ワンダーウーマン 1984



6.9
 合計17件のレビュー

レビュー |  話し合います

この映画を見たい?

 映画を見たい    しない
50% 欲しいです,合計 160

ワンダーウーマン 1984 プロット

DCコミックスが生んだ女性ヒーロー、ワンダーウーマンの誕生と活躍を描き、全世界で大ヒットを記録したアクションエンタテインメント「ワンダーウーマン」の続編。スミソニアン博物館で働く考古学者のダイアナには、幼い頃から厳しい戦闘訓練を受け、ヒーロー界最強とも言われるスーパーパワーを秘めた戦士ワンダーウーマンという、もうひとつの顔があった。1984年、人々の欲望をかなえると声高にうたう実業家マックスの巨大な陰謀と、正体不明の敵チーターの出現により、最強といわれるワンダーウーマンが絶体絶命の危機に陥る。前作でもメガホンをとったパティ・ジェンキンス監督のもと、主人公ダイアナ=ワンダーウーマンを演じるガル・ギャドットが続投し、前作でダイアナと惹かれあった、クリス・パイン演じるスティーブも再び登場する。

ワンダーウーマン 1984 オンライントレーラープレイ

ワンダーウーマン 1984 写真

ワンダーウーマン 1984コメント(20)

jhktjm
jhktjm
ネタバレ! クリックして本文を読む
コロナで延びて楽しみに待っていたが、期待ハズレでした。でも、ワンダーウーマンはカッコよかったです。
エンドロールで次回作に繋がる人物が登場していた。あれは冒頭のSASUKEで出てきたダイアナのあの人ですね。
---
スミソニアン博物館に勤める、考古学者のダイアナ(ガル・ガドット)には、最強の戦士「ワンダーウーマン」というもう一つの顔があった。1984年、禁断の力を入手した実業家・マックス(ペドロ・パスカル)のたくらみにより、世界のバランスがたちまち崩れ、人類は滅亡の危機に陥る。人並み外れたスーパーパワーの持ち主であるワンダーウーマンは、マックスが作り上げた謎の敵チーターに一人で立ち向かう。
toxdbv
toxdbv
ガル様最強!
とは、思うものの話はつまんない、、、
主役以外がキャラ弱いしなぁ
上映時間も長いし
スパイダーマンかっ!
っていうくらいの
スーパーマンかっ!
ていうくらいの
浮遊感はIMAXレーザーで観てよかった!
と思いました
80年代っぽさを出すのはいいけど
サービス過剰なのは
ちょっといただけないと思いました
enxsla
enxsla
前作と比べてそのストーリー性が弱いと感じたかな。
物語の発端となる石の存在とか敵となる実業家の描かれ方もなんとなくその登場が弱々しい感じがする。
それでも人間の持つ根元的な弱さとか欲望とかを表現して、なるほどアマゾネスの戦士ワンダー・ウーマンーダイアナー神の子もそうなんだねってこと!完全無欠のヒーローではなくギリシャ神話の神々は人間と変わらない感情があるように描かれているんだからそれもありかと。
ただ吹っ切れたあとのダイアナはもっと強くあってほしかったしアクション・シーンももっとたくさん見せて欲しかった。
それからプロローグのシーンはラストに出てくるキャストとの伏線なのか楽しみではある。
最後にガル・ガドットの美しくインテリジェント溢れるヒーローの姿は相変わらず魅力的でした!!
laqjdom
laqjdom
劇場で鑑賞。
正直、今年公開のアメコミ映画が本作だけなので他の作品と比べられないことや新作の劇場公開を待ちわびる気持ちが乗っかって、多少評価が甘くなるのは否めないけど、個人的には大満足だった。
前作は、マーベルに倣ってDCEUの1作品として制作したことで制約がかかり、劇中の流れとクライマックスのちぐはぐ感があったけど、本作にはそれがない分、普遍的なテーマとドラマ、ロマンスが盛り込まれて、ワンダーウーマンというヒーローの、今後の方向性を示す1作になったと思う。

