6.0
 合計11件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 121

レビュー  |  共有する 

秘密への招待状 プロット

2006年アカデミー外国語映画賞にノミネートされたデンマークのヒューマンドラマ「アフター・ウェディング」をジュリアン・ムーアとミシェル・ウィリアムズ主演でハリウッドリメイク。インドで救護活動に人生を捧げるイザベルと、ニューヨークでメディア会社を経営するテレサ。イザベルはテレサに自身の孤児院を支援してもらうため、ニューヨークを訪れる。「娘の結婚式ならゆっくり話ができる」というテレサから結婚式への招待を受けたイザベル。その式場でイザベルが出会ったテレサの夫はイザベルが過去に別れた恋人オスカーだった。さらに、新婦グレイスがオスカーとの間にできたイザベルの娘であることに気づき……。オリジナル版の男性2人主人公から女性主人公に設定が変更され、テレサ役をムーア、イザベル役をウィリアムズがそれぞれ演じる。

秘密への招待状 オンライントレーラープレイ

秘密への招待状 俳優

秘密への招待状 写真

秘密への招待状コメント(4)

kfnmrx
kfnmrx
ミシェル・ウィリアムズはインドで細々と孤児院を経営する中年独身女性イザベルの役。孤児院への出資を検討しているのでニューヨークまで事業を説明しに来るようイザベルを呼び寄せるメディア企業社長テレサ役にジュリアン・ムーア。その夫役にビリー・クラダップ。このキャストだけでピンと来て、予告編などでストーリーの予備知識を仕入れることなく本編を鑑賞すると、より驚きをもって楽しめるはずだ。

宣伝のコピーに「家族の衝撃的な〈真実〉と、新たな〈秘密〉」とあるのだが、予告編や当サイトの解説などでも家族に関する秘密が具体的に明かされているので、それを承知の上で観ると衝撃もずいぶん薄れてしまう。もっとも本作は2007年日本公開のマッツ・ミケルセン主演デンマーク映画「アフター・ウェディング」のリメイクなので、そちらを鑑賞済みの人には知られているわけだし、多少のネタばらしは仕方ないという考え方もあるか。リメイクにあたり、慈善活動家と企業経営者の2人が男性から女性に置き換えられている。

あいまいな書き方になるのをご容赦願いたいが、人生について、生き死にについての示唆に富む良作ということぐらいは言ってもいいだろう。なお監督のバート・フレインドリッチはジュリアン・ムーアの夫。主要キャストでは3人のほか、結婚式を挙げる娘役、濃い眉と高い鼻が印象的な個性派美人のアビー・クイン(「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」に少し出ていた)が魅力を放っている。シンガーソングライターとしても活動しているそうで、彼女主演の音楽映画をぜひ作ってほしい。
ibbaeg
ibbaeg
ネタバレ! クリックして本文を読む
M.ウィリアムズ演じるイザベルはインドで孤児院で働く。ある日支援者から直接交渉したいとの事でニューヨークに渡る。
その支援者がJ.ムーア演じる女社長のテレサ。イザベルは1日でも早く話を纏めてインドに戻りたいのだが、ムーアは後回しにしようとしそれ以前に娘の結婚式に招待する。ここでこの作品のタイトルにある秘密への誘いが初めて行われる。観てる方も明確に伝わる。
その結婚式でイザベルはやたらとテレサの旦那のオスカーと気まずさの描写を強く描かれる。
これはオスカーとの間になにかあったなぁ…孤児院で働いてる経緯も考えるとまさか娘の実の母親なのかななんて疑いながら観ていたら案の定その通り。
テレサの娘であり結婚式を挙げたグレイスは血の繋がった娘ではなく、オスカーとイザベルの間に授かった娘であった。彼女が18歳の時に授かり金銭的にも人間的にも育てる事は困難だと判断し孤児院に送る事で2人の間で了承を得ていたのだが、オスカーがイザベルに内緒でその後グレイスを引き取り今に至っていたらしい。

もちろんその勝手な判断にイザベルは怒り、娘のグレイスもイザベルの存在を隠されていた事に怒る。がその辺りはあっさり描かれグレイスとイザベルの関係もスムーズに進む。
そうなると今度はテレサの存在が怪しい。これらを知った上でイザベルを呼んだのか。呼んだのであればなぜ呼んだのか。今後自分の会社を手放す説明などもあった事からまさか寿命が近いのかなと疑って観てたら案の定その展開。
テレサは大病を抱えておりこの先の治療を拒みこのままこの病気で命終わる決断を既にしていた。それらの背景もあって、イザベルを呼びグレイスそしてオスカーとの間に生まれた双子の子供たちの親代わりになってほしいとイザベルに願う。そのため孤児院に多額の基金を寄付する代わりに経営も兼ねてイザベルにはニューヨークに滞在してほしいと交渉にでる。
当初はイザベルはその条件に怒りを覚えたがその描写も濃く描かれることはなく少しした描写ではニューヨークに滞在する決断をする。
そしてテレサは天国に行きこの作品は終わる。イザベルが母親代わりになる決断をしたかは不透明。

