クリスト ウォーキング・オン・ウォーター プロット

2020年5月に他界した芸術家クリストの生前最後のアートプロジェクトを記録したドキュメンタリー。クリストとジャンヌ=クロードは、建築物を包み込んだり、郊外の景観を変貌させたりする環境芸術で知られるアーティスト夫妻。1991年には茨城県と米カリフォルニアで同時に3100本の巨大な傘を立てるプロジェクト「アンブレラ」を行い、当時の日本でも話題を集めた。そんな2人が手がける大規模なアートプロジェクトは、行政や住民との時間をかけた交渉によって実現されてきた。2009年に妻のジャンヌ=クロードが死去した後、クリストは1970年からジャンヌ=クロードとともに発想していた作品に着手する。そして2016年、アルプスの麓にあるイタリアのイゼオ湖に、湖上に敷かれた巨大な布の上を人々が歩く作品「フローティング・ピアーズ(浮かぶ桟橋)」が実現。2020年に他界したクリストにとって、最後の大プロジェクトとなった。この「浮かぶ桟橋」について、発表から完成までに密着し、クリストの情熱や彼を支えるチームの奮闘、行政との折衝や予期せぬトラブルなど、プロジェクト実現までの道のりを記録した。

クリスト ウォーキング・オン・ウォーター 俳優

クリスト ウォーキング・オン・ウォーター 写真

クリスト ウォーキング・オン・ウォーターコメント(1)

fwzcwm
fwzcwm
ネタバレ! クリックして本文を読む
Christo and Jeanne-Claude have created some of
the world's most ambitious works of art.

In the last 50 years they realized 23 projects and
failed to get permission for 47.

After Jeanne-Claude's death in 2009, it seemed that
Christo had disappeared from public view.
夫婦両輪とは、芸術の世界でも通じる言葉として存在を示す...
このドキュメンタリー映画「クリスト ウォーキング・オン・ウォーター」は、750時間に及ぶ膨大な映像資料を1年をかけて編集されている。

巨大なオブジェ... 実際に乗ったり触ったりでき、日本でも『アンブレラ』って、日本人が靴を揃えて座っている様子を見て、几帳面さと礼儀正しさに驚く... クリスト

この人、自分で何屋か分からないと発している... 芸術家? 建築家? 何故なら、彼は専攻を決める前に学校を辞めたって...

こんなオッちゃん、何処を探してもいない... すごい人ですけど、この人の2009年に他界している奥さんもすごい方だったそうです。

資源の無駄使い、環境破壊という負の遺産 "VS" 村おこし、経済効果、産物が生み出す人のこころを豊かにし、訪れた人たちのこころに微笑みをもたらす芸術
天秤にかけた時...
答は... ?  47のプロジェクトが受け入れられない事実は数字的には関係があるとは、あまりいえないけど... 人の感性とは改めて凄いとだけは言えるかもしれない...
コーディネーター・ディレクターのショートテンパーは何故か恣意的な感じがするのは、少し残念なドキュメンタリー映画なのかもしれない... 実際なら彼は、変態!

共有する

関連ニュース

関連映画

最後的吸血鬼 最後的吸血鬼
Case-Book of Sherlock Holmes" The Last Vampyre
懸疑,恐怖,犯罪  英國
01月27日 1993 劇場で

米爾沃頓 米爾沃頓
Case-Book of Sherlock Holmes" The Master Blackmailer
犯罪,懸念  英國
01月02日 1992 劇場で

女體調教人2 The Final Victim 女體調教人2
The Final Victim
劇情  加拿大,捷克
02月10日 2003 劇場で

我們星球的祕密 Secrets of Our Living Planet 我們星球的祕密
Secrets of Our Living Planet
紀錄片  英國
06月17日 2012 劇場で

ニューリリース