あと、本作の監督が前作から引き続き女性監督のパティ・ジェンキンスだからかもしれないけど、設定のロジックよりも物語のエモーションを優先している感じは「鬼滅の刃」に通じるものがあるとも思った。
lfpumoe
lfpumoe
ネタバレ! クリックして本文を読む
ー冒頭、全作と同様に外界から隔絶したセミッシラ島で行われる、アマゾン族の女戦士達の戦いに魅入られる。幼きダイアナも、競技に参加する。
女王で母でもある、ヒッポリタ(コニー・ニールセン)、叔母アンティオペ将軍(ロビン・ライト)が見守る中、奮闘するが・・。
”恥ずべきは真実から目を背ける事”と諫められてしまう。ー

■第2作目も、美しいセミッシラ島から物語が始まることで、気分が高揚する・・。

◆第2作の時代設定
・1984年 アメリカの首都
劇中で描かれている通り、バブル絶頂期。人々は、浮かれ、欲望のままに生きている・・。 そんな中、ワンダーウーマン、ダイアナ(ガル・ガドット)は、スミソニアン博物館の考古学者として、働いている。
- うわわ・・。当たり前だが、第一作の第一次世界大戦末期と容貌が変わっていない‥。ゼウスから命を貰った女神様だからね・・。
ガル・ガドットさんも変わっていないなあ・・。女神様だからね・・。-

■印象的な登場人物たち
1.バーバラ(クリスティン・ウィグ)
ダイアナの同僚だが、ドジで目立たない真面目な女性。だが、博物館に持ち込まれた盗品のマジカル・ストーンに”ある願い”をしたために、変貌を遂げていく。
-クリスティン・ウィグの変貌ぶりが、凄い。元々お綺麗な女優さんであるので、変貌と言うか、戻っただけか・・、と見ていたら、ドンドン、”チーター”に変貌していってしまう。-

2.マックス(ペドロ・パスカル)
虚業の実業家。彼が、マジカル・ストーンそのものになって行く過程の描き方が、少し残念。特に、当時の米国大統領、レーガンに似た俳優さんたちを取り込んでいく過程が粗いなあ・・。勿体ない・・。

3.スティーブ(クリス・パイン)
ダイアナが、今でも忘れられないかつての恋人。元アメリカ空軍の飛行士。彼も、ダイアナが、マジカル・ストーンに”願って”他人の姿を借りて復活する・・。
”恋は、盲目”女神も初恋の男は、忘れられないんだね・・。

■印象的なシーン(ちょっと、残念なシーン含む)
・スティーブとダイアナが、マックスを追って、近代の飛行機を拝借してカイロへ向かうシーン。ダイアナは50年ぶりに、透明になる力を使う。二人で力を合わせるシーンが良い。スティーブも、近代の飛行機を見事に操縦(ここは、突っ込まずに、楽しく観たいね。)

・マックスがカイロの石油王を取り込み、謎の壁を霊力で作るシーン及び、その後の展開。結構ストーリー展開が粗いが、ダイアナが”ヘスティアの縄(真実の投げ縄)で、マックスを追っていくシーンは見応えがある。
久しぶりの大型娯楽大作感を楽しむ。特にトラック前転シーン及びダイアナが中を舞うシーン。

・ダイアナが自らの欲を絶ち、スティーブと別れるシーン。
- 自らの願いでこの世に復活したスティーブではあるが、辛いよなあ・・。

・最早、人間ではない姿の、”強欲”に取りつかれたバーバラと、ダイアナの戦いのシーン。

・狂気に駆られたマックスを眼前にしながら、”世界”に語り掛けるダイアナのセリフ。
- ここは、是非、劇場で・・。金言が沢山である・・。沁みる・・。

<久しぶりの米国娯楽大作を堪能した。
多少のストーリー展開の粗さには目を瞑り、神であるはずのダイアナまでもが、恋人と会いたいために”欲”に翻弄される部分と、人間の”強欲”の醜さにスポットライトを当てた部分が秀逸。
又、女性を邪険にする男性を完膚なきまでに叩きのめす“力を持った”バーバラの姿など、パティ・ジェンキンス監督節炸裂である。(ちょっと、やり過ぎ感はあるが・・)
マックスも真の悪党ではなく、実は心優しき父親であった‥と言うところも、娯楽大作としては、マア、良いかなと思った作品。>

■蛇足 ー個人的に好きな妙齢の女優さんは数知れずだが、
・ゴルシフテ・ファラハニさん
・モニカ・ベルッチさん
・そして、ガル・ガドットさん
は、外せません・・。
nhonji
nhonji
まず「1984年」という時代設定がG.オーウェルの世界観とも繋がっている印象を受け、いいなと思いました。

