6.4
 合計12件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 151

レビュー  |  共有する 

わが恋は燃えぬ プロット

「夜の女たち」につぐ糸屋寿雄の製作で「女性の勝利」(新藤兼人と協同)の野田高梧の原案から「夜の女たち」「武装警官隊」「五人の目撃者」の依田義賢と「四人目の淑女」「嫉妬(1949)」「わが生涯のかがやける日」の新藤兼人が協同で脚本を書き「夜の女たち」についで溝口健二が監督した。カメラは「夜の女たち」「明日は日本晴れ」の杉山公平の担当。主演は「夜の女たち」「風の中の牝鶏」につぐ田中絹代、「破戒(1948 木下恵介)」につぐ菅井一郎(東宝)「肖像」「破戒」につぐ俳優座の小沢栄太郎、「殺すが如く」「王将(1948)」の水戸光子で、それに「肖像」「群狼」の三宅邦子、「陽気な街」の沢村貞子、その他俳優座より「颱風圏の女」「破戒(1948 木下恵介)」の東野英治郎と松本克平、および千田是也、信欣三、浜田寅彦らが出演する。

わが恋は燃えぬ 俳優

わが恋は燃えぬコメント(1)

wsgaen
wsgaen
☆☆☆★★

※ このページの作品情報から、菅井一郎の部分を読んで貰うとお口あんぐり(´⊙ω⊙`)のエピソード有り。
映画の中身とは直接は関係無いものの、流石溝口ここに有り…と思わざるを得ない(^^;;

溝口後期の傑作群の作品と比べてしまうと、余りにもアッサリとした内容。
この時期は、戦後の混乱期でも有り。物資も不足していたであろうから、多少は致し方ない時代だったのかも知れないのだが…。溝口ファンからすると、納得はいかないところでしょうか。

それでも女性の立場から、どんなに男達から踏み潰され様とも。「負けてたまるか!」との描き方は、その後多くの傑作で日本映画黄金時代の先端を、自ら先頭に立ち走り抜けた。その片鱗が伺われ、或る意味で貴重な作品と言えるのかも知れない。

小沢榮太郎と菅井一郎のグズっぷりには。同じ男として、何となく分からんではない部分が無きにしもあらず(-.-;)

2018年5月9日 国立映画アーカイブ /長瀬記念ホール OZU(旧国立近代美術館フィルムセンター大ホール)

共有する

関連ニュース

関連映画

わが教え子、ヒトラー わが教え子、ヒトラー
プロット  ドイツ
09月06日 2008 劇場で

わが恋の旅路 わが恋の旅路
プロット  日本
05月16日 1961 劇場で

わが心に歌えば わが心に歌えば
プロット  アメリカ
07月14日 1953 劇場で

わが恋せし乙女 わが恋せし乙女
プロット  日本
10月29日 1946 劇場で

あこがれ美しく燃え あこがれ美しく燃え
プロット  スウェーデン・デンマーク合作
01月01日 1900 劇場で

世界が燃えつきる日 世界が燃えつきる日
プロット  アメリカ
09月10日 1977 劇場で

ニューリリース