予告ではもっとミステリアスな展開を期待していたがその様な感じはなかった。タイトルが秘密への〜なんである限りやはりこちらもそのように構えて観てしまったこともあり殆ど読めた展開で残念感は否めず。
また各々の登場人物たちが特殊な環境に追い込まれ、それぞれが人生のターニングポイントになろうであろう大きな決断を下していくのだが、その決断があっさりと感じてしまう描写ばかりに感じてしまった。
まぁこの作品自体秘密を明かしていくのがメインとなるストーリー展開なんだろうけど、それを主として見るにしては上にも書いた通り読めた展開ばかりで物足りない。

読めてしまい物足りなさは感じてしまうが、同時に想像していている展開に進むのは最低限楽しむ事は一応できる。

今作もキノフィルムズが配給会社となる。
会話劇がメインな展開あたりも全体的に、キノフィルムズらしい作品ではあった。
uagcfhy
uagcfhy
2021年スクリーン87発目
今年公開作品42本目(先行、試写含め45本目)

しかし邦題が…これじゃ誰か殺されてしまう?と勘繰るよね

いやいや
前半はジュリアンムーアの成金行動にムカムカする
金でなんでも思い通りにしやがって
金さえあれば 知らなかったで済ませられるってか⁉︎

しかし
後半はそれらの行動の意味を知る
前半のムカつきが強ければ強いほど胸が締めつけられる
あぁ切ない…
ラストは楽しいパーティーシーンでさえも胸が痛い
そして心のうちの吐露…いたたたたぁ
子持ちの親にはたまらん映画

とりあえず帰ったら息子抱きしめときます
emqixvc
emqixvc
ネタバレ! クリックして本文を読む
I'm not coming back without a suitcase full of money.
本作品『秘密への招待状』のオープニング・シーケンスを見たとたん... インドの宗教施設の真上を通るドローンによる空撮から、カメラは子供たちと一緒になって瞑想をする一人の女性を捉えている。髪は300~500ドル程マンハッタンでは掛かりそうなパツ金のショートヘアーは丁寧に刈られ、手入れの行き届いた爪にそれを輝かせるように彼女の肌は、透き通るほど七難を隠し、日焼けの日の字もない。 ここはインドなのか⁉
そんなイザベラの容姿は別として、宗教施設の真上をドローンを飛ばす、神経の細かさの無さには、一事が万事という事。それは宗教を知らず、理解できない自身だからこそ、違和感を感じてしまう。

この映画『秘密への招待状』は、デンマーク出身の映画監督スサンネ・ビアによる2006年公開の映画『アフター・ウェディング』のリメイク映画で... 久しぶりにデンマーク映画界にオスカー外国映画賞ノミニーをもたらした映画として、それにふさわしく主演のヤコブをデンマーク映画と言えばこの人...「北欧の至宝」と呼ばれ、また映画の功績からフランスと本国デンマークから勲章を受賞しているマッツ・ミケルセンが演じていた。

次のプロットでは... これは差別的なシーンなのか、考えさせられる。
本作『秘密への招待状』では前作にあたる『アフター・ウェディング』とジェンダーの設定を真逆にしている。つまり入れ替えている。
ヤコブ(男性)➡イザベラ(女性)、ヨルゲン➡テレサ、ヨルゲンの妻ヘレネ➡イザベラの夫オスカーというように
そんなヘンテコ演出の一例が... 2006年の映画では、貧民街でヤコブがトラックの荷台から食事を配るシーンで息を切らせながら群れのように集まり、皿を差し出す人々に彼は必死になって配食をするのが精いっぱいで、多くの人がありつけず彼は髪を引かれるようにその場を後にする。本作のイザベラはマイペースに配り、緊張感のかけらもなく、施設までの帰り道でゴミくずで臭ってきそうな貧民街を舐めるように映す前作とは違い、その大事な部分を本作は全てカットしてあっさりと描いている。

