6.5
 合計12件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 114

レビュー  |  共有する 

フォー・ルームス プロット

大晦日の夜、一軒のホテルを舞台に、4つの部屋で繰り広げられる騒動を描いた4話オムニバスのコメディ。「レザボア・ドッグス」1本でアメリカ映画界の寵児となったクエンティン・タランティーノが、各国の映画祭で知り合ったインディペント系の若手映画作家たちと意気投合し、企画が実現した。各人各様の演出スタイルと映像世代ならではのマニアックな視点、豪華キャストの共演など、見どころは多い。製作はタランティーノ作品でおなじみのローレンス・ベンダー(助演も)。エグゼクティヴ・プロデューサーは、タランティーノとアレクサンダー・ロックウェル。音楽はコンバスティブル・エディソンとエスクィヴェル、美術はメイン・スキューラー。衣装はメアリー・ハナンとスーザン・バートラム。タイトル・バックのカートゥーン・アニメをボブ・カーツが担当。全編の狂言回したるベルボーイ役でクールな怪演を見せるのは「パルプ・フィクション」「ロブ・ロイ
ロマンに生きた男」のティム・ロス。また第3話と4話をつなぐパートに、「忘れられない人」「オンリー・ユー」のマリサ・トメイがホテルの上司役で、プロデューサーのローレンス・ベンダーがヤッピー屑野郎で、それぞれ特別出演している。 〈ルーム321/お客様は魔女〉魔女たちの集会を、個性派女優の競演で描く。監督・脚本は「ガス・フード・ロジング」の女性監督アリソン・アンダース。撮影はロドリゴ・ガルシア。出演は「ホット・ショット」「ホット・ショット2」のヴァレリア・ゴリノ、「スネーク・アイズ」のマドンナ、「プレタポルテ」のリリ・テイラー、「チャイナ・シャドー」のサミ・デイヴィス、「ガス・フード・ロジング」のアイオン・スカイほか。 〈ルーム404/間違えられた男〉間男に間違えられ、殺されそうになったテッドの災難を描く。監督・脚本は「イン・ザ・スープ」のアレクサンダー・ロックウェル。撮影も同作のフィル・パーメット。出演は、監督夫人でもある「親愛なる日記」のジェニファー・ビールス、「ショーシャンクの空に」のデイヴィッド・プローヴァル。 〈ルーム309/かわいい無法者〉ヤクザ者に子供たちのお守りを頼まれたテッドが、その悪ガキたちのためにまたしても災難に巻き込まれる姿を、スピード感溢れるスラップスティック調で描く。監督・脚本・編集は「エル・マリアッチ」「デスペラード」のロバート・ロドリゲス。撮影は「デスペラード」のギレルモ・ナバロ。出演は「デスペラード」のアントニオ・バンデラス、「ジョイ・ラック・クラブ」のタムリン・トミタほか。 〈ペントハウス/ハリウッドから来た男〉往年のテレビシリーズ『ヒッチコック劇場』の1話「リオから来た男(日本放映題/指)」(原作はロアルド・ダールの『南から来た男』)に登場する賭けを再現しようとする男たちのエピソード。手持ちカメラの長回し撮影が効果的。監督・脚本・主演は「パルプ・フィクション」のクエンティン・タランティーノ。撮影も同作のアンジェイ・セクラ。共演は「パルプ・フィクション」「ダイ・ハード3」のブルース・ウィリス、第2話に続いて再登場のジェニファー・ビールスほか。

フォー・ルームス 俳優

フォー・ルームス 写真

フォー・ルームスコメント(9)

wsgaen
wsgaen
声だして笑ってしまった。監督によっても違うが、それぞれとてもテンポがいい。特にタランティーノはさすが。そしてなんといってもティムロス。この人は本当にこういうのやらせたらピカイチだわ
poprya
poprya
4話目のペントハウスだけ頭一つ抜けて面白い。というか、あとの3話は面白くない。
タランティーノの1話目に持ってきた方がよかったんじゃないだろうか。
あとエンディング曲もすごい良い。
rwdcrs
rwdcrs
まずティムロスが最高でした。
あの感じは彼にしか出せないんじゃない。

どの作品もおもろかったけど、
いちばん好きだったのは「間違えられた男」

というか、ジェニファーピールズを映画で観れるのがうれしくて。
姉さん節炸裂してましたな、恐ろしいくらい美しかった。
そして最後のあのワード連発。笑いました。

三谷幸喜はコレがしたかったのか…!と納得。
Plrlfueepe
Plrlfueepe
とあるホテルのベルマンが、大晦日の夜に4つの部屋で起こる騒動に巻き込まれるという話を、タランティーノはじめ4人の監督が4つの物語をとてもコミカルに描いている今作。
本来なら休んでパーティーできるはずなのに。
ベルマンのテッドはひたすら騒動に巻き込まれ、可哀想ですが、最後のまとめ方はなかなか良かったです。
やはり、どの登場人物も憎めません。
4話ともそれぞれの魅力がある楽しい作品でした。
1話目の魔女の話は、官能的に描いている分少し内容は薄かったですが、それなりに楽しめました。
2話目とタランティーノ作の最後の話もそれなりに面白かったのですが、第3話が本当に面白すぎました。
日系の女優さんも出ていて見やすい上に、タバコに酒にエッチなテレビに何でもありの可愛い姉弟の悪ふざけがあんな展開になるとは。
本当に面白くてたくさん笑わせてもらいました。
今回振り回されるテッド役を演じた、タランティーノ作常連のティム・ロスさんはとても良かったです。
顔芸からゲロまで、コミカルな演技もふにゃふにゃした感じもハマり役で、見るたびに違うイメージを持つことのできて凄い。
もっと彼の出演作を観てみたいです。
Shgnopsikxm
Shgnopsikxm
4人の監督が作ったオムニバス映画で、ホテルのボーイ(ティム・ロス)が経験する4部屋で起こるコメディ。
出演はマドンナやブルース・ウィリスなど豪華で、ニヤニヤしながら観るのがいいかな。

共有する

関連ニュース

関連映画

フォー・ウェディング フォー・ウェディング
プロット  イギリス
10月08日 1994 劇場で

レクイエム・フォー・ドリーム レクイエム・フォー・ドリーム
プロット  アメリカ
07月07日 2001 劇場で

フォー・ザ・ボーイズ フォー・ザ・ボーイズ
プロット  アメリカ
03月28日 1992 劇場で

ルッキング・フォー・ラングストン ルッキング・フォー・ラングストン
プロット  イギリス
11月07日 1992 劇場で

レイト・フォー・ディナー レイト・フォー・ディナー
プロット  アメリカ
05月16日 1992 劇場で

ホーム・フォー・ザ・ホリデイ ホーム・フォー・ザ・ホリデイ
プロット  アメリカ
11月23日 1996 劇場で

ニューリリース