羊飼いと風船



ジャンル   プロット
ランタイム   102分
言語   中国語
地区   中国
書かれた   ペマツェテン
劇場で   01月22日
7.4
 合計20件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 163

レビュー  |  共有する 

羊飼いと風船 プロット

チベット映画の先駆者ペマツェテン監督が、大草原に生きる羊飼い家族の日常と葛藤を描いた作品。チベットの大草原で牧畜を営む祖父・若夫婦・子どもたちの3世代家族。昔ながらの素朴で穏やかな暮らしを送る彼らだったが、受け継がれてきた伝統や価値観は近代化によって変化しつつあった。そんなある日、子どもたちのいたずらをきっかけに、家族の間にさざなみが起こり始める。ペマツェテン監督の前作「轢き殺された羊」で主演を務めたジンパが父親を演じる。2019年・第20回東京フィルメックスのコンペティション部門で「気球」のタイトルで上映され、最優秀作品賞を受賞。

羊飼いと風船 オンライントレーラープレイ

羊飼いと風船 俳優

羊飼いと風船 写真

羊飼いと風船コメント(1)

Nssopxkigmh
Nssopxkigmh
映画を観る時のホームである柏キネ旬シアターで。いい映画だった。圧倒的な映像美。ストーリーもテンポ良かった。土俗と宗教と時代の価値観のジレンマを表現した映画だけど、細かいところは自分でチベタンの言葉がわかればよかったなあって思う映画。ラストはちょっとハテナだったけどね。