Is it because the houses are far apart that the people are far
apart?              2006年の映画より...
映画としたら、過剰なアメリカの富が第三世界の貧困に対して一見して無関係であるように映り、さらには第三世界の貧困に対する主要な解決策となる金銭的な援助を申し出るヒューマンドラマと見えるかもしれないが...
バート・フレインドリッチ監督の映画製作には、情報を慎重に精査した描き方をしていて、奇妙なほど穏やかなシチュエーションのビジュアル化をし、また、重圧的なプロットが映画を象徴しようとすると逆に彼の自意識過剰な性格からか観客を遠ざけるために観客と映画の間に距離を置いてしまっている。

映画全体がフロイトが提唱するスーパーエゴだらけの登場人物の自己欺瞞の為に否が応でも感傷的で甘ったるくて、その過剰な優しさが映画を見ていくにつけ鼻につくようになり、また吐き気を催すような演出となっていく... 言い過ぎです。失礼
その表れが...
二人の子供が出てきたとき、てっきりジュリアン・ムーア演じるテレサの8才になる孫と思っていたら、彼女の双子の息子たちって、まさかのエ~ェ!!! 双子だし、生理学的に無理だし、旦那役のビリー・クラダップは8才年下だし、イザベラ役のミシェル・ウィリアムズにいたっては、ギャップが20才だし、何よ!? だから無謀な若作りをしちゃっているのね! 言い過ぎです。 またまた失礼
映画も80分を過ぎようかとした時、ジュリアン・ムーアが事のてん末をイザベラに告白する場面になると... この映画そのものが、スーパーエゴの塊のいい子ちゃんを描いている、あたかもジュリアン・ムーアのパーソナルPVと化し、すなわち彼女自身を持ち上げる為の "ads" 的映画になってしまっている... それもそうだ、何故って?何故って! この映画『秘密への招待状』の製作・脚本・監督を務めたのが誰あろうジュリアン・ムーアの現在のご主人のフレインドリッチ監督という事。

Every acquaintance, every friend, every person who has a
place in your heart, it is the time with them that really
means something. Nothing else matters.
ヨルゲンの妻ヘレネをイザベラの夫オスカーに変更したことで、この映画がバイオロジカル・マザーの設定を放棄したことで話がおかしくなり、その上にツジツマが合わなくなり、映画自体がチンケなものになっている。
母性の表現は性差別に繋がるのか?  ...疑問アリ

Why Are Films Failing The Bechdel Test When TV Has Progressed?  世界的最先端ファッション誌で知られる VOGUE の2020年7月の電子版の見出し記事より
この監督さんは何故、自ら映画を台無しにしたのか?
ベクデル・テストという簡単に言うと映画の中で何人の女性が台詞や登場人物として出演しているかをジェンダー・バイアスについての度合いを調べる事。
ジェンダー・バイアス: 社会的・文化的性差別あるいは性的偏見の事。
いま日本でのタイムリーな話題そのもののと言えるかもしれない。

ベクデル・テストに失敗して映画公開を見送られるのを回避するためにジェンダーを入れ替えたとされているけど本作をご覧になれば、その体たらくぶりはジェンダー・バイアス以前の問題だと思える。

先日鑑賞する機会のあったジャッロ映画『ファブリック(2019)』にジル役で出演していたシセ・バベット・クヌッセンが前作『アフター・ウェディング』ではヨルゲンの妻ヘレネに扮していたけど、実の娘の結婚式とは知らずに結婚式会場で元妻のヘレンを見つけたヤコブが、凝視をし睨みつけている後に一筋の涙をマッツ・ミケルセンが流す場面は、見ているだけでも心の冷たいあたしでも胸が張り裂けそうになり、その会場を後にしたヤコブの後を美人さんが追いかけるのは良いけどヤコブが無下に誘いを断るシーンは20年の時を経ても未だに彼女のことを愛している象徴的で感動を呼ぶものとなっている。

ただ言えるのは、本作品を楽しみたいココロがあるなら、前作のマッツ・ミケルセン主演映画『アフター・ウェディング』を予告編ですら見るのを諦めたほうが無難だと忠告を差し上げる。
余計なお世話さまってか⁉  そんな映画です。

共有する

関連ニュース

関連映画

真夜中の招待状 真夜中の招待状
プロット  日本
09月26日 1981 劇場で

オリヲン座からの招待状 オリヲン座からの招待状
プロット  日本
11月03日 2007 劇場で

오리온 좌에서 온 초대장 オリヲン座からの招待状 오리온 좌에서 온 초대장
オリヲン座からの招待状
로맨스,멜로,드라마  일본
01月01日 2007 劇場で

ジョーンの秘密 ジョーンの秘密
プロット  イギリス
08月07日 2020 劇場で

夏の秘密 夏の秘密
プロット  日本
09月18日 1982 劇場で

私の秘密の花 私の秘密の花
プロット  スペイン・フランス合作
03月23日 1996 劇場で

ニューリリース