タルロ



ジャンル   プロット
ランタイム   123分
言語   中国語
地区   中国
書かれた   ペマ・ツェテン
劇場で   03月13日
7.7
 合計20件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 101

レビュー  |  共有する 

タルロ プロット

「羊飼いと風船」「轢き殺された羊」などで知られるチベット映画の先駆者ペマ・ツェテン監督が、社会の変化に翻弄されて自身のアイデンティティを見失うチベット牧畜民を、美しいモノクロ映像で描いた作品。家族のいない羊飼いタルロは、役所からIDを作るよう言われ、作成に必要な写真を撮るため町を訪れる。髪を切りに床屋に入った彼は、そこである女性と出会い……。2015年・第16回東京フィルメックスでグランプリを受賞。特集上映「映画で見る現代チベット」(2021年3月13日~4月2日/東京・岩波ホール)で劇場初上映。

タルロ オンライントレーラープレイ

タルロ 俳優

タルロ 写真

タルロコメント(1)

Pinduleflmh
Pinduleflmh
チベット映画
2015年に『タルロ』 (Tharlo)」中国ペマツェテン (Pema Tseden) 監督

羊飼いで町の生活を知らないの純情な40代の独り住まいの男性タルロが、若い理髪師の女性に惚れ、自分の稼いだ全ての財産を彼女にあげたが、彼女は夜中こっそりもちにげしてしまった。???

いやいや、監督の言いたいことは他になにかある。
身分証明書を持っていなかったタルロの言葉で、(警察に行って身分証明書を取るとき):印象的なのは

『自分が誰だかしってるよ。
それじゃあ、十分じゃないの?』

現代のID, IDの世界、自分の存在より、そのIDの方の存在が大きい。