春江水暖 しゅんこうすいだん プロット

《春江水暖 しゅんこうすいだん》大河・富春江が流れる街・富陽の美しい自然を背景に、変わりゆく中国社会の中で懸命に生きる大家族の四季を描いた人間ドラマ。

中国のグー・シャオガン監督の長編デビュー作で、2019年・第72回カンヌ国際映画祭批評家週間のクロージング作品に選ばれた。再開発のただ中にある杭州市の富陽地区。

顧家の家長である年老いた母の誕生日を祝うため、4人の息子や親戚たちが集まる。しかし祝宴の最中に母が脳卒中で倒れ、命は取り留めたものの認知症が進み、介護が必要になってしまう。

飲食店を営む長男、漁師の次男、ダウン症の息子を男手ひとつで育てる三男、気ままな独身生活を楽しむ四男ら、息子たちは思いがけず、それぞれの人生に直面することになる。日本でも2019年・第20回東京フィルメックスのコンペティション部門で審査員特別賞を受賞。

春江水暖 しゅんこうすいだん オンライントレーラープレイ

春江水暖 しゅんこうすいだん 俳優

春江水暖 しゅんこうすいだん 写真

春江水暖 しゅんこうすいだん Related

乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
乙女たちの沖縄戦 白梅学徒の記録
プロット  日本
08月02日 劇場で
プアン 友だちと呼ばせて
プアン 友だちと呼ばせて
プロット  タイ
08月05日 劇場で
今夜、世界からこの恋が消えても
今夜、世界からこの恋が消えても
プロット  日本
07月29日 劇場で
女神の継承
女神の継承
プロット  タイ・韓国合作
07月29日 劇場で
1640日の家族
1640日の家族
プロット  フランス
07月29日 劇場で
愛ちゃん物語
愛ちゃん物語
プロット  日本
07月29日 劇場で
ハーティー 森の神
ハーティー 森の神
プロット  インド
07月29日 劇場で
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
霧幻鉄道 只見線を300日撮る男
プロット  日本
07月29日 劇場で
北のともしび
北のともしび
プロット  日本
07月30日 劇場で
なまず
なまず
プロット  韓国
07月29日 劇場で
太陽の夢
太陽の夢
プロット  フランス
07月30日 劇場で
雨の方舟
雨の方舟
プロット  日本
07月30日 劇場で

春江水暖 しゅんこうすいだんコメント(2)

poprya
poprya
冒頭の料理店のシーンでは、モダンな中国のイメージとは対極にある、昔ながらの雰囲気が描かれる。始まってすぐに「おや?」と思った。
終映後の監督のQ&Aを聞くと、「伝統文化を現代において表現する」ことが、この映画のテーマであるという。

内容は、高齢の母、および、その4人の息子と家族の物語である。
反社会的行為に手を染めている「三男」を除いては、みな平凡な人物である。「三男」の息子はダウン症であるが、そのことは作品のテーマではない。
したがって、「三男」がらみ以外は、どこでもある話だ。
そんな“特に何も起きない”状態のまま、2時間半という長尺でストーリーが進む。

よって、描かれるのは、等身大のアクチュアルな中国の姿でしかありえない。
古い建物が取り壊され、母は認知症になり、子供の結婚でギクシャクする。
俳優には、監督の親戚や知人が起用され、ゆったりとした雰囲気を醸し出す。
舞台は、杭州の富春江という大河沿いの、とある街である。
河から河岸を眺めるシーンでは、船上から撮影したのか、横移動の長回しが延々と続く。だが、映像に“揺れ”はなく、ストーリー同様、淡々と流れていく。

では、本作品は面白いのか?

先日観た「帰れない二人」(ジャ・ジャンクー監督)でもそうだったが、面白くはないが、一つ一つのシーンが妙に心に残る映画というのが、自分の印象だ。
瑞々しい夏、雪に覆われたしっとりした冬。大河に抱かれるような街の情景。(どこか分からないが)庭園も映される。しかし、映像美というほどではない。
人物は、長尺を生かして繊細に描かれており、各人の個性が浮かび上がる。“一番ヤクザな「三男」が、一番思いやりがある”という、長男の娘の台詞にはハッとさせられる。

ただ、“現段階”では、自分にはそれだけの映画だった。

先日、「ふたりの桃源郷」という映画を観た。
この作品は、25年という撮影期間を要して、山口県の自然の中での老夫婦の老いと死、さらに、その娘夫婦の老いまで収めており、「故郷」とか“時の流れ”がテーマであった。

この「春江水暖」も、監督の意識では「第一巻 終わり」だそうで(笑)、第二巻や第三巻の制作に意欲を燃やしている。
終映後のQ&Aでは盛んに「絵巻」という言葉があったと記憶するが、まだ“未完成の絵巻”なのだ。
長い期間をかけて映し取っていくことで、個々の作品の枠を超えた、“何か”が生まれるだろう。
続編が作られ、“時空”の絵巻が完成した時に初めて、この「第一巻」の評価もできるのではないだろうか?
Kxoshpsnimg
Kxoshpsnimg
江南の都市、富陽に富春江という大河が流れている。大規模な再開発によって日々姿かたちを変えるこの地で、四季折々の自然の息吹を胸いっぱいに吸い込みながら生きる一族の物語。2時間半という長尺ながら、本編が始まればその長さにも納得がいく。何しろ本作はワンシーン、ワンシーンが超長回しで撮られ、そのいずれにも驚異的な映像美とカメラワークが内包されているのだ。とりわけ大河や山々が映り込むショットは圧巻のひとこと。古より景勝地として愛されてきた土地だけに、10分を超えても途切れることのない映像に身を委ねながら、いつしか自分が山水画の繊細な筆遣いを地道に目でたどっているかのような思いすら込み上げてくる。この悠久の時間の中で、時に人間はとてもちっぽけな存在にも見える。だがそれでもなお、様々な困難と直面しながら歯を食いしばって生きる姿がとても切なく、愛おしい。まだ30代序盤というシャオガン監督の今後が楽しみだ。