今作の一貫したテーマが「真実と向き合う」で、何が本当で嘘かが分かりにくくなっている現代にシンプルに問うている作者の想いを感じます。

ダイアナとバーバラの対比構造など、王道のストーリー展開ですが、最後の最後まで謎を残しつつも、伏線回収してくれたので満足でした。
ibbaeg
ibbaeg
ネタバレ! クリックして本文を読む
どちらかというと…
昔読んだ『猿の手』…読者の想像力そのものが恐怖を増幅させる名作ホラーです。そのラストを思い出して、昔味わった恐怖の印象のほうが強く残ってしまいました。
ノックされた扉。あなたなら開けますか?
ゾクッ……

ここからは、映画の話。
チグハグというか、ギクシャクというか、歯車が噛み合わないというか、ボタンの掛け違いというか……

監督も脚本もその他スタッフもキャストも資金も、きっとすべて足らないものは無かったはずなのに、出来上がった作品はすべてがいまひとつ足らない。

だって、冒頭の競技会は良かったんですよ❗️
007でもよくありますよね。本筋とは関係ないのにヤケにテンションが盛り上がる追いかけっこアクション‼️それに匹敵するほどワクワクしました。

ストーリーも決して悪くないのに、肝となる部分が何故かみんな弱いのです。
例えば…
・博物館勤務の学者(学芸員?)としての研究や分析
ぶりで周囲を驚かすような知性を発揮するシーン。
それがあってこそ、強さとの落差が快感をもたらすのに。
バットマンもスーパーマンもスパイダーマンも普段は市井の人ですよね。バーバラがやっかみ、憧れるようなシーンも無かったので、憧れは外見だけ?という薄さになってしまいました。
・クリス・パインを諦める時の葛藤(もっと悲劇的に涙を誘うパターンを期待してました)。
・東洋系⁈の息子への愛情と裏返しの関係にある野心野望との関係性(動機ともいえる)がやはり薄い。

どれもあと少しの工夫で物語に入り込めるような厚みが加わると思ったのですが、みんなどっちつかずの中途半端な印象しか残りませんでした。

文明を滅ぼすはずのあの神様は最後、消滅したのか、どこか新たな憑依先を見つけたのか。
そんなことを悩む必要を感じないほど、それまでが残念でなりません。
kmtshvi
kmtshvi
WWってアメコミヒーローの中では描き方を間違えるとイタい存在になってしまうと思うんです。
1作目は時代を第一次世界大戦時にすることでうまく溶け込みました。
本作は1984年とはいいながらほとんど現代でどうなんだろうと思いましたが、
スーパーマンやスパイダーマンのようには衆人の前に出ないでこっそり人助けをするんですね。
話は全世界が滅亡に向かうという大風呂敷を広げた話でしたが、
WWの力を無駄にエスカレーションさせるのではなく、従来どおりの肉弾戦と、
女性らしい話の畳み方でアベンジャーズには無い良さがありました。
私は吹き替え版で見ましたが甲斐田裕子さんの声と話し方が
ガル・ガドットの肉声よりWWらしくて良かったです。
やはり吹き替えは人気タレントではなくベテランの声優がやらないと。
それにしても、冒頭の回想シーンだけで日本映画一本分の金と手間がかかってそうで
やっぱりハリウッドはすごいと改めて思いました(笑)
kjsjwfy
kjsjwfy
アメリカでは、12月25日に一部劇場と合わせて、HBO Maxでの配信に踏み切ったことで、情報が漏れる前に、劇場公開予定の国に関しては、前倒しで公開されることになった為、日本は1週間早く公開されたわけだ。

とは言っても、新型コロナウイルスによって当初の予定よりは大きくズレてしまっていることと、ライバルのマーベルが今年中の公開を見合わせ、2020年は作品ゼロという状態の中で、ギリギリ年末公開に踏み切るのには、ワーナーとDCの中でかなりの会議が重ねられたことが想像できてしまう。

2020年中に公開したかった理由としては、まだドナルド・トランプが大統領の間というのもあったかもしれない。というのも今回のヴィランとして登場するマックスウェル・ロードは1987年に初登場したキャラクターであり、そのモデルは、様々な人物に着想を得ていとされているが、1980年代のトランプもそのひとりなのである

