6.1
 合計14件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 173

レビュー  |  共有する 

ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展 プロット

フランス、ルーブル美術館で2019~20年に開催され、同館史上最多となる107万人の来館者数を記録した「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」の様子をスクリーン上映。ルーブル美術館の全面協力のもと、静寂に包まれた夜の美術館で撮影を敢行。予約困難なプラチナチケットとなった大規模回顧展を、映画館の大スクリーンのために撮影された高精細の映像と、この機会だからこそ実現した接写、担当学芸員によるガイド付きで鑑賞できる。

ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展 オンライントレーラープレイ

ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展 俳優

ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展 写真

ルーブル美術館の夜 ダ・ヴィンチ没後500年展コメント(2)

yedltyx
yedltyx
ネタバレにもならないとは思うが、「ダ・ヴィンチと言えば」「ルーブルと言えば」という世界的に有名なあの絵画を、過去の作品とその習作、そしてリフレクトグラフィーという技術を通して分析・考察、それを映画的な演出で描いた「学術映画」という印象。

劇場のそこかしこから寝息が聞こえたが、映画そのものが「美術館の閉館から夜明けまで」という構成なので、どちらかというと「退屈で眠い」というより「心地よい夢を見てる」感じかな。

あの絵に思い入れのある方なら堪能できるのだろうが、私のような貧乏性の素人&ミーハー絵画好きは「せっかくのルーブル美術館なんだから、もうちょっと作品の『数』を見たいよ」と思ってしまった。
だって、世界的有名作品が館内のシーンあちこちでチラッと見切れてるんだから。
「あ!今のドラクロワのアレじゃね?」
「(スー)」

あ、あと予告編の最初が『シン・エヴァ』で、宇多田ヒカルの「♪はじめてのルーブルは…」から始まったのは偶然なんだろうな
Reideveere
Reideveere
クラシック音楽とか個展絵画を映像で見たとき、しばし物足りなさを覚える。それは、リアルな筆圧とか音圧を知ってしまっているためであり、どんなに高画質高音質であっても、よほど真新しい何かがなければ、自分の中に確立されている感覚を上回ることはない。
この作品もその範疇だった。ましてやダビンチの展示物を扱っているわけだし、正直、印刷物で事足りてしまう感覚だった。
そんなことは見る前から想像できていたし・・・これまで幾度となく眠気に襲われてきたわけだし─。
それでも、今度こそ、劇的な何か─劇的な科学技術の進歩とか新たな発見とかこれまでにないアプローチとか─あるかもしれないと淡い期待で望んだものの・・・・・・といった感じでした。
何かしらの刺激はあるとと思うので、学びとしては良いのかも─。

共有する

関連ニュース

関連映画

プラド美術館 驚異のコレクション プラド美術館 驚異のコレクション
プロット  イタリア・スペイン合作
07月24日 2020 劇場で

美術館時光 Museum Hours 美術館時光
Museum Hours
劇情  地區未提供
09月27日 2013 劇場で

國家美術館 National Gallery 國家美術館
National Gallery
紀錄片  法國,美國,英國
05月17日 2014 劇場で

抓狂美術館 The Square 抓狂美術館
The Square
劇情,喜劇 
01月19日 2018 劇場で

午夜照相館 午夜照相館 午夜照相館

劇情  臺灣
01月01日 2009 劇場で

午夜照相館 午夜照相館

劇情,彭于晏,臺灣電影,臺灣,午夜照相館,愛情,爾冬升,青春,彭于晏+李威  臺灣
01月01日 2009 劇場で

ニューリリース