6.1
 合計11件のレビュー
評価しますか
この映画を見たい?
 映画を見たい    しない

50% 欲しいです,合計 106

レビュー  |  共有する 

愛しの母国 プロット

「さらば、わが愛
覇王別姫」の名匠チェン・カイコーが総監督を務め、1949年の中華人民共和国建国から70年を記念して製作されたオムニバス。1949年10月1日、北京で行われた中華人民共和国の成立宣言式典で国旗掲揚がスムーズに行われるよう奮闘した人々や、64年の中国初の核実験成功の裏側で国防技術のために人生をささげた人々をはじめ、84年ロサンゼルス五輪女子バレーボール決勝戦、97年香港返還、2008年北京五輪、15年中国人民抗日戦争・世界反ファシズム戦争勝利70周年記念活動の式典パレード、16年「神舟」による中国初の有人宇宙飛行と、中国の7つの歴史的瞬間を取り上げ、その裏で必死に生きた、ごく普通の人々の姿を紡いでいく。

愛しの母国 オンライントレーラープレイ

愛しの母国 俳優

愛しの母国 写真

愛しの母国コメント(1)

wmfcczd
wmfcczd
ネタバレ! クリックして本文を読む
プロパガンダとわきまえていても映画としては、見ごたえがあり、人に勧めたりできると思うのか? それともプロパガンダ映画はね~? と思ってしまうのかは、人それぞれ...

映画のしょっぱなから巨大な赤いバナーが何か生き物のように画面一面に揺らりゆらり、悠然となびいている。その様子は、同じ建国70周年を記念して製作された先日公開された、アクロバット・雑技団的登山家映画「クライマーズ」と同じ。そんなのを見せられるとどうしても違和感が湧いてしまう... いくらフィルムスコアとして女性による美しい歌声があったにしろ

1949年の建国後だけに焦点を当て、建国前の歴史的な事は一切描いていないところが、この映画の一種ポリシーを感じるし、オムニバス映画の始めにコメディ色のあるプロットを持ってきたところは、いい感じと言えるが... お目付け役兼... 虐殺した人数が算数を遥かに超えている紅衛兵上がりのバリバリの毛沢東思想の方が訳の分からない総合監督なんて初めて聞く肩書を拝しているチェン・カイコーって、何か? この監督の作品を愛している方もおられるのでこれぐらいにして...

If this test didn't give us the results we wanted, and we get rid of
this method, then the other one is it. Am I right?
"I don't even know his name."
シナリオは面白いし、場面展開もプロット・チェンジもスムーズにしかも、目線を一般庶民に置き、お笑いあり、お涙あり、人情あり、真心あり、アクションありと十二分に楽しめるオムニバス映画になっている。特にお気に入りは、二番目のお話し "Passing by (相遇)"... 核開発にまつわる名もしれない男女の恋愛模様をバスのシーケンスだけで表現しているところ... 偶然によるイタズラか3年間休むことなく捜し続けていた愛する人とジャング・ミンが出会うが、彼ガオ・ユアンは彼女の事を無下に知らないという。 それでも彼女は気を取り直して
"Let me tell you a story." と言って彼との出会いから素晴らしい時を過ごし、彼のお茶目なところを聞かすシーンは、映画「Random Harvest」を彷彿とさせ、自然と涙も出てくる。だって、プロパガンダ映画ですもの... 何か? さすがきわどい話題の核開発に対して、いかにも柔和な悲恋話を持ってきて、国に奉仕する姿を美しく、何処か爽やかにも感じるものに仕上げるって、ただただ凄いとしか言えない。

香港返還時の英国との国旗をどちらが零時にあがっているかを一秒を争うようなメンツをかけて争うような場面をシナリオに組み込むなら、文化大革命、天安門事件、法輪功弾圧事件、モンゴル、ウイグル、チベットで起きた大量虐殺に対して、人ひとりの命の大切さも描けたろうにと思えるけど中国の血の歴史を完無視って、さすが中国。されど中国。そんなの描けるまでになるのは、今の体制なら地球が滅亡するほうが先なのか?

ラストは、航空見本市映画と揶揄され、最新戦闘機の尾翼が反対でも飛べる高性能ぶりを描いた2017年の映画「スカイハンター」でも登場した女性トップガンの活躍を描いた、人民軍に対しての "ヨイショ" 映画に変貌し、最後は国旗の大写しで締めくくられるって、どうよ?

愛国教育・生一本の成せる業... 映画自体は仮に中国の人から見れば凄く見やすく、楽しめる映画と言える。ただし、この映画を配給しているwow cool entertainmentは、はっきり言って信用できない。会社のインフォに

Wow Cool Entertainment
an entertainment company based in Tokyo,Films&Music
Dream Studio
2020
Happy Birthday
月に代わって生まれました
YouTubeもTwitterもTiktokも"Weibo"もやっていますので、気軽にお問い合わせどうぞ...
お気軽には、連絡って、そんな⁉ それに "月に代わって生まれました" って文言がキショ過ぎる?
所在地がただ Tokyo と記しただけで何にも会社の概要の詳細を一切載せていないという事は、幽霊会社なのか?  得体のしれない怖さも含めて、いい映画だけど☆2です。  何か?

共有する

関連ニュース

関連映画

ふしぎの国のアリス ふしぎの国のアリス
プロット  アメリカ
08月22日 1953 劇場で

愛しのロクサーヌ 愛しのロクサーヌ
プロット  アメリカ
12月19日 1987 劇場で

愛しのタチアナ 愛しのタチアナ
プロット  フィンランド
01月01日 1995 劇場で

愛しのローズマリー 愛しのローズマリー
プロット  アメリカ
06月01日 2002 劇場で

愛しのチィパッパ 愛しのチィパッパ
プロット  日本
12月20日 1986 劇場で

僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ 僕を愛したふたつの国/ヨーロッパ ヨーロッパ
プロット  フランス・ドイツ合作
04月16日 1993 劇場で

ニューリリース