン・トパール、ルイジ・ピスティリ、ヤニック・ドリュールなど。

夜の訪問者 俳優

夜の訪問者 Related

スモールワールドオンラインで映画を見る
スモールワールド
プロット  ポーランド
01月06日 劇場で
映画 イチケイのカラスオンラインで映画を見る
映画 イチケイのカラス
プロット  日本
01月13日 劇場で
モリコーネ 映画が恋した音楽家オンラインで映画を見る
モリコーネ 映画が恋した音楽家
プロット  イタリア
01月13日 劇場で
JSB3 LIVE FILM RISING SOUNDオンラインで映画を見る
JSB3 LIVE FILM RISING SOUND
プロット  日本
01月13日 劇場で
正直政治家 チュ・サンスクオンラインで映画を見る
正直政治家 チュ・サンスク
プロット  韓国
01月02日 劇場で
ippoオンラインで映画を見る
ippo
プロット  日本
01月07日 劇場で
よりそう花ゝオンラインで映画を見る
よりそう花ゝ
プロット  韓国
01月13日 劇場で
GINAGINA ぎなぎなオンラインで映画を見る
GINAGINA ぎなぎな
プロット  日本
01月26日 劇場で
コペンハーゲンに山をオンラインで映画を見る
コペンハーゲンに山を
プロット  デンマーク
01月14日 劇場で

夜の訪問者コメント(7)

Pxoiksgnhms
Pxoiksgnhms
う〜ん、マンダムの作品。ふるっ(笑)

登場人物の行動選択が疑問符ばかりだ。主人公、とりわけ悪党たち。はよ撃てよ!とか逃げろよ!とか、もうそんなのばかり。もはやギャグの領域ですらある。
見どころは終盤のカーチェイスと可愛らしい子ども人質(笑)
あのやばい女役がブロンソン嫁なんだ。
Nsxhmskgpoi
Nsxhmskgpoi
Les Films Corona製作…。
こんな所にまでコロナ。

主人公には妻にも秘密にしていた過去があり、昔の仲間の出所により巻き込まれていくという話。恨まれて当然という気がしないでもない…。

設定自体は定番ですが、各自の行動が意外過ぎて、なんでそうなる?というツッコミの多さに、展開から目が離せません(^_^;)。当初の目的は何だっけ?!

奥さんが賢くて勇敢。
ハンプティダンプティ風の爺医が、暴走車内で微動だにしない姿が面白い。
Enacctakalt
Enacctakalt
ネタバレ! クリックして本文を読む
ブロンソンが50才前後とは思えぬプンプンする男振り、奥さん役と敵役(ちょっと微妙だが)に名優、その他の脇役も中々味が出てる。どこかのサイトでカーチェイスがしょぼいという感想もあるが...今の出来過ぎのウソっぽいカンフー映画みたいなのと比べると本当に走っているから(というか走っているだけだから?)ブリットと同じ実写の迫力があるし、ブロンソンが最初にプロレスで言うフェースロックで首の骨折るところとか決まっているし等々良い感じなのに、なんだかストーリーが走っていかないのが残念。観てよかったけれどもう少しかなぁ
※最初の殺人と死体遺棄のあたりまでが「雨の訪問者」みたいで、「雨の..」が好きだから、同じ展開を期待したからだけかもしれませんのであくまでも個人的な感想です
Mhnpkxsiosg
Mhnpkxsiosg
チャールズブロンソン扮する貸し船屋ジョーに刑務所時代の昔の仲間が借りを返せと近づいて来た。勝手に家やって来られて妻を人質に物を運べと言う。
どうもフランス語では感情がこもってないと言うか臨場感がわかない気がする。フランス語のトーンとアクションが空々しいさがイメージに合わないんだよね。演技の問題なのかもしれないな。赤い車で無茶な運転をしていた印象しか残らなかったよ。
Mngxisoshpk
Mngxisoshpk
チャールズ・ブロンソンの渋い演技、彼の個性が活かされている
低予算のB級映画がながら脇役やスタッフにも才能ある人の名前があるので侮れない

例えばブロンソンの妻役のリヴ・ウルマンは巨匠ベルイマン監督の公私のパートナーで彼の作品の常連女優
かなりのパートを占めている大きな役を演じているが、その演技と存在感は正直ブロンソンを上回っている

また撮影はジャン・ラビエで、あのシェルブールの雨傘を撮影した人
だから映像が、そのシェルブールの雨傘の映像と同じあの雰囲気が色濃く画面に滲み出しておりなかなかにお洒落感が漂う

テレンス・ヤング監督作品ながら、フランスはコートダジュールを舞台にしてフランスのフィルムノワールの味わい
ただ脚本はもう少しこなれていれば、もっとお話も膨らんだし面白くなったのにと思ってしまう

とはいえ、楽しめる映画であるのは間違いない
南仏の美しい風景、街並み、登場人物のお洒落な衣装の着こなしと色彩はファッション雑誌から飛びだしたかのよう
また終盤の岩だらけの峠道の爆走シーンはブリットを思い出させるほどの迫力がある

低予算でこれだけの作品を撮れるのだから、やはりテレンス・ヤング監督は侮れない