『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』のビフや『グレムリン2 新・種・誕・生』に登場したダニエル・クランプもモデルは当時のトランプであり、テレビや映画に登場するなど露出度が高いセレブで、89年にはボードゲームが発売されたほど。80~90年代の映画やドラマ、コミックに登場する実業家、資産家などのキャラクター造形には、いくらか影響を与えている。

そんなトランプがモデルとなっているマックスウェル・ロードではあるが、あくまで80年代のトランプであって、大統領としてのトランプがモデルとなっているわけではないのだが、劇中に登場するスチュワート・ミリガンが演じる大統領がトランプにそっくりなのだ。84年の大統領はロナルド・レーガンであるため、レーガンには似ていないのだ。悪意があるというかメタ的なネタかもしれないが、80年代のトランプが現代のトランプを従わせている構図は、なかなかおもしろいものがある。

トランプの伝記映画を作るとしたら、スチュワート・ミリガンが良いのではないだろうか。

監督は前作に続き、パティ・ジェンキンスが務めているが、今回は脚本としても参加していることで、女性ならではの繊細な視点が反映されているからか、時を超えた恋愛映画としての側面も持ち合わせている。

アメコミ映画ということを忘れてしまうほど、アクション・シーンが意図的に抑えられていて、その代わりにロマンチックなシーンや演出があることで、ダイアナが復活したはずのスティーブか世界かの選択を迫られるシーンは、感情移入しないではいられない。

ダイアナのたったひとつの願いであったスティーブを失うぐらいなら、力を失ってもいい、自分の身のことだけなら、それでもいいが、世界を救うためには、力を捨てるわけにはいかないという究極の選択を乗り越えたダイアナの成長も描かれる。

生身の人間でしかないスティーブが、スーパーパワーがあるということに関係なく、ひとりの女性としてのダイアナを守ろうとする様子や自分の幸せよりもダイアナの世界から与えられた役割を諭すところは、ワンダーウーマンよりヒーローらしいと言うか、だからこそダイアナはスティーブが好きで、スティーブこそが唯一の相手だと感じているところがここまで自然に伝わってくるのは、完全に恋愛映画だ

1984年という時代設定は、ひとつは単純に、監督の生きてきた時代だからこそ表現しやすいということ。

あと『ジャスティス・リーグ』後の世界を描くには、今後のDCエクステンデッド・ユニバースの動向がわからないということはあったからではあるが、産業や文化など西洋文明の絶頂期であり、未来への希望と不安が渦巻いていた時代とワンダーウーマンがどう関わっていたのかを描きたかったという点もある。

今作は、70年代のドラマシリーズへのオマージュもあることから、ドラマシリーズとDCエクステンデッド・ユニバースの間に何があったのかを描きたかったというのもあったのだろう。

神であるダイアナが相手を殺すという選択をとらずに、あえて心情に訴えかけて、人が人を助ける展開こそが、ダイアナが人類を助けることへの決心が強固となり、戦争やテロを経験した現代でも人類を見捨てないでいてくれているという一種の回答ともなっているのだ。
cioazbe
cioazbe
まさに「今」を映した作品で感動しつつ、家族や友達とワイワイ言いながら(コロナ的に言っちゃいけないけど)楽しめるクリスマスムービーにもなっていたのがすごい!

重厚さと、エンタメ性の両立で、「これぞ映画!」と感心させられました。

共有する

関連ニュース

関連映画

폭력 교실 1984 Class Of 1984 폭력 교실 1984
Class Of 1984
액션  캐나다,
01月01日 1990 劇場で

Wonder Woman 1984 Wonder Woman 1984 Wonder Woman 1984
奇幻,動作 
01月01日 1990 劇場で

원더 우먼 1984 Wonder Woman 1984 원더 우먼 1984
Wonder Woman 1984
액션/어드벤처/판타지  미국
01月01日 1990 劇場で

Punjab 1984 Punjab 1984
劇情 
06月27日 2014 劇場で

ゴーストバスターズ(1984) ゴーストバスターズ(1984)
プロット  アメリカ
12月02日 1984 劇場で

フランケンウィニー(1984) フランケンウィニー(1984)
プロット  アメリカ
10月22日 1994 劇場で

ニューリリース